歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長墓

昨日からの京都紀行のつづき。

30日には市内を何カ所か回る。
京都府立総合資料館を訪ねたのち、大徳寺に向かう。
信長の菩提寺である総見院などの秋の一般公開が終了間際だったから、是非にと思っていた。総見院は数年前訪れたが、そのとき墓所の撮影を失敗したので、リベンジの意味もあった。

写真↑の中央が信長、左が信雄、右が信忠。信忠のが弟の信雄のよりやや低い。なぜなのだろうか?
信長のほかの息子の墓もあるが、三男信孝だけはない。総見院を建立したのが秀吉だからであろう。

それと、いつ見ても、お鍋の方の墓だけが自然石で可哀相だと思うのは私だけだろうか。側室だったからかもしれないが、隣の正室帰蝶の五輪塔より低くするか、小さくすればいいだけなのにとも思う。

その後、本堂に上がらせてもらって、信長の一周忌につくられた信長木像と、有名な画像や位牌を拝観させてもらう。しばし、去りがたかった。

10年ほど前だったか、総見院が初めて一般公開されたときに、たまたま取材で訪れて感動した記憶がある。京都の寺社の一般公開を推進するボランティアの方々の尽力のおかげだと聞いた。そのとき、信長木像の写真撮影をできないかと不躾な注文をしたところ、ボランティアの方が住職に話を付けて下さり、取材目的ならと撮影を許可されたことがあった。
そして、今度もボランティアの方々が甲斐甲斐しく親切に応対して下さった。感謝するばかりである。

総見院のほか、いくつかの塔頭を回った。前回も行った高桐院も再訪した。この塔頭は細川氏の菩提寺で、幽斎(藤孝)以下、歴代当主の墓所と、その近くの別区画に細川ガラシャと夫三斎(忠興)の灯籠型の供養塔↓がある。
細川ガラシャ墓

ここも以前訪れたとき、デジカメのメモリーが切れてあまり撮影できなかった思い出があるので、これまたリベンジである。

高桐院庭園

高桐院といえば、表門からの敷石の参道に落ちた紅葉↓と、庭園の紅葉↑が有名である。冬に入りかかった晩秋の終わり、紅葉は盛りを過ぎていて落ちた紅葉の紅がやや色褪せていたものの、まだまだ十分堪能できた。
とくに、参道はいつも参拝客が絶えないため、静寂な雰囲気を撮影するのが難しいが、しばらく待った甲斐があって、客足が途絶えた瞬間を撮影できたのが収穫だった。
高桐院参道



スポンサーサイト

【2006/12/01 15:29】 | 雑記
トラックバック(0) |

高桐院の細川忠興墓について
ばんない
はじめまして。

高桐院には、千利休から細川忠興が拝領した”欠灯籠”があり、それがガラシア夫人と忠興の合同墓になっているというのが、旅行ガイドなどでよく記載されている話なのですが、違うのでしょうか。

訂正とお詫び
桐野
ばんないさま
コメント有難うございます。
細川ガラシャの灯籠型の供養塔、案内板も撮影していたので改めて読んでみると、忠興とガラシャの墓だと書いてありました(冷汗)。忠興の遺歯を埋葬してあるとのこと。
てっきり、ガラシャ単独の墓だとばかり思い込んでおりました。粗忽な勘違いで失礼しました。
本文を直しておきます。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
高桐院の細川忠興墓について
はじめまして。

高桐院には、千利休から細川忠興が拝領した”欠灯籠”があり、それがガラシア夫人と忠興の合同墓になっているというのが、旅行ガイドなどでよく記載されている話なのですが、違うのでしょうか。
2006/12/02(Sat) 00:04 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
訂正とお詫び
ばんないさま
コメント有難うございます。
細川ガラシャの灯籠型の供養塔、案内板も撮影していたので改めて読んでみると、忠興とガラシャの墓だと書いてありました(冷汗)。忠興の遺歯を埋葬してあるとのこと。
てっきり、ガラシャ単独の墓だとばかり思い込んでおりました。粗忽な勘違いで失礼しました。
本文を直しておきます。
2006/12/02(Sat) 00:15 | URL  | 桐野 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。