歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第31回
―有馬新七 父そばに眠れず―

拙コラムが更新されました。
左のリンク欄「さつま人国誌」にアクセスすればご覧になれます。

今回は、寺田屋事件で闘死した有馬新七とその父正直のことについて書きました。正直は近衛忠熈夫人となった郁姫(島津斉宣の娘、同斉興の養女)の付き人として上京し、在京期間は十数年に及び、京都でなくなり、即宗院に葬られています。

しかし、伏見寺田屋で闘死した新七は「逆臣」とされたため、即宗院には葬られませんでした。

即宗院墓所を訪れたとき、正直の墓の横に、新七と一緒に串刺しになった道島五郎兵衛の墓があるのを、因縁だと感じました。
新七が即宗院に眠れなかったのは無念だったかもしれないという感慨が、今回の執筆動機となりました。


スポンサーサイト

【2007/11/03 19:48】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

大阪福島の妙徳寺も書いてくれ
アリア・ヴァレリ
 畿内の菩提寺もいいですが、大阪福島の妙徳寺について書く予定ありませんか?。といいますのも大久保利通の祖父大久保正左衛門や享和2年死亡の山本権兵衛の祖父七郎盛賢が埋葬されたそうですから。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大阪福島の妙徳寺も書いてくれ
 畿内の菩提寺もいいですが、大阪福島の妙徳寺について書く予定ありませんか?。といいますのも大久保利通の祖父大久保正左衛門や享和2年死亡の山本権兵衛の祖父七郎盛賢が埋葬されたそうですから。
2008/10/22(Wed) 19:24 | URL  | アリア・ヴァレリ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。