歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「風林火山」第28回

いよいよ板垣信方と甘利虎泰の「両職」が討死。
板垣信方

上田原古戦場にある板垣信方の墓。昨夏撮影したもので、だいぶ荒れ果てていたが、本ドラマ最後の紀行によると、かなり整備されていた。

でも、甘利の内応って、策に溺れた筋書きではないだろうか。どうして、オーソドックスに作れないかなあ。
晴信の慢心を諫めるのに、敵に内通してしまったら、元も子もないだろうに。そんな人間の諫言など、晴信にはさらに通じなくなると思うのだが。
やっぱり、脚本家が独自性とか創作力を、何か勘違いしているような気がするな。

板垣信方の死については、本邦随一のアクションスターだった千葉ちゃんのために見せ場をつくるに違いないと思っていたから、あれこれ言うまい。ただ、影武者や孫子や諏訪法性の偽旗はやりすぎなんじゃなのかな。

もっとも、『甲陽軍鑑』では、板垣は「近国に名をとりたる仁なりといへども、油断いたされ候」とあるけれど、その死をより意義あるものにするには、「油断」という筋書きには出来なかったのだろうな。何せ、この間の数回で、散々下手な伏線を張りまくってきたから、覚悟の討死にしなきゃならなかったのだろう。

もっとも、『甲陽軍鑑』には、油断していた板垣が敵が襲来してきたので、床几から立ち上がって馬を引き寄せ乗ろうとしたところを、乱入してきた5,6人の敵に馬から引きずり降ろされ、転んだところを討ち取られたとある。

実際はお粗末で惨めな最期だったわけで。
唯一、馬上から落ちるところだけが『甲陽軍鑑』を取り入れたことになるのだろうか。

余談
千葉真一が引退するのではないかという情報が流れている。「キーハンター」をワクワクしながら見ていた世代だから感慨深い。
御年68歳だから、アクションスターとしては難しいのか。でも、古稀を過ぎたアクションスターというのも、また素敵だと思うけどな。
近々、記者会見があるらしい。
スポンサーサイト

【2007/07/15 23:47】 | 風林火山
トラックバック(1) |

サニー千葉
ばんない
板垣の最後はシンイチ・チバのオンステージになるとは思っていたんですが、敵に円陣で囲まれる演出などは「戦○自衛隊」とほぼ一緒でしたね(汗)。

引退するというのは初耳です。アクションスターとしてはきつい年齢なのでしょうが、本当に引退するというなら残念です。ただ、引退するとなると昨日の『風林火山』のあの派手な演出も分かるような気がします。でもタランティーノ監督は嘆くでしょうね。

引退
桐野
ばんないさん、こんにちは。

千葉真一の会見があったみたいですね。
やっぱり役者としては引退のようです。今後はプロデューサー的な立場になるんでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070716-00000001-oric-ent

ただ、この人は役者はともかく、経営者その他は決して成功したとはいえないですから、一抹の不安がありますが。

感想
市川
役者さんの熱演、場所の広大さは前半のクライマックスに相応しいものだったと思います。
ですが武田晴信さんのオーバーリアクション、いまいち意味が分からない甘利さんの作戦、負けを前提に戦う板垣さんの不甲斐無さと、最後の無駄な奮戦(そして歌詠み)。
私個人は不満の残るものでした。次回に期待しています。

大見得
桐野
市川さん、こんばんは。

晴信の演技はますますオーバーで露悪的になっていますね。とくに、歌舞伎の大見得を切るような大写しには笑ってしまいました。
まあ、亀治郎さんは歌舞伎役者ですから、不思議ではないですが(ただ女形だったような)。

板垣役の千葉氏については、68歳とは思えぬ身のこなしだったことはたしかですね。よほどの修練の成果だと思います。

上田原合戦じたい、果たしてどんな戦いだったか、さっぱりわかりませんでしたね。もともと史実がよくわかっていませんが、たとえ創作でも、両軍の駆け引きがわかるようにつくってほしいものです。

上田原合戦については、かわいさんの詳しい批評があります。リンク欄の豊泉堂雑記です。興味がおありなら、ご覧下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
サニー千葉
板垣の最後はシンイチ・チバのオンステージになるとは思っていたんですが、敵に円陣で囲まれる演出などは「戦○自衛隊」とほぼ一緒でしたね(汗)。

引退するというのは初耳です。アクションスターとしてはきつい年齢なのでしょうが、本当に引退するというなら残念です。ただ、引退するとなると昨日の『風林火山』のあの派手な演出も分かるような気がします。でもタランティーノ監督は嘆くでしょうね。
2007/07/16(Mon) 13:10 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
引退
ばんないさん、こんにちは。

千葉真一の会見があったみたいですね。
やっぱり役者としては引退のようです。今後はプロデューサー的な立場になるんでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070716-00000001-oric-ent

ただ、この人は役者はともかく、経営者その他は決して成功したとはいえないですから、一抹の不安がありますが。
2007/07/16(Mon) 18:53 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
感想
役者さんの熱演、場所の広大さは前半のクライマックスに相応しいものだったと思います。
ですが武田晴信さんのオーバーリアクション、いまいち意味が分からない甘利さんの作戦、負けを前提に戦う板垣さんの不甲斐無さと、最後の無駄な奮戦(そして歌詠み)。
私個人は不満の残るものでした。次回に期待しています。
2007/07/16(Mon) 19:13 | URL  | 市川 #-[ 編集]
大見得
市川さん、こんばんは。

晴信の演技はますますオーバーで露悪的になっていますね。とくに、歌舞伎の大見得を切るような大写しには笑ってしまいました。
まあ、亀治郎さんは歌舞伎役者ですから、不思議ではないですが(ただ女形だったような)。

板垣役の千葉氏については、68歳とは思えぬ身のこなしだったことはたしかですね。よほどの修練の成果だと思います。

上田原合戦じたい、果たしてどんな戦いだったか、さっぱりわかりませんでしたね。もともと史実がよくわかっていませんが、たとえ創作でも、両軍の駆け引きがわかるようにつくってほしいものです。

上田原合戦については、かわいさんの詳しい批評があります。リンク欄の豊泉堂雑記です。興味がおありなら、ご覧下さい。
2007/07/16(Mon) 22:42 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
風林火山ですが、板垣信方(千葉真一)と甘利虎泰(竜雷太)の武田二十四将双璧ともいえる二人が討ち死にしてしまいます。宿敵・村上義清との上田原の戦いということで合戦シーンも多いですが、武田晴信(市川亀治郎)も鬼気迫る熱演だったと思います。(風林火山、第28話
2007/07/16(Mon) 17:25:41 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。