歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日行きました。
野球観戦ではなく、取材です。

ドームの一角に、野球体育博物館があります。
野球殿堂入りした名選手のレリーフなどが飾ってあります。
南日本新聞の連載ネタで、敗戦関係について書くための取材でした。

博物館なので、ちゃんと学芸員がいらっしゃいました。
あらかじめ取材の申し込みをしてあったので、出迎えていただく。
女性でしたが、とても野球、というか野球の歴史に詳しい方で、昔の選手の名前がポンポン飛び出してきました。景浦とか吉原とか。

沢村栄治もどこで戦死したのか教えてもらいました。私の記憶のもとはTVアニメ「巨人の星」しかなく(爆)、3度も召集されて中国戦線で戦死したとばかり思っていたら、台湾沖で輸送船が撃沈されたそうですね。知らなかった。

館内に、六大学などアマの野球選手の戦没者のモニュメントがあり、その中に、私の目的の人の名前が刻んでありました。鹿児島出身の選手です。

その後、その選手の成績データを調べたいがどうしたらよいかと尋ねたら、館内に野球図書館がありますと連れて行ってくれた。
司書さんに「戦前の○○大学の資料、たしかOB会が作った本があったはず。あれを見せてあげて」とテキパキと指示。
出てきた本一冊だけで、用事が済んだ。
応対も親切で、あたりが柔らかく感じがよい学芸員さんだった。こちらが取材意図を告げると、それは意外な組み合わせで面白いと言ってくれた。多謝。

次回は8月15日直前掲載なので、これにしようと思っています。

その後、某図書館に論文探しに行く。
以前入手してもっていたはずなのに、いくら探しても出てこないので、再度複写に行かねばならなくなった。こういう時間の無駄が悔しいのだ。
でも、意外な論文や史料を見つけたので、よしとしておく。

今日は日差しがきつかった。夏場に2件も回ると、それだけでバテバテ。かといって、仕事は待ってくれないのがつらい。
スポンサーサイト

【2007/08/02 21:08】 | 雑記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。