歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末土佐藩参政の寺村左膳の日記を読む。今回で2回目だ。

時期は慶応3年(1867)4月から5月。
いわゆる四侯会議が行われた時期だ。
はっきりいって、寺村の日記はこのあたりはトロい。本人が病気だったりして、どうも事態を正確に把握していないのではないかと思われる。
『大久保利通日記』『続再夢紀事』『伊達宗城在京日記』など、残りの三侯関係の史料が充実している。

四侯は徳川慶喜と対決するつもりだったはずだが、二条城で会見したのち、一緒に写真を撮ったりと、ちと緊張感に欠ける感じ。
この四侯を撮影した写真を資料としてレジュメに載せようとしたが、手持ち資料では探せなかった。
あとで受講生の方から越前藩が所蔵していると教えてもらった。立場が逆だな(笑)。この写真を使用できたら、もう少し受講生の皆さんの関心も増したかもしれない。残念。

あと、日記中に出てきた「三条若君様」の比定を間違えたかもしれない。
三条実美がまだ太宰府にいるから、正親町三条実愛の子どもではないかと想定してしまった。早合点だったかも。正親町三条なら、正親町をちゃんと付けるか、「正三」などの略字を使う場合が多い。

それに、「三条若君様」と山内容堂の娘と思われる「光姫」の縁組が予定されているわけだが、容堂の正室は三条実万(さねつむ、実美父)の養女(烏丸光政長女)だったのを忘れていた。この姻戚関係から、山内家と三条家との再縁が実現しそうだったとみたほうがずっと自然だ。

もっとも、「三条若君様」が三条実美の転法輪家だとすれば、誰が該当するのかも難しい。「光姫」が当年10歳だから、年齢的にそれに釣り合う若君でなければならない。
おそらく該当するのは一人だけだろうか。
実美の実弟ですでに亡くなっている公睦(権中納言)の二男に公恭がおり、実父が没したためか、当時子どもがなかった実美の養子になっていた。
公恭は嘉永6年(1853)生まれだから、当年15歳。「光姫」とぴったり釣り合うと思う。

もっとも、この縁組は実現しなかったと思われる。講義でもやったように、「光姫」は北白川宮能久親王(いわゆる輪王寺宮)に嫁いでいるからだ。
破談の理由は推測するに、おそらく実美に実子公美が誕生したせいではないだろうか。

う~ん。どうも次回訂正だな(爆)。

講義日の当日に泥縄的にレジュメや注をまとめたので、詰めが甘かったようだ。これからはせめて前日から取りかかったほうがいいかも。



スポンサーサイト

【2006/11/15 00:50】 | てらこや
トラックバック(0) |


まいたけ君
ブログ開設、おめでとうございます。

てらこや講座では、毎回、お勉強をさせていただき、ありがとうございます。

土佐山内家と三条家との姻戚関係、それがありましたね。そうすると、5月朔日の伏見での信受院との対面も、縁組みに関する話があってのことかもしれませんね。
また、この縁組みは、長州処分のあとに控える、五卿戻しの政治工作の一環ではないかとの深読みもできそうで面白いですね。

四侯の写真は、四侯それぞれが持っているのかもしれませんが、越前福井では、その写真を並べた小型の衝立てが、よく展示されていました。写真が載ってる図録、探してみますね。

どうも
桐野
まいたけさん

コメント有難うございます。
また講義ではお世話になっています。

山内家と三条家との縁組はいろんな意味合いが考えられそうですね。
なるほど、三条実美の帰洛後のことまで考えていたとしたらすごいですね。

例の四侯の写真、福井市郷土資料館だったかの図録に載っているかもしれないと思って探したのですが、図録がまだ見つけられておりません(泣)。
あと幕末の古写真集(小沢健志氏とか)も2点見てみましたが、載っていませんでした。たしかに見た記憶があるのですが、いざ探すとなると出てこないものですね(笑)。


四賢侯肖像写真衝立
まいたけ君
図録では見つかりませんでしたが、『松平春嶽のすべて』の173ページに、不鮮明ですが、「四賢侯肖像写真衝立』の写真が載っていました。
はっきりとはわかりませんが、撮影場所が同じように見えますので、これがそのときの写真ではないでしょうかね。


桐野
に載っていますか。有難うございます。
たしか、この本もっていたと思うのですが、まだ探せないでいます。どこにしまいこんだのか。


まいたけ君
桐野さんがお持ちの本で、衝立てのカラー写真が掲載されている本を見つけました。『山内家史料/幕末維新』第六編の口絵に「四侯会議記念写真」として載っています。箱書き(?)にその解説も書かれています。ご確認してみてください。

ありました!
桐野
まいたけさん

さっそく見てみました。
日頃、口絵など見る余裕がなかったもので、見逃しておりました。というか、この本に口絵が付いていたなんて、とんと気づきませんでした。

若干ぼやけてますが、カラーですし、四侯が横に勢揃いしていますし、ちゃんと解説文の写真も入っておりますね。

本当に有難うございました。
次回講座でみなさんに紹介したいと思います。
もしかして、あれこれ探していただいたのではないかと恐縮しております。感謝です。


まいたけ君
福井市立郷土歴史博物館『名品選』(平成16年3月発行)に、『山内家史料』より鮮明な写真が載っていました。とはいっても、写真の上に書いてある文字がはっきり読める程度で、殿様たちの顔ははっきりわかりません。資料解説によれば、撮影したのは横田彦兵衛という人のようです。次回講座に持っていきますね。

御礼
桐野
わざわざ福井まで手配していただき有難うございました。さっそく講座でみなさんに回覧して見ていただきましょう。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ブログ開設、おめでとうございます。

てらこや講座では、毎回、お勉強をさせていただき、ありがとうございます。

土佐山内家と三条家との姻戚関係、それがありましたね。そうすると、5月朔日の伏見での信受院との対面も、縁組みに関する話があってのことかもしれませんね。
また、この縁組みは、長州処分のあとに控える、五卿戻しの政治工作の一環ではないかとの深読みもできそうで面白いですね。

四侯の写真は、四侯それぞれが持っているのかもしれませんが、越前福井では、その写真を並べた小型の衝立てが、よく展示されていました。写真が載ってる図録、探してみますね。
2006/11/15(Wed) 06:52 | URL  | まいたけ君 #BKdQhP/Q[ 編集]
どうも
まいたけさん

コメント有難うございます。
また講義ではお世話になっています。

山内家と三条家との縁組はいろんな意味合いが考えられそうですね。
なるほど、三条実美の帰洛後のことまで考えていたとしたらすごいですね。

例の四侯の写真、福井市郷土資料館だったかの図録に載っているかもしれないと思って探したのですが、図録がまだ見つけられておりません(泣)。
あと幕末の古写真集(小沢健志氏とか)も2点見てみましたが、載っていませんでした。たしかに見た記憶があるのですが、いざ探すとなると出てこないものですね(笑)。
2006/11/15(Wed) 09:25 | URL  | 桐野 #-[ 編集]
四賢侯肖像写真衝立
図録では見つかりませんでしたが、『松平春嶽のすべて』の173ページに、不鮮明ですが、「四賢侯肖像写真衝立』の写真が載っていました。
はっきりとはわかりませんが、撮影場所が同じように見えますので、これがそのときの写真ではないでしょうかね。
2006/11/15(Wed) 09:54 | URL  | まいたけ君 #BKdQhP/Q[ 編集]
に載っていますか。有難うございます。
たしか、この本もっていたと思うのですが、まだ探せないでいます。どこにしまいこんだのか。
2006/11/15(Wed) 10:27 | URL  | 桐野 #-[ 編集]
桐野さんがお持ちの本で、衝立てのカラー写真が掲載されている本を見つけました。『山内家史料/幕末維新』第六編の口絵に「四侯会議記念写真」として載っています。箱書き(?)にその解説も書かれています。ご確認してみてください。
2006/11/17(Fri) 09:53 | URL  | まいたけ君 #BKdQhP/Q[ 編集]
ありました!
まいたけさん

さっそく見てみました。
日頃、口絵など見る余裕がなかったもので、見逃しておりました。というか、この本に口絵が付いていたなんて、とんと気づきませんでした。

若干ぼやけてますが、カラーですし、四侯が横に勢揃いしていますし、ちゃんと解説文の写真も入っておりますね。

本当に有難うございました。
次回講座でみなさんに紹介したいと思います。
もしかして、あれこれ探していただいたのではないかと恐縮しております。感謝です。
2006/11/17(Fri) 10:04 | URL  | 桐野 #-[ 編集]
福井市立郷土歴史博物館『名品選』(平成16年3月発行)に、『山内家史料』より鮮明な写真が載っていました。とはいっても、写真の上に書いてある文字がはっきり読める程度で、殿様たちの顔ははっきりわかりません。資料解説によれば、撮影したのは横田彦兵衛という人のようです。次回講座に持っていきますね。
2006/11/21(Tue) 21:07 | URL  | まいたけ君 #BKdQhP/Q[ 編集]
御礼
わざわざ福井まで手配していただき有難うございました。さっそく講座でみなさんに回覧して見ていただきましょう。
2006/11/21(Tue) 21:51 | URL  | 桐野 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。