歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第26回
―左手には手綱か生首か―

連載が更新されました。
左下のリンク欄「さつま人国誌」からご覧になれます。

今回は西南戦争終結の9月24日に近いので、西南戦争の話題を書きました。
民謡「田原坂」で「馬上豊かな美少年」のモデルとされる村田岩熊(村田新八の長男)について、福地源一郎に拾われた手帳は岩熊のものかどうかの検証など、エピソード的なものをまとめてみました。

次回は、ジメサアの命日(10月5日)がやってくるので、これを書きたいと思います。
ジメサアは持明様の鹿児島訛りですが、数奇な運命を辿った島津義久の三女亀寿のことです。お楽しみに。
スポンサーサイト

【2007/09/29 10:53】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。