歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学館てらこや特別講座「大河ドラマ『篤姫』の見方2」

今次2回目の講座である。
前回から3週空きの変則開催だったため、教室が変わる。初めての教室もまたいいものだ。

将軍継嗣問題を個人的にも整理したかったので、改めて検討してみた。
どうしても越前松平家の『昨夢紀事』への依存度が高くなるのは致し方ない。中根雪江の詳細な記録・日記が有難い。

将軍継嗣候補が紀州慶福と一橋慶喜だけでなく、5人いたと解説したが、史料を読んでいたら、ほかにも蜂須賀斉裕(徳川家斉の男子)や「加州殿」(人名不明)もいたとあってあわてる(汗)。

水戸斉昭の豪放さが将軍継嗣問題では裏目に出て、むしろ、粗暴、はた迷惑という感じで見られているのがよくわかる。一橋派の内部でも、島津斉彬が松平慶永に斉昭と距離を置くようにアドバイスしているのが興味深かった。

それと、一番面白かったのは井伊家の『井伊家史料 幕末風雲探索書』所収の風聞書。
井伊直弼の諜報網は一橋家にも及んでおり、慶喜側近の平岡円四郎が語ったことが出入りの医師を通じて、井伊側に筒抜けになっている。
そして、将軍継嗣が紀州慶福に決定したとき、慶喜が「呉々も残念」「殊外の御不満」だったことがよくわかる。
慶喜は将軍継嗣問題に消極的だったという通説を覆す内容で、とても面白かった。

次回は来週の6日(火)と一週間空きという変則開催です。
受講生のみなさん、ご注意下さい。
スポンサーサイト

【2007/10/31 00:02】 | てらこや
トラックバック(0) |

加州殿
ばんない
こんばんは。

加州殿ですが、前田慶寧の可能性はないでしょうか。
ただ、彼の母方祖母であるお美代の方が実権保持のために彼を将軍継嗣にしようとして失敗したようですが…天保年間のことのようです。

天保年間に芽が無くなったはずの前田慶寧が将軍継嗣として浮上していたなら興味深い話です。

前田慶寧
桐野
ばんないさん、こんばんは。

「加州殿」は前田慶寧(よしやす)の可能性がありますか。

私はよく知らないのですが、たしかに前田家当主ですから、加賀守を名乗っていますし、生母が将軍家斉の21女!の偕子ですから、徳川家の血統ではありますね。
ただ、女系ですから、継嗣候補としては本来無理がありますね。

私はほかに加賀守がいないか、『柳営補任』を調べてみましたが、みな譜代大名か旗本ばかりなので、前田慶寧が該当する可能性は高いと思います。

ご指摘有難うございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
加州殿
こんばんは。

加州殿ですが、前田慶寧の可能性はないでしょうか。
ただ、彼の母方祖母であるお美代の方が実権保持のために彼を将軍継嗣にしようとして失敗したようですが…天保年間のことのようです。

天保年間に芽が無くなったはずの前田慶寧が将軍継嗣として浮上していたなら興味深い話です。
2007/10/31(Wed) 01:00 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
前田慶寧
ばんないさん、こんばんは。

「加州殿」は前田慶寧(よしやす)の可能性がありますか。

私はよく知らないのですが、たしかに前田家当主ですから、加賀守を名乗っていますし、生母が将軍家斉の21女!の偕子ですから、徳川家の血統ではありますね。
ただ、女系ですから、継嗣候補としては本来無理がありますね。

私はほかに加賀守がいないか、『柳営補任』を調べてみましたが、みな譜代大名か旗本ばかりなので、前田慶寧が該当する可能性は高いと思います。

ご指摘有難うございました。
2007/10/31(Wed) 20:22 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。