歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の中、久しぶりにW大学大学院のK保ゼミに参加。
後期になって3回目だが、私は今回が初めて。過去2回は仕事の都合で行けなかった。

戦国島津氏の基本史料である『上井覚兼日記』をテキストにしている。
相変わらず天正2年である。
これまで同様、川上久隅の藺牟田地頭を辞める辞めないの綱引きがつづき、一方で、島津忠長と平田宗張の贓物をめぐる訴訟沙汰も解決していない。

大名「公儀」としての島津義久の裁定に、みななかなか従おうとしない。家中の一揆構造がなお強固な印象だ。義久は生涯、家中の揉め事に悩まされたつづけたように思える。

私から少し質問したのが、「御老中」と「寄合中」の違いについて。
ほぼ同義ではないかとされていたが、やはり使い分けてある以上、意味が違うのではないかと思った。
他のメンバーやK保先生からも、事例をもう少し集めるべきだが、どうやら構成員が違う。老中に覚兼など奏者(御使衆)を加えたのが「寄合中」ではないかという意見あり。

この方面の先行研究である福島金治氏『戦国大名島津氏の領国形成』(吉川弘文館)にも「寄合中」についての分析はとくにないように思う。

もし「寄合中」が老中に奏者を加えた構成員なら、島津氏の意思決定過程における位置づけがそれなりに必要かもしれない。
とくに奏者の役割が問題になるだろう。奏者はたとえば、訴訟沙汰で当事者たちの意見を聴取して、それを老中に報告したり、あるいは老中の評定結果を大名の義久に報告し、その下知を仰いで、さらに老中に伝達したりする。

とくに義久と老中の間に介して、その意思疎通を円滑にする役割はありそうだ。あるいは、義久に直属していることで、大名当主による老中への規制・監視の役割も想定すべきなのか。
いろいろ検討することが多そうである。

あと興味深かったのが、「御小人弥三郎殿」という人物。
報告でも誰だかよくわからない。ほかに登場しないとのこと。
おそらく義久の小姓ではないか、義久が就寝中か何かの都合で、覚兼ら奏者が対面できなかったので、弥三郎が取り次いだということではないかと意見を述べてみた。
K保先生から、弥三郎が義久の意図を忖度するなど、ある程度力を持っていた可能性もあるとの指摘に、なるほどと思った。

それと、ちょっと疑問を呈するだけの勇気がなかったが、報告レジュメのなかで、「小人」の意味が日国から挙げられており、そのなかに「男色の相手の少年」というのがあった。じつはこれではないかと思っていたが、勇気がなくて、あえて指摘できなかった(爆)。

これが「源三郎殿」だったら、明らかに川上久朗だったのにと思ったのだが、「弥三郎殿」が誰だか、すぐ思い浮かばない。
武田信玄と春日源助の例を持ち出すまでもなく、義久の場合もそのようなことを想定してもおかしくないのではと思ったが……。
スポンサーサイト

【2007/10/26 22:57】 | 戦国島津
トラックバック(0) |

寄合中と談合
たべのむらじ
はじめてコメントさせていただきます。中世後期の南九州を多少研究しておるものです。
『上井覚兼日記』に頻出する「寄合中」について、老中+奏者とのご意見ですが、「寄合」と似た表現で「談合」も頻出します。この「談合」の参加者については、山口研一さんが論文(「戦国期島津氏の家臣団編成」『史報』8,1987年)の中で、地頭以上、老中・奏者・御一家までをも含むと規定されています。「寄合中」と「談合」参加者とは分けて考えておられるのでしょうか?もしよろしかったら御教示下さい。


「史報」
桐野
たべのむらじさん、こんにちは。

貴重なコメント有難うございます。
そうでしたね。「談合」もありました。
山口さんによれば、地頭以上・老中・奏者・御一家まで含むととのこと。相当広い範囲ですね。
『上井覚兼日記』の天正2年条あたりでは、「寄合中」はそこまで広い範囲だとは読み取れません。そんなに多人数が集まっているようには見えないのです。

「談合」の場合は、よほど重大な案件を協議する場なのでしょうか?

なお、ご紹介の山口論文、私も存在は知っておりましたが、「史報」なる雑誌の居所が諸データベースでもつかめずにおりました。
日本史学大学院合同発表大会実行委員会編纂の雑誌のことでしょうか?
ついでで申し訳ないのですが、所蔵先や入手方法などご存じなら、ご教示いただければ有難いです。

義久の男色
御座候
近衛前久が島津義久に対して「若衆」を斡旋している書状が『薩藩旧記雑録』に収録されています。

近世の薩摩では男色文化が盛んであったことは有名ですが、そのハシリはこの辺りにあるのでしょうか?(笑)

若衆
桐野
御座候さん、こんばんは。

旧記雑録にもそんな記事がありましたか。
おそらく天正4年の前久の来薩のときでしょうかね。


史報
たべのむらじ
>「談合」の場合は、よほど重大な案件を協議する場なのでしょうか?

豊後侵攻や豊臣政権への対応を協議したのは「談合」だったと記憶しております。

>日本史学大学院合同発表大会実行委員会編纂の雑誌のことでしょうか?

そうです。私は10年以上前に入手したのですが、国立国会図書館から取り寄せたと記憶しております。

御礼
桐野
たべのむらじさん、こんばんは。

ご教示の文献、国会図書館のデータベースから探せました。有難うございます。
通常のやり方とは少し違うやり方で行ったら、ヒットしました。

「談合」はやはり重大問題の協議の場合に招集されるみたいですね。豊後攻めでは「談合」と「鬮取り」を併用しての意思決定だったのではないかと思います。かなり試行錯誤というか、蛇行しながらの決断だったように思います。
こちらもご教示有難うございました。

だいぶ後の記事になりますが
御座候
天正18年、島津義久上洛時の出来事です。

有難うございます
桐野
御座候さん、こんばんは。

天正18年でしたか。
確認してみます。
ご教示有難うございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
寄合中と談合
はじめてコメントさせていただきます。中世後期の南九州を多少研究しておるものです。
『上井覚兼日記』に頻出する「寄合中」について、老中+奏者とのご意見ですが、「寄合」と似た表現で「談合」も頻出します。この「談合」の参加者については、山口研一さんが論文(「戦国期島津氏の家臣団編成」『史報』8,1987年)の中で、地頭以上、老中・奏者・御一家までをも含むと規定されています。「寄合中」と「談合」参加者とは分けて考えておられるのでしょうか?もしよろしかったら御教示下さい。
2007/11/03(Sat) 00:30 | URL  | たべのむらじ #-[ 編集]
「史報」
たべのむらじさん、こんにちは。

貴重なコメント有難うございます。
そうでしたね。「談合」もありました。
山口さんによれば、地頭以上・老中・奏者・御一家まで含むととのこと。相当広い範囲ですね。
『上井覚兼日記』の天正2年条あたりでは、「寄合中」はそこまで広い範囲だとは読み取れません。そんなに多人数が集まっているようには見えないのです。

「談合」の場合は、よほど重大な案件を協議する場なのでしょうか?

なお、ご紹介の山口論文、私も存在は知っておりましたが、「史報」なる雑誌の居所が諸データベースでもつかめずにおりました。
日本史学大学院合同発表大会実行委員会編纂の雑誌のことでしょうか?
ついでで申し訳ないのですが、所蔵先や入手方法などご存じなら、ご教示いただければ有難いです。
2007/11/04(Sun) 10:27 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
義久の男色
近衛前久が島津義久に対して「若衆」を斡旋している書状が『薩藩旧記雑録』に収録されています。

近世の薩摩では男色文化が盛んであったことは有名ですが、そのハシリはこの辺りにあるのでしょうか?(笑)
2007/11/04(Sun) 12:58 | URL  | 御座候 #kz2iIBPw[ 編集]
若衆
御座候さん、こんばんは。

旧記雑録にもそんな記事がありましたか。
おそらく天正4年の前久の来薩のときでしょうかね。
2007/11/04(Sun) 23:09 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
史報
>「談合」の場合は、よほど重大な案件を協議する場なのでしょうか?

豊後侵攻や豊臣政権への対応を協議したのは「談合」だったと記憶しております。

>日本史学大学院合同発表大会実行委員会編纂の雑誌のことでしょうか?

そうです。私は10年以上前に入手したのですが、国立国会図書館から取り寄せたと記憶しております。
2007/11/05(Mon) 00:38 | URL  | たべのむらじ #psq.nIB.[ 編集]
御礼
たべのむらじさん、こんばんは。

ご教示の文献、国会図書館のデータベースから探せました。有難うございます。
通常のやり方とは少し違うやり方で行ったら、ヒットしました。

「談合」はやはり重大問題の協議の場合に招集されるみたいですね。豊後攻めでは「談合」と「鬮取り」を併用しての意思決定だったのではないかと思います。かなり試行錯誤というか、蛇行しながらの決断だったように思います。
こちらもご教示有難うございました。
2007/11/05(Mon) 19:06 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
だいぶ後の記事になりますが
天正18年、島津義久上洛時の出来事です。
2007/11/05(Mon) 22:09 | URL  | 御座候 #kz2iIBPw[ 編集]
有難うございます
御座候さん、こんばんは。

天正18年でしたか。
確認してみます。
ご教示有難うございました。
2007/11/07(Wed) 01:24 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。