歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、武蔵野大学でオムニバス歴史講座「薩摩と明治維新Ⅱ」の第4回講座を拝聴に行く。私も2回目を担当した講座の続きである。

この回が最後で、大久保利通の曾孫、利泰氏の講演だった。表題が演題である。4つのエピソードから成っていた。

1:ヨーロッパに急報された訃報と葬儀余話
2:大久保利通の素顔
3:日常生活
4:岩倉使節団こぼれ話

とくに面白かったのは、岩倉使節団から帰国後、大久保の生活様式がすべて西洋式になったこと。
和服から洋服へ、火鉢からストーブへ、和食から洋食へ、という具合。
利通が毎朝飲んでいたのが、ブランデーに生卵とハチミツを入れてかき混ぜたもの。何か、精がつきそうな飲み物である。今風にいえば、ドリンク剤だろうか。内務卿という激務なるゆえか。

今回は、関連する史料や写真などをスクリーンで大きく見せられたのがよかったと思う。
小さな写真では気づかなかったが、大久保が横浜で撮影したという写真が大写しになった。右手に蝙蝠傘みたいなものを持っているのに気づいた。だから何なんだといわれると困るが、とにかく興味深かった。

講座終了後、南日本新聞に連載している拙コラムを毎回読んでいるという方から挨拶される。二本松の薩摩藩邸跡にある大学を卒業されたとかで、小松屋敷や西郷屋敷の話は興味深かったとか。また拙著も読まれたそうで、持参されていた。有難い。
また、友人の研究者、町田明広氏もおいでだった。『日本歴史』(07年10月、通巻713号)に掲載された最新論文をいただく。多謝。

「幕末中央政局における朔平門外の変―その背景と影響について―」

というもので、要するに、姉小路公知暗殺事件の真相を解明するとともに、その政治上の意義を考察したものである。随所に鋭い考察がある。この事件から8・18政変に至る薩摩藩の動向を知るよすがになると思う。
私も、田中新兵衛のことを近々書こうと思っていたので、さっそく参考にさせていただこうと思う。

なお、論文中に在京の薩摩藩士本田親雄の報告が引用されている。それには、現場に落とされていた刀(鞘か)を「薩刀ラシキ拵」とある。要するに、独特な「薩摩拵」だったと思われる。他藩でも、すぐさま薩摩藩士のものだと確認できるほど、当時から有名だったことがわかる。
スポンサーサイト

【2007/09/30 16:42】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

昨日はありがとうございました。
町田明広
桐野様
昨日は大久保利泰氏をご紹介いただき、誠にありがとうございました。
お話も家内、また、拙稿もお渡しでき、貴重な得がたい時間となりました。
拙稿も早速ご紹介いただき、重ねて御礼申し上げます。なお、掲載誌は『日本歴史』2007年10月号(713)となります。

中川宮
桐野
町田明広さん、こんにちは。

ご論考の発行月、号数を教えていただき有難うございます。さっそく本文を訂正しておきました。

一読させていただき、とくに中川宮朝彦親王の政治的立場の変化(変節か)と関連づけて論じられた点が興味深く、その後の8・18政変の伏線になったことがとてもよく理解できました。

また黒幕とされる滋野井公寿・西四辻公業のうち、滋野井はその後、慶応4年、滋野井隊という草莽隊のリーダーに祭り上げられています。彼がなぜこのような行動に及んだのか、唐突に感じていたのですが、文久年間からの筋金入りの過激派公家だったことがわかり、個人的に納得です。

多くの示唆を与えていただいた論文でした。有難うございます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。
桐野様
昨日は大久保利泰氏をご紹介いただき、誠にありがとうございました。
お話も家内、また、拙稿もお渡しでき、貴重な得がたい時間となりました。
拙稿も早速ご紹介いただき、重ねて御礼申し上げます。なお、掲載誌は『日本歴史』2007年10月号(713)となります。
2007/09/30(Sun) 17:30 | URL  | 町田明広 #-[ 編集]
中川宮
町田明広さん、こんにちは。

ご論考の発行月、号数を教えていただき有難うございます。さっそく本文を訂正しておきました。

一読させていただき、とくに中川宮朝彦親王の政治的立場の変化(変節か)と関連づけて論じられた点が興味深く、その後の8・18政変の伏線になったことがとてもよく理解できました。

また黒幕とされる滋野井公寿・西四辻公業のうち、滋野井はその後、慶応4年、滋野井隊という草莽隊のリーダーに祭り上げられています。彼がなぜこのような行動に及んだのか、唐突に感じていたのですが、文久年間からの筋金入りの過激派公家だったことがわかり、個人的に納得です。

多くの示唆を与えていただいた論文でした。有難うございます。
2007/09/30(Sun) 17:49 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。