歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞サイトに興味深い記事が掲載された。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=1552

在京中の大久保一蔵が鹿児島の西郷吉之助に宛てた慶応2年(1866)9月8日付の書簡の原本などを鹿児島の黎明館が地元の古美術商から今年10月に購入したという。

記事によれば、この書簡は原本の所在が不明になっていたとある。おそらく『大久保利通文書』第一巻に収録された104号文書の原本である。同書には収録当時の所蔵者が「有川浩祥氏蔵」とある。この書簡は有川氏の子孫宅にその後も所蔵されていたのか、あるいは流出したのかは記事からはわからない。

書簡は将軍家茂死去後の、いわゆる将軍空位時代のものである。幕府が長州再征に敗北し、次期将軍を誰にするか、さまざまな駆け引きが行われていた時期である。
書簡のなかで大久保は一橋慶喜が「賢侯之公論」(雄藩諸侯の合意による将軍決定)を受け容れず、「橋(一橋)譎詐百端之心術」を弄していると述べて、慶喜の思惑に激しく反発すると同時に、「大蔵大輔様も内実は御憤懣之御様子」とも述べ、松平春嶽が慶喜のやり方に不満をもっていることを伝えている。この頃、春嶽は徳川家の家督と将軍職を別個のものとし、慶喜以外の徳川一門からの将軍選出や大政奉還の可能性まで考えていたといわれる。

大久保もまた、次期将軍問題を大政奉還の選択肢も含めて、上京した雄藩諸侯の主導権によって決定しようと考え、春嶽ら雄藩諸侯と連携しようとしていた。「共和之大策を施し、征夷府之権ヲ破、皇威興張之大綱相立候」という公議政体論がそれである。

しかし、大久保は慶喜が「幕威を張る心底顕然」と将軍職就任に意欲を示していることを掴んでいたので、雄藩諸侯がそれに対抗できるか不安視して、久光の上京はよほどの覚悟を固めなければならないという厳しい現状認識を鹿児島の西郷に伝えている。書簡の趣旨はそんなところである。

なお、黎明館が購入したものには、この大久保書簡のほか、小松帯刀や村田新八の書簡など計20点が含まれているというではないか。大変気になる情報である。
スポンサーサイト

【2006/12/01 19:50】 | 幕末維新
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。