歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、霞会館に出かける。

重富島津家の当主晴久氏からのお誘い。
私の郷里の先輩で、私に会いたいという方を紹介して下さる。
南日本新聞の連載で薩州島津家のことを書いたのを目に止めていただいたらしい。

霞会館は改装されて、雰囲気が変わっていた。
フロントの位置なども変わっており、少し戸惑う。

薩州家や島津本家の話などで、時間の経つのも忘れるくらい話し込む。
薩州島津家について、郷里の方からいろいろな話を教えてもらう。
史料と伝承のはざまにある逸話で、果たしてどこまで確かめられるか。
垂水島津家の家譜があるらしいとも聞く。ぜひ見たいものだ。

興味深かったのは、薩州島津家の6代義虎の叔父とされる島津忠兼の墓(出水市龍光寺墓地)が「イボの神様」として信仰されている件。
『出水の歴史と物語』によれば、忠兼は義虎にだまし討ちされて非業の最期を遂げたことになっている。
しかし、薩州家の系図には義虎の叔父(6代実久の弟)に該当者がいない。それはともあれ、非業の死を遂げたとされるようなことはあったのかもしれない。

そして、興味深いのはそれが「イボの神様」に転化している現象。そこからひとつの連想が働いた。

太守義久の家督を家久と争った垂水島津家の忠仍の子で、新城島津家の久章は島津本家の系図を持ち出して出奔し高野山にこもるが、家久側に発見されて、谷山(現・鹿児島市下福元町)の清泉寺に幽閉され、乱心を理由に殺害された。これにより、義久系統の男子は途絶えた。

この久章の墓が江戸時代以降、疱瘡の神様として祀られているのである。
島津忠兼といい、島津久章といい、非業の死を遂げたことと、その後、病気を治す神様に転化している共通点は単なる偶然ではないのではないか。

そのような話を、民俗学に造詣の深い晴久氏にしたら、盛んに頷かれて同意された。

たとえば、菅原道真・崇徳上皇・早良親王などのような、一種の祟り神信仰というか、御霊信仰に近いのではないだろうか。


それはともあれ、さすがに霞会館だと思ったのは、いろいろな有名人の子孫がおられることだ。
とくに晴久氏にお二人をご紹介していただき、感激した。

一人は松平春嶽のご子孫。
現在、福井市郷土歴史博物館の名誉館長をされている。春嶽と養嗣子茂昭の往復書簡を収めた『松平春嶽未公刊書簡集』について、少しお話しできた。

もう一人は、『兼見卿記』で有名な吉田兼見のご子孫。
何というか、いま『兼見卿記』の未公刊分の日記の輪読会をやっているだけに感無量だった。今度、拙著を送る約束をさせてもらう。

というわけで、意外な出会いがあった一日だった。
スポンサーサイト

【2007/10/17 21:28】 | 雑記
トラックバック(1) |

「垂水島津家家譜」
ばんない
…の原本でしょうか?
先日『垂水市史料集』のコピーを取り寄せたときには垂水島津家の家譜原本の所在は不詳となっていました。なので、『垂水市史料集』所収の「垂水島津家家譜」は写本から起こした物とのこと。
もし原本が出てきたとしたら、その流出ルートも含めて興味深いのですが…。

「イボ取りの神様」といえば、島津歳久にも類似の伝説が伝わっているようですね。なぜか安産の神様だとか(汗)

垂水島津家家譜
桐野
ばんないさん、こんばんは。

このところドタバタでレスが遅れてすみません。

~家譜ですが、私が聞いたのはそれとは別で、まだ活字化されていないのではないかと思います。所蔵先もはっきりしているのかどうか……。鹿児島のある研究者はご存じかもしれませんが。

金吾どんは安産の神様ですか。思わず笑ってしまいました。
さて、どういう連想でそうなるのでしょうね?



ばんない
こんばんは。追記ありがとうございます。

『垂水市史料集』所収の物とは違う家譜ですか。ということはまだ知られていない情報が載っている可能性もあるということですね。興味深いです。でも所蔵先もはっきりしていないとは…活字化するにしても先は遠そうですね…。

島津歳久安産の神様伝説は『宮之城町史』p.132に載っています。同じ話を他の郷土誌でも見たことがあります。


宮之城町史
桐野
ばんないさん、こんにちは。

レス遅れがちですみません。

「宮之城町史」は未見です。紹介有難うございました。

宮之城町は合併したんでしたっけね?



ばんない
こんばんは。

宮之城町は合併したと記憶していますが『宮之城町史』タイトルは合併してません(苦笑)確か合併直前に作られたものだとか聞いたことがあります。
小さな町の町史ですが、内容はかなり意欲的に作られていて、「宮之城島津家系図」の翻刻全文所収など、見所が多かった記憶があります。
ただ、国立国会図書館でも所蔵がなくて、私も鹿児島の図書館から取り寄せて読んだので、かなりの稀覯本かも知れません…。

お仕事お忙しいようで、余りコメントも無理なさらないで下さいませ。

取り寄せ!
桐野
ばんばいさん、こんばんは。

「宮之城町史」、念のため国会図書館データベースで検索しましたが、たしかにないですね。自治体史はふつう同館に献本する決まりになっているのではないかと思いますが……。

今度、帰鹿した折りにでも、県立図書館で探してみます。

ちょっと気になったのは、鹿児島の図書館から取り寄せられたとのこと。それって、図書館同士でのやりとりということでしょうか? 


ばんない
こんばんは。チャットモードになってきましたね(苦笑)

>ちょっと気になったのは、鹿児島の図書館から取り寄せられ
>たとのこと。それって、図書館同士でのやりとりということ
>でしょうか?
その通りでございます。
以前住んでいたところの図書館はなかなか力のある図書館?だったようで、無料で取り寄せしてもらってました。但し貸し出し不可でしたが。 今住んでいるところの図書館は権力無いのか、送料を実費で徴収されます。納得いかない…。


サービス進んでますね
桐野
ばんないさん、こんばんは。

チャットもまた楽しですね(笑)。

そうですか。最近はそんなサービスもありますか。
時間や手間がかかりますけど、利用者にとっては有難いですね。
私は以前、某国立大学が所蔵している史料の複写を申請したら、大学とか研究機関の図書館からなら何の問題もないのに、そうした所属のない一市民にはまったく便宜を図ってくれないですね。
公共施設なので、一応、居住先の自治体にある図書館からでも申請できるというエクスキューズをされたのですが、最寄りの区立図書館に問い合わせたら、ダメだといわれました。東京だと区立中央図書館クラスでないとダメなようで。

個人的には、所属のある研究者とそうでない一般人との差別を何とかしてくれないかなと思うことがたびたびです。



差別は憲法違反です(爆)
ばんない
…図書館の方でも、身元をはっきり把握している人にしか貸したくない本もあるんでしょうけど。たまにものすごく書き込み(しかもボールペン!)されて私物化されている本とかも見ますしねぇ…。それはまだましな方で、ページがごっそり抜けている本とかも見たことがあります。そこを読みたかったのに(涙)

ある本の取り寄せが不可能で、某研究所図書館にあることが判明したのですが、地元の図書館で申請して紹介状をもらってくれば見せてくれるとのこと。
…ここまで調べたんですが、その研究所の場所がすごく僻地で。…鹿児島に飛行機で飛ぶよりは遙かにましとは言え、どうも足が(^^;)

金子拓氏の報告について
市野澤 永
こんばんわ。


書き込みが続いて、お忙しい中で申し訳ございません。

川戸貴史氏の掲示板でも、ご紹介なされている

中世史研究会12月例会(名古屋)
日時 2010年12月17日(金)
時間 18:30~21:00(開場18:00)
会場 国鉄会館7階「桜・梅」(JR名古屋駅太閤通口から南に徒歩4分)
報告 金子拓氏
題目 「『兼見卿記』天正十年正本・別本をめぐって―吉田兼見の記憶と日記執筆作―」

行かれますか?
題目と報告者が目に留まり、桐野さんの守備範囲であり、
金子拓氏とご交友がおありなので、
事前に簡単な内容をお聞きしているのではとお尋ねした次第です。

既に終了していますが、
竹田市立歴史資料館様で企画展「『中川氏御年譜』とその時代」
が10月30日~11月14日まで行なわれていました。

1540年~19世紀後半までの岡藩内の災害・社会状況など
の出来事を事細かに記録している岡藩研究には欠かせない「中川氏御年譜」を中心に、
企画展では岡藩の祖・中川清秀に中国地方に1・2ヶ国与えることを約束する
織田信長からの朱印状や、豊臣秀吉が1594年(文禄3年)中川清秀の次男・秀成に、
三木城より豊後国岡への転封を命じた朱印状など約50点が展示されているそうです。
図録は1冊1,000円、送料290円。現金書留のみ。

◇竹田市立歴史資料館◇
住所 竹田市大字竹田1980番地
電話 0974-63-1923
開館 9:00~16:30
休館 月曜日(月曜日が祝日にあたる時は翌日休館)

【交通手段】
<電車>
JR:豊肥本線 豊後竹田 から 徒歩15分

桐野さんがご関心のある展示物は
・中川清秀肖像模本
・織田信長朱印状
・豊臣秀吉朱印状
といったところでしょうか。

それでは失礼します。



情報御礼
桐野
市野澤さん

また情報提供、有難うございます。
金子さんの報告については、ご本人からも連絡いただいております。
残念ながら、報告会には行けません。
金子さんによれば、拙著も俎上に乗るそうで、こわくてとても聴けません(笑)。

竹田市はさすがに遠いので、何とか図録だけでもと思っています。
竹田城といえば、島津義弘が苦戦した城でもありますし、あの高い石垣を一度は見上げてみたいものです。

今週届いた図録2冊
市野澤 永
こんばんわ。

お世話になります。

今週私の元へ届きました図録2冊は桐野さんの守備範囲でありますので、ご紹介させて下さい。

徳島城博物館にて、
平成22年10月23日~平成22年11月28日まで開催されていた
特別展「蜂須賀三代 正勝・家政・至鎮~25万石の礎~」
価格は1000円。現金書留のみです。
図録と一緒にパンフレット
「徳島藩主蜂須賀家歴代肖像画の世界」
を送付頂いたのですが、オールカラーで歴代藩主を紹介されていて、圧巻です。
これで無料とは贅沢過ぎます。
また、記念講演会
平成22年11月13日(土曜)13時30分~15時
「近世大名家の誕生~徳川家康・秀忠による婚姻政策~」福田千鶴氏
平成22年11月21日(日曜)13時30分~15時
「近世大名蜂須賀家の成立」三宅正浩氏
のレジュメも頂いたのですが、いずれも素晴らしい内容でした。

徳島城博物館のHP ↓

http://www.city.tokushima.tokushima.jp/johaku/index.shtml

現在、御花史料館にて開催中の
特別展「立花宗茂」(平成22年11月13日~平成23年1月10日)
の図録の価格は1500円。送料は160円。
できる限り、現金書留でお願いしています。

御花史料館のHP ↓

http://www.ohana.co.jp/museum/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「垂水島津家家譜」
…の原本でしょうか?
先日『垂水市史料集』のコピーを取り寄せたときには垂水島津家の家譜原本の所在は不詳となっていました。なので、『垂水市史料集』所収の「垂水島津家家譜」は写本から起こした物とのこと。
もし原本が出てきたとしたら、その流出ルートも含めて興味深いのですが…。

「イボ取りの神様」といえば、島津歳久にも類似の伝説が伝わっているようですね。なぜか安産の神様だとか(汗)
2007/10/19(Fri) 22:35 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
垂水島津家家譜
ばんないさん、こんばんは。

このところドタバタでレスが遅れてすみません。

~家譜ですが、私が聞いたのはそれとは別で、まだ活字化されていないのではないかと思います。所蔵先もはっきりしているのかどうか……。鹿児島のある研究者はご存じかもしれませんが。

金吾どんは安産の神様ですか。思わず笑ってしまいました。
さて、どういう連想でそうなるのでしょうね?
2007/10/22(Mon) 19:34 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。追記ありがとうございます。

『垂水市史料集』所収の物とは違う家譜ですか。ということはまだ知られていない情報が載っている可能性もあるということですね。興味深いです。でも所蔵先もはっきりしていないとは…活字化するにしても先は遠そうですね…。

島津歳久安産の神様伝説は『宮之城町史』p.132に載っています。同じ話を他の郷土誌でも見たことがあります。
2007/10/23(Tue) 21:13 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
宮之城町史
ばんないさん、こんにちは。

レス遅れがちですみません。

「宮之城町史」は未見です。紹介有難うございました。

宮之城町は合併したんでしたっけね?
2007/10/25(Thu) 08:30 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。

宮之城町は合併したと記憶していますが『宮之城町史』タイトルは合併してません(苦笑)確か合併直前に作られたものだとか聞いたことがあります。
小さな町の町史ですが、内容はかなり意欲的に作られていて、「宮之城島津家系図」の翻刻全文所収など、見所が多かった記憶があります。
ただ、国立国会図書館でも所蔵がなくて、私も鹿児島の図書館から取り寄せて読んだので、かなりの稀覯本かも知れません…。

お仕事お忙しいようで、余りコメントも無理なさらないで下さいませ。
2007/10/25(Thu) 17:31 | URL  | ばんない #-[ 編集]
取り寄せ!
ばんばいさん、こんばんは。

「宮之城町史」、念のため国会図書館データベースで検索しましたが、たしかにないですね。自治体史はふつう同館に献本する決まりになっているのではないかと思いますが……。

今度、帰鹿した折りにでも、県立図書館で探してみます。

ちょっと気になったのは、鹿児島の図書館から取り寄せられたとのこと。それって、図書館同士でのやりとりということでしょうか? 
2007/10/25(Thu) 23:17 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。チャットモードになってきましたね(苦笑)

>ちょっと気になったのは、鹿児島の図書館から取り寄せられ
>たとのこと。それって、図書館同士でのやりとりということ
>でしょうか?
その通りでございます。
以前住んでいたところの図書館はなかなか力のある図書館?だったようで、無料で取り寄せしてもらってました。但し貸し出し不可でしたが。 今住んでいるところの図書館は権力無いのか、送料を実費で徴収されます。納得いかない…。
2007/10/25(Thu) 23:42 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
サービス進んでますね
ばんないさん、こんばんは。

チャットもまた楽しですね(笑)。

そうですか。最近はそんなサービスもありますか。
時間や手間がかかりますけど、利用者にとっては有難いですね。
私は以前、某国立大学が所蔵している史料の複写を申請したら、大学とか研究機関の図書館からなら何の問題もないのに、そうした所属のない一市民にはまったく便宜を図ってくれないですね。
公共施設なので、一応、居住先の自治体にある図書館からでも申請できるというエクスキューズをされたのですが、最寄りの区立図書館に問い合わせたら、ダメだといわれました。東京だと区立中央図書館クラスでないとダメなようで。

個人的には、所属のある研究者とそうでない一般人との差別を何とかしてくれないかなと思うことがたびたびです。

2007/10/26(Fri) 00:01 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
差別は憲法違反です(爆)
…図書館の方でも、身元をはっきり把握している人にしか貸したくない本もあるんでしょうけど。たまにものすごく書き込み(しかもボールペン!)されて私物化されている本とかも見ますしねぇ…。それはまだましな方で、ページがごっそり抜けている本とかも見たことがあります。そこを読みたかったのに(涙)

ある本の取り寄せが不可能で、某研究所図書館にあることが判明したのですが、地元の図書館で申請して紹介状をもらってくれば見せてくれるとのこと。
…ここまで調べたんですが、その研究所の場所がすごく僻地で。…鹿児島に飛行機で飛ぶよりは遙かにましとは言え、どうも足が(^^;)
2007/10/29(Mon) 15:17 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
金子拓氏の報告について
こんばんわ。


書き込みが続いて、お忙しい中で申し訳ございません。

川戸貴史氏の掲示板でも、ご紹介なされている

中世史研究会12月例会(名古屋)
日時 2010年12月17日(金)
時間 18:30~21:00(開場18:00)
会場 国鉄会館7階「桜・梅」(JR名古屋駅太閤通口から南に徒歩4分)
報告 金子拓氏
題目 「『兼見卿記』天正十年正本・別本をめぐって―吉田兼見の記憶と日記執筆作―」

行かれますか?
題目と報告者が目に留まり、桐野さんの守備範囲であり、
金子拓氏とご交友がおありなので、
事前に簡単な内容をお聞きしているのではとお尋ねした次第です。

既に終了していますが、
竹田市立歴史資料館様で企画展「『中川氏御年譜』とその時代」
が10月30日~11月14日まで行なわれていました。

1540年~19世紀後半までの岡藩内の災害・社会状況など
の出来事を事細かに記録している岡藩研究には欠かせない「中川氏御年譜」を中心に、
企画展では岡藩の祖・中川清秀に中国地方に1・2ヶ国与えることを約束する
織田信長からの朱印状や、豊臣秀吉が1594年(文禄3年)中川清秀の次男・秀成に、
三木城より豊後国岡への転封を命じた朱印状など約50点が展示されているそうです。
図録は1冊1,000円、送料290円。現金書留のみ。

◇竹田市立歴史資料館◇
住所 竹田市大字竹田1980番地
電話 0974-63-1923
開館 9:00~16:30
休館 月曜日(月曜日が祝日にあたる時は翌日休館)

【交通手段】
<電車>
JR:豊肥本線 豊後竹田 から 徒歩15分

桐野さんがご関心のある展示物は
・中川清秀肖像模本
・織田信長朱印状
・豊臣秀吉朱印状
といったところでしょうか。

それでは失礼します。

2010/11/29(Mon) 20:16 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
情報御礼
市野澤さん

また情報提供、有難うございます。
金子さんの報告については、ご本人からも連絡いただいております。
残念ながら、報告会には行けません。
金子さんによれば、拙著も俎上に乗るそうで、こわくてとても聴けません(笑)。

竹田市はさすがに遠いので、何とか図録だけでもと思っています。
竹田城といえば、島津義弘が苦戦した城でもありますし、あの高い石垣を一度は見上げてみたいものです。
2010/11/29(Mon) 23:58 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
今週届いた図録2冊
こんばんわ。

お世話になります。

今週私の元へ届きました図録2冊は桐野さんの守備範囲でありますので、ご紹介させて下さい。

徳島城博物館にて、
平成22年10月23日~平成22年11月28日まで開催されていた
特別展「蜂須賀三代 正勝・家政・至鎮~25万石の礎~」
価格は1000円。現金書留のみです。
図録と一緒にパンフレット
「徳島藩主蜂須賀家歴代肖像画の世界」
を送付頂いたのですが、オールカラーで歴代藩主を紹介されていて、圧巻です。
これで無料とは贅沢過ぎます。
また、記念講演会
平成22年11月13日(土曜)13時30分~15時
「近世大名家の誕生~徳川家康・秀忠による婚姻政策~」福田千鶴氏
平成22年11月21日(日曜)13時30分~15時
「近世大名蜂須賀家の成立」三宅正浩氏
のレジュメも頂いたのですが、いずれも素晴らしい内容でした。

徳島城博物館のHP ↓

http://www.city.tokushima.tokushima.jp/johaku/index.shtml

現在、御花史料館にて開催中の
特別展「立花宗茂」(平成22年11月13日~平成23年1月10日)
の図録の価格は1500円。送料は160円。
できる限り、現金書留でお願いしています。

御花史料館のHP ↓

http://www.ohana.co.jp/museum/
2010/12/03(Fri) 19:39 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
民俗学民俗学(みんぞくがく)は、信仰・風習・伝承を研究し、伝統的な文化や思考様式、それらの変遷を明らかにしようとする学問である。もっとも、現在では民俗学の性質について様々な学説が存在しており、現代民俗論も民俗学の大きな分野となっている。.wikilis{font-size
2007/10/19(Fri) 12:03:16 |  むべなるかな都市伝説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。