歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、都内某所にて、某雑誌の取材を受ける。

表題に関連した雑誌企画についての取材。
事前に作品論か、それとも薩摩から見た幕末・近代史か、ちょっととした手違いでよく絞りきれないまま取材に応じる。

やはり筆名とのからみで、桐野利秋のことを詳しく聞かれた。
中村から桐野への改姓事情、西南戦争開戦における桐野の立場はどうだったかなどを話す。
ちなみに、小生の桐野は本名で、下が筆名です。

ほかに司馬作品との出会いや、「翔ぶが如く」を読んだときの感想などを聞かれた。
歴史に興味をもちはじめたきっかけが、中学生のとき、明治維新100年記念のイベントだったこと。また今の仕事をするきっかけになったのも、大河「翔ぶが如く」と関わっていたことなどを話す。

考えてみれば、小生の自己形成において、司馬作品に随所でお世話になったことに改めて気づく。

ついでにいえば、誕生日が大久保利通の命日と同じである。やはり何かと縁があるようである。
スポンサーサイト

【2007/10/12 15:44】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

鹿児島へ行ってきました!
ぶるぼん
桐野先生、遅くなりましたが『風林火山』の項にトラックバック貼らせていただきました。よろしくお願いします。
10月9~11日の3日間、鹿児島市内と指宿へ取材に行ってきました。天気に恵まれず桜島が見えたのは最終日だけでした。観光案内所でもらった市内マップを頼りに幕末維新の偉人たちの関連史跡を片っ端から撮ってきました。やはり市電とレンタサイクルが便利ですね。
指宿は篤姫観光ボランティアの案内コースです。観光協会の方は先生の「さつま人国誌」もしっかりスクラップしていました。
ところで先生は鹿児島出身ですが、やはり桐野利秋公の血筋なのでしょうか?

羨ましいですね
桐野
ぶるぼんさん、こんにちは。

いい季節に行かれましたね。

鹿児島市内観光はレンタサイクルもありますか。知りませんでした。どこで貸しているんでしょうか? 料金とかは?

指宿はさぞや観光客が多いことでしょう。今和泉家の墓や海岸近くの仮屋跡なども行かれたのでしょうね。今和泉小学校内のゆかりの樹木(樹名失念)や手水鉢なども見学されたのでしょうか。

私は、桐野利秋とは親戚ではありません。親戚だったらよかったですけどね(笑)。

行ってビックリ!
ぶるぼん
 先生、コメントありがとうございます。最初は鹿児島市内の東横インで宿泊しようと考えていたのでが、駅前にあった看板を見てビックリ!
 鹿児島中央西口から徒歩1分のところに、ドミトリータイプの安宿があったのです。まさに新今宮(あいりん地区)並みの安さで、一泊1500円~(個室2500円)、一ヵ月3万円で東京の家賃より安いです(笑)。レンタサイクルはそこで1日500円で貸し出していました。重い荷物を背負っての行動では機動力を発揮できますね。
 この宿元々は沖縄で一泊1000円~で初めたものですが、ついに鹿児島へも進出したようです。衛生面はよいとはいえず、線路沿いなので快適な環境とはいい難いのですが、結構長期滞在している方も多いようで、外国人バックパッカーも多数みられました。
 谷山駅前にも一泊2500円という看板がありましたし、こういう宿が流行っているのでしょうか。
 あと市電の一日乗車券600円は、市内バスや観光地を周回するシティビューにも乗れて、城山や磯庭園に行くのに大変便利でした。
 あと、指宿で観光ボランティアを予約したのは、やはり学校敷地内にある関連史跡を見学したかったからです。事務員に断れば見学できるとは聞きましたが、やはり見ず知らずのおっさんがいきなり訪問するのは抵抗ありましたしね。伊東祐亨生誕地もそれで諦めました。他の生誕地は敷地内にあってもていねいに外に碑が立っていて撮影できるようになっていましたが。もっと驚いたのは谷山の伝・豊臣秀頼の墓。個人宅の敷地内にありました。ここはさすがに屋敷の方に断って撮影しましたが。


旅慣れてますね
桐野
ぶるぼんさん、こんにちは。

鹿児島中央駅西口といえば、裏手のほうですね。そちらには安宿がたくさんあるようですね。レンタサイクルも安くていいです。市内観光はそれで十分できそうですね。

伝・豊臣秀頼の墓も行かれましたか。すごい。私は未見です。
鎌倉時代の宝篋印塔だったか五輪塔のようですが(笑)。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
鹿児島へ行ってきました!
桐野先生、遅くなりましたが『風林火山』の項にトラックバック貼らせていただきました。よろしくお願いします。
10月9~11日の3日間、鹿児島市内と指宿へ取材に行ってきました。天気に恵まれず桜島が見えたのは最終日だけでした。観光案内所でもらった市内マップを頼りに幕末維新の偉人たちの関連史跡を片っ端から撮ってきました。やはり市電とレンタサイクルが便利ですね。
指宿は篤姫観光ボランティアの案内コースです。観光協会の方は先生の「さつま人国誌」もしっかりスクラップしていました。
ところで先生は鹿児島出身ですが、やはり桐野利秋公の血筋なのでしょうか?
2007/10/13(Sat) 00:57 | URL  | ぶるぼん #41Gd1xPo[ 編集]
羨ましいですね
ぶるぼんさん、こんにちは。

いい季節に行かれましたね。

鹿児島市内観光はレンタサイクルもありますか。知りませんでした。どこで貸しているんでしょうか? 料金とかは?

指宿はさぞや観光客が多いことでしょう。今和泉家の墓や海岸近くの仮屋跡なども行かれたのでしょうね。今和泉小学校内のゆかりの樹木(樹名失念)や手水鉢なども見学されたのでしょうか。

私は、桐野利秋とは親戚ではありません。親戚だったらよかったですけどね(笑)。
2007/10/13(Sat) 15:02 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
行ってビックリ!
 先生、コメントありがとうございます。最初は鹿児島市内の東横インで宿泊しようと考えていたのでが、駅前にあった看板を見てビックリ!
 鹿児島中央西口から徒歩1分のところに、ドミトリータイプの安宿があったのです。まさに新今宮(あいりん地区)並みの安さで、一泊1500円~(個室2500円)、一ヵ月3万円で東京の家賃より安いです(笑)。レンタサイクルはそこで1日500円で貸し出していました。重い荷物を背負っての行動では機動力を発揮できますね。
 この宿元々は沖縄で一泊1000円~で初めたものですが、ついに鹿児島へも進出したようです。衛生面はよいとはいえず、線路沿いなので快適な環境とはいい難いのですが、結構長期滞在している方も多いようで、外国人バックパッカーも多数みられました。
 谷山駅前にも一泊2500円という看板がありましたし、こういう宿が流行っているのでしょうか。
 あと市電の一日乗車券600円は、市内バスや観光地を周回するシティビューにも乗れて、城山や磯庭園に行くのに大変便利でした。
 あと、指宿で観光ボランティアを予約したのは、やはり学校敷地内にある関連史跡を見学したかったからです。事務員に断れば見学できるとは聞きましたが、やはり見ず知らずのおっさんがいきなり訪問するのは抵抗ありましたしね。伊東祐亨生誕地もそれで諦めました。他の生誕地は敷地内にあってもていねいに外に碑が立っていて撮影できるようになっていましたが。もっと驚いたのは谷山の伝・豊臣秀頼の墓。個人宅の敷地内にありました。ここはさすがに屋敷の方に断って撮影しましたが。
2007/10/13(Sat) 21:47 | URL  | ぶるぼん #41Gd1xPo[ 編集]
旅慣れてますね
ぶるぼんさん、こんにちは。

鹿児島中央駅西口といえば、裏手のほうですね。そちらには安宿がたくさんあるようですね。レンタサイクルも安くていいです。市内観光はそれで十分できそうですね。

伝・豊臣秀頼の墓も行かれましたか。すごい。私は未見です。
鎌倉時代の宝篋印塔だったか五輪塔のようですが(笑)。
2007/10/14(Sun) 12:14 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。