歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真木和泉の入薩を書いていたら、幕末にはけっこう有名人が薩摩を訪ねているのを思い出した。
勝海舟、ジョン万次郎、中岡慎太郎、井上聞多も来ている。たしか桂小五郎も来ていたのではなかったか。外国人ではパークスもアーネスト・サトウも来ている。
そして、一番有名なのは坂本龍馬とお龍の新婚旅行だろう。

龍馬の入薩は二回ある。
一度目は慶応元年(1865)5月。
二度目は同2年3月~6月はじめまで。
薩長同盟の成立に奔走し、そのために伏見寺田屋で幕吏に襲撃されて負傷し、治療も兼ねてお龍と入薩したのは二回目のほうである。高千穂峰に登山し、塩浸温泉で療養した話はあまりにも有名である。同温泉には二人の新婚旅行の銅像↓まで建っている。
塩浸温泉龍馬像

ここで取り上げたいのは、あまり知られていない一度目の入薩である。西郷家に宿泊し、糸子夫人が龍馬の求めに応じて着古しの褌を貸したので、西郷に叱られたという逸話が人口に膾炙している。

龍馬本人の道中日記「坂本龍馬手帳摘要」(『坂本龍馬全集』光風社出版)によれば、このとき、龍馬が鹿児島城下に滞在したのは5月1日から16日までの半月ほど。その間に龍馬が誰に会い、どのような行動をとったか、褌の逸話以外は伝わっていない。

その後、龍馬は鹿児島城下を発って、熊本に隠棲中の横井小楠を訪ねるために陸路、薩摩領内を北上した。ほぼ現在の国道3号線沿いに歩いたことが上記旅日記で確認できる。その間足かけ四日である。鹿児島城下から国境の出水まではおよそ100キロ。一日30キロ前後歩いた計算になる。折からもっとも天候のよい季節であり、龍馬の旅も快適だったに違いない。
なぜわずか四日間にこだわるかといえば、小生の郷里出水を通過し、貴重な記録を残してくれているからである。時系列に沿って見てみよう。

5/16
昼過ぎ、鹿児島城下を発ち、伊集院を経て市来に宿泊。

5/17
川内(現・薩摩川内市)を通過。川内川の渡河地点が海から三里ほど遡った所なのに海船が入ってくるほど「水深シ」と記す。川内川は九州でも有数の大河である。この日は大川(現・阿久根市)に宿泊。

5/18
阿久根宿から野田に入る。「皆地巻士也」と記す。これは在地の郷士という意味だろう。

そして出水郷に至る。薩摩藩内にある100以上の外城でも一、二を争う規模である。成人の郷士だけでも1000人以上いた。もっとも、郷士たちの多くが集住する麓は内陸部にあるため、龍馬はそちらには立ち寄っておらず、海岸に近い村や町、浦(漁村)を歩いている。

泉米津(現・出水市米ノ津)までの間平原、然ニ水少シ物多シ、ハゼノ木多シ」と、龍馬は出水郷の地理・風俗を記す。
たしかに出水平野は鹿児島県で一番広い平野で穀倉地帯だから、「平原」という形容はぴったりである。「物多シ」というのは鹿児島の他の地域より物産が豊かだったということだろう。

面白いのは「ハゼノ木多シ」と記している点だ。たしかに郷里にはロウソクの原料となる櫨の木が多い。小生も子どもの頃、雨上がりに櫨の木の下を通ったため、漆かぶれ(郷里では「ハゼまけ」と呼んだ)になった経験があるから、龍馬の記録に合点がいった。

その後、龍馬は国境を越える手続きをする。米ノ津で町役人の右下直右衛門という人と交渉したらしい。右下という名字は聞き慣れない。当て字だろうか。「うした」と読むのかもしれない。

龍馬は国境の番所を「野間原泉口番所」と記している。出水口の関所は野間関といったから、龍馬の記録はほぼ正確である。
龍馬は番所で、先の直右衛門に「書テ与ヘバ、必ズ罷出ル筈ナリ」とする。これは通行手形のことだろうか。

この日、日記には記述がないが、龍馬は米ノ津に宿泊したのだろう。名前のとおり、米の積出港としてよく知られていた。
古くは、豊臣秀吉の島津攻めのときも秀吉は肥後から海路、この港に上陸している。そして龍馬ののち、西南戦争でも西郷軍の半分はこの港から船に乗って熊本城をめざした。

5/19
龍馬は米ノ津から船に乗って、海路熊本に向かった。
陸路をとらなかったのは、国境を越えてしばらく行くと三太郎峠という難所があるためだろう。現在もなかなかの難路だから、当時はもっと険路だったに違いない。これを避けて海路を選んだのだと思う。
この日で日記はしばらく途切れて、5/23の太宰府まで飛ぶ。記録にはないが、龍馬を乗せた船はおそらく八代に着いたものと思われる。

以上である。
わずか四日間だし、道中日記という性格上、記述も簡略である。それでも、当時の我が郷里の様子が断片的ながらも印象的に書かれていたので感慨深い。

龍馬はこののち、太宰府で三条実美ら五卿と会う。このとき、五卿の一人、東久世通禧が「偉人なり、奇説家也」と龍馬を評したのは有名である。
さらに龍馬は長崎に行く。そこには薩摩藩家老小松帯刀が来ており、龍馬と意気投合し、亀山社中設立を援助する。
薩長同盟締結に向けた布石が徐々に形を表してくる時期でもあった。
スポンサーサイト

【2006/12/04 23:31】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



パルティアホースカラー
こんばんは。
興味深く読ませていただきました。

私は龍馬が第一回入薩の際に歩いた土地に詳しくないため、以前に「坂本龍馬手帳摘要」を読んだときには深く考えなかった部分についてもイメージができて、とても参考になりました。

龍馬の第一回入薩は、第二回入薩のときに比べて、恐らく政治的に重要な話し合いをしたことなどが想像されますね。あまり記録や逸話が残っていないらしいことを残念に思っています。

惜しいですね
桐野
パルティア・ホースカラーさま

コメント有難うございます。
たまたまうちの郷里のことが書いてあったので、土地勘があっただけのことです。
国境越えのあたり、もう少し詳しい情報があれば、藩外人の出入国の参考になったと思うのですが……。
たしかに、1回目の入薩では政治向きの話があったはずです。とくに薩摩側が龍馬に長州説得を依頼しようとしていたのではないかという気がします。
小松が長崎にいたのも偶然ではないでしょう。亀山社中への資金援助もこの仕事の反対給付だったかもしれません。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/05(Tue) 08:18 |   |  #[ 編集]
こんばんは。
興味深く読ませていただきました。

私は龍馬が第一回入薩の際に歩いた土地に詳しくないため、以前に「坂本龍馬手帳摘要」を読んだときには深く考えなかった部分についてもイメージができて、とても参考になりました。

龍馬の第一回入薩は、第二回入薩のときに比べて、恐らく政治的に重要な話し合いをしたことなどが想像されますね。あまり記録や逸話が残っていないらしいことを残念に思っています。
2006/12/05(Tue) 22:34 | URL  | パルティアホースカラー #-[ 編集]
惜しいですね
パルティア・ホースカラーさま

コメント有難うございます。
たまたまうちの郷里のことが書いてあったので、土地勘があっただけのことです。
国境越えのあたり、もう少し詳しい情報があれば、藩外人の出入国の参考になったと思うのですが……。
たしかに、1回目の入薩では政治向きの話があったはずです。とくに薩摩側が龍馬に長州説得を依頼しようとしていたのではないかという気がします。
小松が長崎にいたのも偶然ではないでしょう。亀山社中への資金援助もこの仕事の反対給付だったかもしれません。

2006/12/06(Wed) 09:27 | URL  | 桐野 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。