歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、豊臣秀吉関係の研究会に出席。

豊臣政権から近世初期の対外関係史、とくに日朝関係史に詳しい米谷均氏の報告が表題のようなテーマであった。

秀吉の朝鮮侵略が失敗に終わり、文禄の役末期に講和を探る動きが出てくる。小西行長と沈惟敬の画策により、秀吉を日本国王に冊封することになったのは知られている。

その冊封のプロセスを細かく追った報告だが、これまで見たことのない明や朝鮮側の史料を見て驚くことが多かった。

とくに、このときの冊封は秀吉だけでなく、徳川家康以下十数人の大名も一緒に冊封されていた事実に驚く。家康は右都督だそうな。
古代の奴国王や卑弥呼から、懐良親王や足利義満など、国王冊封の事例はいくつかあるが(実際は倭五王を含めて15例だけとか)、陪臣まで一緒に冊封された事例は秀吉のほか、卑弥呼と倭王珍の事例があるようである。

秀吉は明らかに明から日本国王に冊封されたことを確認するとともに、明使の日本派遣から秀吉がこの冊封を否定するまでの動きも大変興味深かった。
先行研究では、徳富蘇峰の『近世日本国民史』がもっとも史料を網羅していて、現在でも基本論考になっていることも意外だった。

メンバーも豊臣政権に詳しい山本博文・曽根勇二・堀新の諸氏、日明関係史に詳しい伊川健二氏など、錚々たる研究者ばかりで、こちらは議論を拝聴するばかりだった。それでも、大変ためになった。
ちょっと分不相応な参加だったかもしれないが、研究の最前線の雰囲気が味わえた気がする。
スポンサーサイト

【2007/07/18 15:51】 | 戦国織豊
トラックバック(0) |

陪臣の爵官
武藤 臼
大陸から見た日本史的な流れには興味を覚えます。朝鮮出兵について、双方でそういう研究が進むと面白いです。

ところで册封に際して陪臣が爵官を授けることは珍しくありません。日本についていえば、卑弥呼が親魏倭王に封じられた時、卑弥呼の使者として帯方郡へ使わされた難升米が率善中郎将、牛利が率善校尉として銀印青綬を仮授されたとされています。

訂正
桐野
武藤 臼さん、こんばんは。

ご指摘のとおりでした。
卑弥呼の朝貢使の難升米と牛利が冊封されてました。
私のまったくの間違いで、米谷さんのレジュメはその旨記してありました。米谷さんの名誉のために明記しておきます。

なお、米谷さんによれば、ほかにも倭王珍の家来倭隋ら13人が平西征虜冠軍輔国将軍に任ぜられているようです。

私の間違いでしたので、本文も訂正しておきます。
ご指摘有難うございました。

官爵の推薦権
武藤 臼
素早い対応恐れ入ります。
コメントした後で思ったのですが、中国から陪臣への官爵の付与について、誰にどんな位をもらうかを皇帝に推薦することで臣下を統制する権威づけに使う、という考えがあったように思います。織田信長が朝廷に臣下の受領名を推薦していたという類の話と重なるとも思うのですが、この秀吉冊封の際、家康のほか誰がどんな官名で、それを誰が明に推薦したのか興味が湧きます。秀吉がするはずはないので、やっぱり小西行長でしょうか。


板倉丈浩
武藤臼さん、こんばんは。
自称・朝鮮役研究家の板倉です(笑)
さて、陪臣の爵官ですが、講和使・内藤如安(小西飛騨守忠俊)が明の兵部尚書あてに出した請願書によると次の通りです。

国王→秀吉、妃→妻豊臣氏(北政所)、神童世子→嫡子(秀頼)、都督・関白→養子秀政(秀次?)

大都督(5)→小西行長(西海道を世襲)、石田三成、増田長盛、大谷吉継、宇喜多秀家

亜都督(10)→徳川家康、前田利家、羽柴秀保、小早川秀秋、蒲生氏郷、毛利輝元、平国保(上杉?)、小早川隆景、有馬晴信、宗義智

都督指揮(11)→前田玄以、毛利吉成、長束正家、寺沢正成、施薬院全宗、柳川調信、木下吉隆、石田正澄、源家次(?)、平家親(?)、小西末郷

亜都督指揮(6)→島津義弘、松浦鎮信、山中長俊、五島純玄、岡本重政、平信(?)

一見してわかるとおり、小西行長に親しい人が優遇されているお手盛り人事です(^^;
明の記録では、行長・秀家・長盛・三成・吉継・家康・輝元・秀保に都督僉事、如安に都指揮使が授けられたとあり、また上杉景勝と毛利輝元は都督同知、前田玄以は都督僉事の任命書が残っていますので、実際に任ぜられた官は上記の表とはちょっと違っていたようですが、詳しくはわかりません。

で、この処置は、順義王を封じた旧例に倣ったものとあります。
室町将軍への処遇とは明らかに違っており、順義王アルタンは元朝滅亡後のモンゴルで最大の英傑とされるほどの人物ですから、明は秀吉を決して軽く見てはいなかったといえると思います。



武藤 臼
板倉さんこんばんわ
予想どおりに面白いです。
島津義弘より上に、あんただれだっけ?というのが何人もいますが(笑

明朝の資料は手元に全くないので、職制が分からないのですが、亜都督指揮とかなんか聞き慣れない名前ですね。明の記録のほうの都指揮使、同知に馴染みがあるのを見ると、如安の申告ミスなんでしょうか。

ここでアルタン・ハーンの名前を聞くとは意外です。それはかなり高い評価ですね。

アルタンと秀吉
板倉丈浩
すみません。一ヶ所、誤りを発見しました。
 ×平家親(?)
 ○平行親(?)
それでも、誰のことかわからないことに違いはありませんが(^^;

>ここでアルタン・ハーンの名前を聞くとは意外です。それはかなり高い評価ですね。

王号は当初「順化王」が予定されており、これからも秀吉の冊封がアルタンを非常に強く意識していたことがわかります。
で、秀吉もその点をわかっていたのか、冊封そのものは受け入れていたようなんです。


武藤 臼
>秀吉もその点をわかっていたのか、冊封そのものは受け入れていたようなんです。

?では秀吉は何に激怒したのですか?

如安の行為自体は謁見に映ります

補足説明です
板倉丈浩
>では秀吉は何に激怒したのですか?

秀吉は明使節を歓待したのですが、一緒に来た朝鮮使節には会おうとしなかったんですね。
といいますのも、来日した朝鮮使節の身分が低いことが判明したため(釜山で明使節の接待をしていた役人でした)、朝鮮王子が御礼に来ることを期待していた秀吉が「侮辱された」と思い激怒したようです。
そして秀吉は、明使節の求めた朝鮮からの完全撤兵(これは冊封の前提条件でした)を拒否して、使節を追い返します。
その後の数ヶ月、明は朝鮮からの援軍派遣要請を断りながら、日朝間の紛争を調停してなんとか冊封を完成させようとしますが上手くいきません。
そうこうしているうちに、明で政変が起こって講和派が失脚してしまい(同じ頃、秀吉も大軍派遣を決断)、全面戦争に雪崩れ込むことになった・・・というわけです。

>如安の行為自体は謁見に映ります

如安は明の兵部尚書あてに、この名簿を審査資料として活用してほしいと請願していますが、陪臣の爵官はあくまでも明の主体的判断で決定された事項です。
任官した諸大名に特に不満もなかったようなので、如安の「お手盛り」にもかかわらず、実際に付与した官は日本国内での序列に配慮したものになったのではないでしょうか。



武藤 臼
ということは、大河ドラマでよく見かける、「日本国王に封じる」と詔書を読み上げた明使節に激高するというのは、ちょっと違うということなのですね。

>如安の行為自体は謁見に映ります
ああ、酷い誤字だ、越権が・・・
国内の序列に叶ったものだったとなると、尚更馴染みの無い名前が気になりますね

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
陪臣の爵官
大陸から見た日本史的な流れには興味を覚えます。朝鮮出兵について、双方でそういう研究が進むと面白いです。

ところで册封に際して陪臣が爵官を授けることは珍しくありません。日本についていえば、卑弥呼が親魏倭王に封じられた時、卑弥呼の使者として帯方郡へ使わされた難升米が率善中郎将、牛利が率善校尉として銀印青綬を仮授されたとされています。
2007/07/18(Wed) 23:01 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
訂正
武藤 臼さん、こんばんは。

ご指摘のとおりでした。
卑弥呼の朝貢使の難升米と牛利が冊封されてました。
私のまったくの間違いで、米谷さんのレジュメはその旨記してありました。米谷さんの名誉のために明記しておきます。

なお、米谷さんによれば、ほかにも倭王珍の家来倭隋ら13人が平西征虜冠軍輔国将軍に任ぜられているようです。

私の間違いでしたので、本文も訂正しておきます。
ご指摘有難うございました。
2007/07/18(Wed) 23:48 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
官爵の推薦権
素早い対応恐れ入ります。
コメントした後で思ったのですが、中国から陪臣への官爵の付与について、誰にどんな位をもらうかを皇帝に推薦することで臣下を統制する権威づけに使う、という考えがあったように思います。織田信長が朝廷に臣下の受領名を推薦していたという類の話と重なるとも思うのですが、この秀吉冊封の際、家康のほか誰がどんな官名で、それを誰が明に推薦したのか興味が湧きます。秀吉がするはずはないので、やっぱり小西行長でしょうか。
2007/07/19(Thu) 01:31 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
武藤臼さん、こんばんは。
自称・朝鮮役研究家の板倉です(笑)
さて、陪臣の爵官ですが、講和使・内藤如安(小西飛騨守忠俊)が明の兵部尚書あてに出した請願書によると次の通りです。

国王→秀吉、妃→妻豊臣氏(北政所)、神童世子→嫡子(秀頼)、都督・関白→養子秀政(秀次?)

大都督(5)→小西行長(西海道を世襲)、石田三成、増田長盛、大谷吉継、宇喜多秀家

亜都督(10)→徳川家康、前田利家、羽柴秀保、小早川秀秋、蒲生氏郷、毛利輝元、平国保(上杉?)、小早川隆景、有馬晴信、宗義智

都督指揮(11)→前田玄以、毛利吉成、長束正家、寺沢正成、施薬院全宗、柳川調信、木下吉隆、石田正澄、源家次(?)、平家親(?)、小西末郷

亜都督指揮(6)→島津義弘、松浦鎮信、山中長俊、五島純玄、岡本重政、平信(?)

一見してわかるとおり、小西行長に親しい人が優遇されているお手盛り人事です(^^;
明の記録では、行長・秀家・長盛・三成・吉継・家康・輝元・秀保に都督僉事、如安に都指揮使が授けられたとあり、また上杉景勝と毛利輝元は都督同知、前田玄以は都督僉事の任命書が残っていますので、実際に任ぜられた官は上記の表とはちょっと違っていたようですが、詳しくはわかりません。

で、この処置は、順義王を封じた旧例に倣ったものとあります。
室町将軍への処遇とは明らかに違っており、順義王アルタンは元朝滅亡後のモンゴルで最大の英傑とされるほどの人物ですから、明は秀吉を決して軽く見てはいなかったといえると思います。
2007/07/20(Fri) 01:15 | URL  | 板倉丈浩 #/2jzPtOA[ 編集]
板倉さんこんばんわ
予想どおりに面白いです。
島津義弘より上に、あんただれだっけ?というのが何人もいますが(笑

明朝の資料は手元に全くないので、職制が分からないのですが、亜都督指揮とかなんか聞き慣れない名前ですね。明の記録のほうの都指揮使、同知に馴染みがあるのを見ると、如安の申告ミスなんでしょうか。

ここでアルタン・ハーンの名前を聞くとは意外です。それはかなり高い評価ですね。
2007/07/20(Fri) 02:03 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
アルタンと秀吉
すみません。一ヶ所、誤りを発見しました。
 ×平家親(?)
 ○平行親(?)
それでも、誰のことかわからないことに違いはありませんが(^^;

>ここでアルタン・ハーンの名前を聞くとは意外です。それはかなり高い評価ですね。

王号は当初「順化王」が予定されており、これからも秀吉の冊封がアルタンを非常に強く意識していたことがわかります。
で、秀吉もその点をわかっていたのか、冊封そのものは受け入れていたようなんです。
2007/07/20(Fri) 07:13 | URL  | 板倉丈浩 #/2jzPtOA[ 編集]
>秀吉もその点をわかっていたのか、冊封そのものは受け入れていたようなんです。

?では秀吉は何に激怒したのですか?

如安の行為自体は謁見に映ります
2007/07/21(Sat) 15:17 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
補足説明です
>では秀吉は何に激怒したのですか?

秀吉は明使節を歓待したのですが、一緒に来た朝鮮使節には会おうとしなかったんですね。
といいますのも、来日した朝鮮使節の身分が低いことが判明したため(釜山で明使節の接待をしていた役人でした)、朝鮮王子が御礼に来ることを期待していた秀吉が「侮辱された」と思い激怒したようです。
そして秀吉は、明使節の求めた朝鮮からの完全撤兵(これは冊封の前提条件でした)を拒否して、使節を追い返します。
その後の数ヶ月、明は朝鮮からの援軍派遣要請を断りながら、日朝間の紛争を調停してなんとか冊封を完成させようとしますが上手くいきません。
そうこうしているうちに、明で政変が起こって講和派が失脚してしまい(同じ頃、秀吉も大軍派遣を決断)、全面戦争に雪崩れ込むことになった・・・というわけです。

>如安の行為自体は謁見に映ります

如安は明の兵部尚書あてに、この名簿を審査資料として活用してほしいと請願していますが、陪臣の爵官はあくまでも明の主体的判断で決定された事項です。
任官した諸大名に特に不満もなかったようなので、如安の「お手盛り」にもかかわらず、実際に付与した官は日本国内での序列に配慮したものになったのではないでしょうか。
2007/07/21(Sat) 17:46 | URL  | 板倉丈浩 #/2jzPtOA[ 編集]
ということは、大河ドラマでよく見かける、「日本国王に封じる」と詔書を読み上げた明使節に激高するというのは、ちょっと違うということなのですね。

>如安の行為自体は謁見に映ります
ああ、酷い誤字だ、越権が・・・
国内の序列に叶ったものだったとなると、尚更馴染みの無い名前が気になりますね
2007/07/21(Sat) 23:31 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。