歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに大河ドラマについて。

昨7日は、第40回「三国同盟」というタイトルだったが、個人的には、ガックン景虎の上洛のほうに興味があった。

景虎が上洛したのは、第1次川中島合戦があった天文22年(1553)秋で、景虎24歳のときである。

ドラマで景虎が後奈良天皇に拝謁した場面。景虎が清涼殿らしき場所に昇殿して、御簾の向こうの天皇と対座していた。
しかし、この設定には違和感があった。

景虎は従五位下・弾正少弼。せいぜい諸大夫程度の官位であり、昇殿できる堂上公家ではない。だから、この設定はおかしい。

のちに信長がはじめて参内したとき、弾正忠の僭称で無位無官だった。正親町天皇が小御所の庭で信長を謁見し、天盃を授けている。もっとも、天盃がなかなか出てこなかったので、しびれを切らした信長が辞去してしまうという一幕もあった。
このように、天皇が堂上ではない地下人(じげにん)と対面するときには昇殿という方法をとらない。景虎も同様だろう。

なお、このとき天皇は天盃のほか、御剣も与えた。それは「無銘豊後瓜実御剣」で、現在も上杉家に伝来している。

もうひとつ、勅使とおぼしき広橋大納言(字幕をよく見ていなかったが、兼秀だったか)が景虎に、いわゆる治罰綸旨を与えていた。
この場面も微妙である。この綸旨は上洛したときに与えられたものではない可能性がある。
綸旨の原本は残っておらず、『上杉家御年譜』一にその写しがある。それによれば、日付は4月12日。景虎が上洛する半年も前である。この日付が正しければ、あの場面はおかしい。

この日付どおりだとすれば、第1次川中島合戦の前にあたるわけで、景虎の信州侵攻は村上義清の救援というだけでなく、治罰綸旨に基づく征伐という名分もあったのかもしれない。
ちなみに、綸旨には「任国並隣国の敵心を挟む輩を治罰さるる所也」と書かれている。「任国」って越後のことなんだろうか?

余談ながら、景虎の上洛の下準備をしたのは、家臣の神余親綱である。もっとも、将軍義輝は三好長慶のために近江に退転していたから、対面を設定できず、次善の策として後奈良天皇との対面になった。
親綱が頼りにしたのは、大覚寺門跡義俊である。義俊は関白近衛稙家の弟。のちに稙家の嫡男前嗣(のち前久)が現任の関白のまま越後に下向するのは、このときの近衛家との縁もひとつの要因だろう。

スポンサーサイト

【2007/10/08 17:55】 | 風林火山
トラックバック(0) |

毛利家文書
Tm.
関係のない記事でのコメントすいません。

以前より気になっていた小早川隆景の書状ですが、毛利家文書之三に収録されている838号です。
古文書の読みに知識乏しい自分には正確な釈が出来ません。桐野先生にご教授いただければ幸いです。



ご確認
桐野
Tm. さん、こんにちは。

『毛利家文書』の該当文書、一応確認してみました。

さて、私は物忘れが激しくて、どの記事でのどの議論だったのか、よく思い出せません。申し訳ないですが、記憶を喚起されたく、ご教示願えませんでしょうか。

「不慮ニ将軍中国御動座ニ付而」云々の部分でしたっけ? それとも年次の問題でしたかね?



Tm.
桐野先生、申し訳ありませんでした。
自分でも何時の議論であったか分からなくなっています。

かつて知人より示唆されたのは
「金銀彫さる七塔ヲ有御建立、数寄之座敷御誘候ても、」
の部分であり、それが安土城を意識してのものではないかとのことでした。
その上で『毛利家文書』の年次比定が正しいとすれば、安土での正月の出来事について何らかの情報が伝わり、上記のような計画がなされたのではないかとも思われるのですが如何でしょう。

また大筋の内容としては、元就の遺訓を踏まえ、義昭の動座により俄かに戦意が高揚していることを危惧し、輝元を諌めることを妙壽寺の御床下に依頼したものと存知ますが、不勉強ゆえ、文中に名の挙げられている者たちがどのような人物か存知よりません。

それらを踏まえ、同書状の大意や人物、先生の所感についてご教授願えれば幸いなのですが。





小早川隆景書状
桐野
ご紹介の妙寿寺宛て隆景書状ですが、
宛所の妙寿寺は毛利家の本拠、安芸吉田にある妙寿寺の住持、明叔元楊のことで、おそらく隆景と深い交流があっただけでなく、毛利輝元の学問の師でもあった僧侶だと思われます。

年次は、『毛利家文書』の編者は天正6年(1578)に比定していますが、翌7年ではないかと思います。
まず、書状中に「日頼様以後八ヶ年御家を被保候」とあるのが手がかりで、日頼様こと毛利元就の死去が元亀2年(1571)ですから、それから8年ということですから、同7年(1579)のほうがでいいのでしょう。
また、冒頭にある「市少四」(市川経教)と「杉七」(杉重良)の裏切りについて、隆景が述べています。
2人は大内氏旧臣で毛利に重恩ある国衆ながら、豊後大友氏に寝返っています。その時期はどうやら同7年正月のようですから、同年のほうがよいと思います。

あと、この書状がよく知られているのは、将軍義昭の中国下向について、隆景が毛利氏の前途を不安視している一節で、義昭が毛利家を頼ってきたことを「当代之御面目」としながらも、「乍去、消候ハんとて光増と申事も候」と書いているところです。つまり、消えかかっているロウソクの最後の輝きのようだというわけです。

で、肝心の部分ですが、

「金銀ヲ彫たる七塔ヲ有御建立、数寄之座敷御誘候ても、当家之御名字不続候へは、一時之煙と罷成事候」

先ほど申しましたように、この書状の年次は天正7年が妥当だと思われますが、それでも、大丈夫でしょうか?
また毛利氏が安土城の何に刺激されたとお考えなのかよくわかりません。天正6年も翌7年も、信長は安土城天主を堺衆などに公開していますね。そのことでしょうか?

しかし、毛利氏が寺院建築と城郭を同次元で意識するものでしょうか。ご紹介の部分は、妙寿寺か西堂(人物でしょうが)に関わる寺院建築で、7つの堂宇を建立するということですよね。それが安土城天主と何か関係があったり、毛利氏が意識した所産なのでしょうか? あるいは「七塔」を七重塔とお考えでしょうか? おそらく七重塔ではないと思います。

とりあえずはそれくらいで勘弁して下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
毛利家文書
関係のない記事でのコメントすいません。

以前より気になっていた小早川隆景の書状ですが、毛利家文書之三に収録されている838号です。
古文書の読みに知識乏しい自分には正確な釈が出来ません。桐野先生にご教授いただければ幸いです。

2007/10/10(Wed) 07:24 | URL  | Tm. #GDMnerkk[ 編集]
ご確認
Tm. さん、こんにちは。

『毛利家文書』の該当文書、一応確認してみました。

さて、私は物忘れが激しくて、どの記事でのどの議論だったのか、よく思い出せません。申し訳ないですが、記憶を喚起されたく、ご教示願えませんでしょうか。

「不慮ニ将軍中国御動座ニ付而」云々の部分でしたっけ? それとも年次の問題でしたかね?
2007/10/10(Wed) 14:43 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
桐野先生、申し訳ありませんでした。
自分でも何時の議論であったか分からなくなっています。

かつて知人より示唆されたのは
「金銀彫さる七塔ヲ有御建立、数寄之座敷御誘候ても、」
の部分であり、それが安土城を意識してのものではないかとのことでした。
その上で『毛利家文書』の年次比定が正しいとすれば、安土での正月の出来事について何らかの情報が伝わり、上記のような計画がなされたのではないかとも思われるのですが如何でしょう。

また大筋の内容としては、元就の遺訓を踏まえ、義昭の動座により俄かに戦意が高揚していることを危惧し、輝元を諌めることを妙壽寺の御床下に依頼したものと存知ますが、不勉強ゆえ、文中に名の挙げられている者たちがどのような人物か存知よりません。

それらを踏まえ、同書状の大意や人物、先生の所感についてご教授願えれば幸いなのですが。



2007/10/10(Wed) 19:59 | URL  | Tm. #GDMnerkk[ 編集]
小早川隆景書状
ご紹介の妙寿寺宛て隆景書状ですが、
宛所の妙寿寺は毛利家の本拠、安芸吉田にある妙寿寺の住持、明叔元楊のことで、おそらく隆景と深い交流があっただけでなく、毛利輝元の学問の師でもあった僧侶だと思われます。

年次は、『毛利家文書』の編者は天正6年(1578)に比定していますが、翌7年ではないかと思います。
まず、書状中に「日頼様以後八ヶ年御家を被保候」とあるのが手がかりで、日頼様こと毛利元就の死去が元亀2年(1571)ですから、それから8年ということですから、同7年(1579)のほうがでいいのでしょう。
また、冒頭にある「市少四」(市川経教)と「杉七」(杉重良)の裏切りについて、隆景が述べています。
2人は大内氏旧臣で毛利に重恩ある国衆ながら、豊後大友氏に寝返っています。その時期はどうやら同7年正月のようですから、同年のほうがよいと思います。

あと、この書状がよく知られているのは、将軍義昭の中国下向について、隆景が毛利氏の前途を不安視している一節で、義昭が毛利家を頼ってきたことを「当代之御面目」としながらも、「乍去、消候ハんとて光増と申事も候」と書いているところです。つまり、消えかかっているロウソクの最後の輝きのようだというわけです。

で、肝心の部分ですが、

「金銀ヲ彫たる七塔ヲ有御建立、数寄之座敷御誘候ても、当家之御名字不続候へは、一時之煙と罷成事候」

先ほど申しましたように、この書状の年次は天正7年が妥当だと思われますが、それでも、大丈夫でしょうか?
また毛利氏が安土城の何に刺激されたとお考えなのかよくわかりません。天正6年も翌7年も、信長は安土城天主を堺衆などに公開していますね。そのことでしょうか?

しかし、毛利氏が寺院建築と城郭を同次元で意識するものでしょうか。ご紹介の部分は、妙寿寺か西堂(人物でしょうが)に関わる寺院建築で、7つの堂宇を建立するということですよね。それが安土城天主と何か関係があったり、毛利氏が意識した所産なのでしょうか? あるいは「七塔」を七重塔とお考えでしょうか? おそらく七重塔ではないと思います。

とりあえずはそれくらいで勘弁して下さい。
2007/10/12(Fri) 00:09 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。