歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第29回
―西郷隆盛と月照の密会―

連載が更新になりました。
左側のリンク欄「さつま人国誌」からご覧になれます。

今回から3回にわたって、京都五山のひとつ、東福寺の塔頭・即宗院にまつわる話を書く予定です。

今回は即宗院の紹介と、西郷が揮毫した「東征戦亡の碑」ができるまでを書きました。
即宗院をはじめて訪れたとき、驚いたのはこの巨大な石碑群でした。
供養碑が5基、西郷の揮毫碑が1基、計6基が居並ぶ姿は壮観です。
戊辰戦争の薩軍戦死者すべての名前が刻まれています。
戊辰戦争の戦死者をもっとも畏敬し、明治政府の官吏の腐敗堕落を嘆いたのは西郷その人でした。戦死者名をすべて刻んだことには、西郷の意向が影響しているかもしれません。

次回は、「人斬り」新兵衛こと、田中新兵衛について書く予定です。
スポンサーサイト

【2007/10/20 19:01】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


まいたけ
 いよいよ即宗院のはじまりですね!

 即宗院は、11月が特別公開でしたから、タイミングがいいですね。特別公開を意識したのでしょうか?(笑)

 東福寺は紅葉も名所で、その一番奥まったところにある即宗院の紅葉も、きっとステキでしょうね。
 
 即宗院にまつわる連載、あと二回も楽しみにしています!

 リクエスト
 中井桜洲も取り上げてくださ~い。
 
 



中井桜洲は
桐野
まいたけさん、こんばんは。

即宗院は3回の予定です。
田中新兵衛と有村新七の父上を書かないといけません。
そうなると……。

中井については、脱藩や後藤象二郎との関係に興味があるんですけどね。別立てで考えます。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
 いよいよ即宗院のはじまりですね!

 即宗院は、11月が特別公開でしたから、タイミングがいいですね。特別公開を意識したのでしょうか?(笑)

 東福寺は紅葉も名所で、その一番奥まったところにある即宗院の紅葉も、きっとステキでしょうね。
 
 即宗院にまつわる連載、あと二回も楽しみにしています!

 リクエスト
 中井桜洲も取り上げてくださ~い。
 
 

2007/10/21(Sun) 07:33 | URL  | まいたけ #BKdQhP/Q[ 編集]
中井桜洲は
まいたけさん、こんばんは。

即宗院は3回の予定です。
田中新兵衛と有村新七の父上を書かないといけません。
そうなると……。

中井については、脱藩や後藤象二郎との関係に興味があるんですけどね。別立てで考えます。


2007/10/22(Mon) 19:37 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。