歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「風林火山」第32回
―越後侵入―

今回は山本勘助の越後侵入が描かれ、とてもありえそうもない長尾景虎との対面、もっとありえそうもない宇佐美定満との対面と、創作全開である。

戸石崩れは『甲陽軍鑑』と異なり、上田原合戦→戸石崩れという順でちゃんと描いてあった。
もっとも、戸石攻めはまたしても芸のない武田の攻め方で(笑)。「豊泉堂雑記」さんから筆誅を喰らうのではないか。
さらに、豊泉堂さんが心配していた戸石崩れに勘助が不在という恐ろしいことが実際に起こってしまった。

『甲陽軍鑑』では、勘助が劣勢の武田勢を救うために、両角虎光の兵50騎を借りて、村上勢の進路を南にそらすことに成功し、窮地を脱することになっている。ところが、肝心の勘助は景虎に捕らわれて戦場に不在である。しかも、宇佐美に正体がばれてしまっている……。

さて、この場面、軍師の勘助の見せ場のはずだが、今後何らかの形で描くのだろうか。それともスルーしてしまうのだろうか?

それはそうと、宇佐美が使っている忍びが「軒猿」となっていて、思わず苦笑してしまった。

前々回からだったか、直江実綱の娘でが出てきている。父に景虎の夜伽をするよう命じられたものの、景虎に冷たくあしらわれるというシーンがあった。
これを見て、在りし日の大河「天と地と」にフラッシュバックしたのは私だけだったろうか。
「天と地と」でも似たようなシーンがあったが、若干設定が違っていた。宇佐美定満の娘が乃美(「なみ」と読む)で、やはり景虎の近くに侍して、景虎を慕い続けるというものだった。
乃美を演じたのは樫山文枝、宇佐美は宇野重吉と民芸コンビだった。懐かしい。

乃美」と「」……字こそ違うが音は同じ。脚本家の「天と地と」へのオマージュか。
スポンサーサイト

【2007/08/12 22:40】 | 風林火山
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。