歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前田慶次

劇画「花の慶次」で有名な前田慶次。
米沢市立図書館が表題の本の改訂版を刊行したので購入。

同館サイトをのぞいたところ、すでに売り切れでがっかりした。ただ、市内の書店のいくつかに市中在庫があるかもしれないという告知が出ていたので、そのうちの米沢書房に電話したところ、在庫があるというので、すぐさま購入。
代金後払いでよいとのこと、非常に親切だった。

しかも、届いてみると、何と、表題の本だけでなく、小野栄著『上杉景勝伝』(米沢信用金庫叢書)を無料でプレゼントしていただく。何とも有難い。多謝。

表題の本には、次の3点が入っていた。

1,米沢市立図書館所蔵(米沢善本、慶次の自筆本)の道中日記 の忠実なる複製(朱線・朱丸などもそのまま)
2,前田慶次道中日記 資料編(翻刻と解説付き)
3,付図(前田慶次の遺跡、前田慶次道中行程図)

これで、2.100円は安い。

道中日記は関ヶ原合戦後、上杉景勝が米沢に減封国替になった慶長6年(1601)のものである。慶次は景勝を慕って米沢まで下向した。
これを読むと、慶次は伏見から中山道を下っている。
特徴的なのは、名所旧跡を見ながら、和歌をたくさん詠んでいること。また万葉集や古今集からの引用も多い。
慶次は武人というより文人の印象を受ける。

米沢書房からのお知らせによると、米沢ではすでに再来年の大河ドラマに向けて盛り上がっているとのこと。
直江兼続・上杉景勝だけでなく、前田慶次も主要キャストらしく書かれている。このトライアングルで描かれるのだろうか。

なお、前田慶次道中日記は『日本庶民生活史料集成』 第8巻(三一書房)や『新編信濃史料叢書』第10巻(信濃史料刊行会)にも収録されている。
スポンサーサイト

【2007/08/17 19:10】 | 新刊
トラックバック(1) |


ぼっけもん新聞
前田慶次、「花の慶事」で知り「一夢庵風流記」を読んだ記憶があります。今は、誇りを被って眠っている書籍ですが、久々に起こしたくなりました。
私にとって漫画の慶次は、あこがれの存在です。


管理人さんへお尋ねします。
ぼっけもん新聞
反、西郷・島津などの立場が書かれている書籍を探しています。
教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いいたします。


びわこ
桐野さん、こんにちは。

道中日記の改訂版、出たんですか?
欲しいっ、私も欲しい・・・(探します)

さて、この前田慶次道中日記は、関ヶ原合戦直後に琵琶湖を船で渡り、佐和山城麓で船を下りて中仙道に入っているんですよね。

三成の霊を慰めるために「虫送り」だったか、そういうことをしてるっていう記述もあって、関ヶ原合戦を世間がどういう見方してたかも垣間見ることのできる読み物ですよね。

>また万葉集や古今集からの引用も多い。

桐野さんが書いてらっしゃるように私も武人より文人の才を強く感じました。


夜中に思いつくまま書いたのでしまりのない文章ご容赦(^^;

米沢書房
桐野
びわこさん、こんにちは。

私が購入したものの奥付には、

平成13年9月29日発行
平成17年5月2日改訂二版発行

となっています。
改訂版といっても、どこが改訂されたのかよくわかりませんが。

発行元にはもう在庫がないようです。
私が購入した米沢市内の米沢書房にはまだあるかもしれません。
http://phonebook.yahoo.co.jp/list?a2=06202&g3=3097000


重野安繹
桐野
ぼっけもん新聞さん、こんにちは。

反西郷・島津の立場といっても、あからさまのものはありましたかね。
贔屓の引き倒しはいやですが、その逆もまだ同様で。

西郷のことをよく知る人で、比較的手厳しいことを書いているのは重野安繹(しげの・やすつぐ)がいます。
彼は西郷と同じ時期に奄美に遠島になっていた人です。後世、「抹殺博士」の異名で有名ですが、西郷のことをよく知る人です。

『重野博士史学論集』下巻(薩藩史研究会編、雄山閣、1939年)のなかに、「西郷南洲逸話」というのがあります。
彼から見た是々非々の立場からの西郷評論ですね。豪傑肌に見えるけど、度量は大きくないと書いています。
その重野の著作は戦前のものなので、なかなか入手しにくいですが、大和書房刊『西郷隆盛全集』第6巻に「西郷論集成」がまとまって載っており、そのなかに重野の上記批評も収録されています。この本なら、比較的大きい図書館には置いてあると思います。

あと、薩摩の精神風土や制度を批判的に論述した郷土出版があります。比較的入手しやすいものでは、

片岡吾庵堂『横目で見た郷土史』、高城書房、1996年
中村明蔵『薩摩民衆支配の構造』、南方新社、2000年

あと、西南戦争や薩摩士族について、文化的民俗的に研究したものとして、

千葉徳爾『負けいくさの構造』、平凡社選書153、1994年

ほかにもいくつかあると思いますが、とりあえず思いついたものを挙げてみました。




ぼっけもん新聞
ありがとうございます。
以前より、良書選びに困っていました。
前田慶次の書籍も早速取り寄せました。

最近は、山路愛山の西郷評や南日本新聞の鹿児島百年を購入して読んでいます。
増える書籍をいかに読むか。時間作りに四苦八苦しながら楽しんでいます。
これからもよろしくご指導ください。

ありがとうございます
びわこ
桐野さん
早速、ありがとうございます。

問い合わせてみますね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
前田慶次、「花の慶事」で知り「一夢庵風流記」を読んだ記憶があります。今は、誇りを被って眠っている書籍ですが、久々に起こしたくなりました。
私にとって漫画の慶次は、あこがれの存在です。
2007/08/18(Sat) 00:18 | URL  | ぼっけもん新聞 #-[ 編集]
管理人さんへお尋ねします。
反、西郷・島津などの立場が書かれている書籍を探しています。
教えて頂けないでしょうか。
宜しくお願いいたします。
2007/08/18(Sat) 19:54 | URL  | ぼっけもん新聞 #-[ 編集]
桐野さん、こんにちは。

道中日記の改訂版、出たんですか?
欲しいっ、私も欲しい・・・(探します)

さて、この前田慶次道中日記は、関ヶ原合戦直後に琵琶湖を船で渡り、佐和山城麓で船を下りて中仙道に入っているんですよね。

三成の霊を慰めるために「虫送り」だったか、そういうことをしてるっていう記述もあって、関ヶ原合戦を世間がどういう見方してたかも垣間見ることのできる読み物ですよね。

>また万葉集や古今集からの引用も多い。

桐野さんが書いてらっしゃるように私も武人より文人の才を強く感じました。


夜中に思いつくまま書いたのでしまりのない文章ご容赦(^^;
2007/08/19(Sun) 03:38 | URL  | びわこ #-[ 編集]
米沢書房
びわこさん、こんにちは。

私が購入したものの奥付には、

平成13年9月29日発行
平成17年5月2日改訂二版発行

となっています。
改訂版といっても、どこが改訂されたのかよくわかりませんが。

発行元にはもう在庫がないようです。
私が購入した米沢市内の米沢書房にはまだあるかもしれません。
http://phonebook.yahoo.co.jp/list?a2=06202&g3=3097000
2007/08/19(Sun) 08:18 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
重野安繹
ぼっけもん新聞さん、こんにちは。

反西郷・島津の立場といっても、あからさまのものはありましたかね。
贔屓の引き倒しはいやですが、その逆もまだ同様で。

西郷のことをよく知る人で、比較的手厳しいことを書いているのは重野安繹(しげの・やすつぐ)がいます。
彼は西郷と同じ時期に奄美に遠島になっていた人です。後世、「抹殺博士」の異名で有名ですが、西郷のことをよく知る人です。

『重野博士史学論集』下巻(薩藩史研究会編、雄山閣、1939年)のなかに、「西郷南洲逸話」というのがあります。
彼から見た是々非々の立場からの西郷評論ですね。豪傑肌に見えるけど、度量は大きくないと書いています。
その重野の著作は戦前のものなので、なかなか入手しにくいですが、大和書房刊『西郷隆盛全集』第6巻に「西郷論集成」がまとまって載っており、そのなかに重野の上記批評も収録されています。この本なら、比較的大きい図書館には置いてあると思います。

あと、薩摩の精神風土や制度を批判的に論述した郷土出版があります。比較的入手しやすいものでは、

片岡吾庵堂『横目で見た郷土史』、高城書房、1996年
中村明蔵『薩摩民衆支配の構造』、南方新社、2000年

あと、西南戦争や薩摩士族について、文化的民俗的に研究したものとして、

千葉徳爾『負けいくさの構造』、平凡社選書153、1994年

ほかにもいくつかあると思いますが、とりあえず思いついたものを挙げてみました。

2007/08/19(Sun) 08:46 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
ありがとうございます。
以前より、良書選びに困っていました。
前田慶次の書籍も早速取り寄せました。

最近は、山路愛山の西郷評や南日本新聞の鹿児島百年を購入して読んでいます。
増える書籍をいかに読むか。時間作りに四苦八苦しながら楽しんでいます。
これからもよろしくご指導ください。
2007/08/19(Sun) 19:52 | URL  | ぼっけもん新聞 #-[ 編集]
ありがとうございます
桐野さん
早速、ありがとうございます。

問い合わせてみますね。
2007/08/22(Wed) 00:32 | URL  | びわこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
虎はなぜ強いと思うね?それは、もともと強いからよ! 前田慶次郎利益という男を、ご存知だろうか?現在一般には「前田慶次」として...
2009/05/17(Sun) 10:09:57 |  ブログが作りたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。