歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京で本日発売の週刊朝日11/23号。ここです。
表紙が柴本幸さん。大河ドラマのきつい感じの由布姫とは打ってかわって柔らかい表情です。

で、「週刊司馬遼太郎」の「翔ぶが如く」編の第3回。
不肖、小生も登場しています。
が、恥ずかしい。写真が……。

それよりも、記事中にある川内高城温泉の西郷のマネキン写真は強烈ですね。編集スタッフもそう感じられたらしく、1頁大で強調してあります。この迫力には負けそうです。

ほかにも、坂本龍馬の身長が通説よりも低かったという記事あり。
ただ、鵜呑みにするのはどうか。
念のため付け加えれば、徳富蘇峰・蘆花兄弟の父で龍馬を実見した徳富一敬も、龍馬のことを「色の黒い大男」だと証言しています。
スポンサーサイト

【2007/11/13 16:04】 | 幕末維新
トラックバック(0) |


東京龍馬会の小名です。
週刊朝日、見ました。
私も、大河ドラマ「国取り物語」見ていました。高橋英樹の織田信長は、いまでも記憶に残っています。
また、東京龍馬会でお会いできることを楽しみにしています。

昔の人の身長
ばんない
龍馬の身長の話、全国紙でも話題になりましたが、web上にはあまり残ってないようです(URLはスポーツニッポンの記事です)。
江戸時代の人は日本史上最低の低身長だったようですから、そういう一般人から見ると推測169cmでも大男に見えたかも知れません。
ただ、着物の襟巾も身長同様変化しています。鎌倉時代の着物は約17cm、安土桃山時代の物は約13cmです。

そういえば西郷隆盛も大久保利通も180cmクラスだそうですから、平均的江戸時代人から見るとキングコング並の怪物に見えたでしょうね。

こちらこそ
桐野
小名さん、こんばんは。

コメント有難うございます。
久しくご無沙汰ですね。またお会いできるのを楽しみに。

龍馬の身長
桐野
ばんないさん、こんばんは。

龍馬の身長を推定する方法としては、龍馬が着用した羽織・袴が残っていますから、それからの計測が一番妥当性があると思います。
襟幅からの推定は誤差が大きいのではないかと思います。


ばんない
大昔の記事へのコメント申し訳ありません。

本日、今年最終の図書館通いをしてきました。
そこでようやく、この号を拝見して、「木崎原の島津義弘像」に匹敵する「温泉西郷像」なども拝見して爆笑(図書館だったので、心の中だけで)してきたのですが…




初めてご尊顔を拝見できたのですが、ちょっと想像と違っていたな、と(汗)失礼しました。

想像?
桐野作人
ばんないさん、おはようございます。

週刊朝日、ご覧になったのですね。恥ずかしい限りです。むしろ、その後に出た号でのコメントのほうが内容があったのですが(汗)。

あの高城温泉のイケメン西郷はすごいですねえ(笑)。
一体誰がつくったのか?

私の写真、どんな想像をされていたのかどうか不明ですが、もうこの話はなかったことにしましょう(笑)。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
週刊朝日、見ました。
私も、大河ドラマ「国取り物語」見ていました。高橋英樹の織田信長は、いまでも記憶に残っています。
また、東京龍馬会でお会いできることを楽しみにしています。
2007/11/13(Tue) 23:05 | URL  | 東京龍馬会の小名です。 #-[ 編集]
昔の人の身長
龍馬の身長の話、全国紙でも話題になりましたが、web上にはあまり残ってないようです(URLはスポーツニッポンの記事です)。
江戸時代の人は日本史上最低の低身長だったようですから、そういう一般人から見ると推測169cmでも大男に見えたかも知れません。
ただ、着物の襟巾も身長同様変化しています。鎌倉時代の着物は約17cm、安土桃山時代の物は約13cmです。

そういえば西郷隆盛も大久保利通も180cmクラスだそうですから、平均的江戸時代人から見るとキングコング並の怪物に見えたでしょうね。
2007/11/14(Wed) 21:44 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
こちらこそ
小名さん、こんばんは。

コメント有難うございます。
久しくご無沙汰ですね。またお会いできるのを楽しみに。
2007/11/15(Thu) 00:23 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
龍馬の身長
ばんないさん、こんばんは。

龍馬の身長を推定する方法としては、龍馬が着用した羽織・袴が残っていますから、それからの計測が一番妥当性があると思います。
襟幅からの推定は誤差が大きいのではないかと思います。
2007/11/15(Thu) 00:25 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
大昔の記事へのコメント申し訳ありません。

本日、今年最終の図書館通いをしてきました。
そこでようやく、この号を拝見して、「木崎原の島津義弘像」に匹敵する「温泉西郷像」なども拝見して爆笑(図書館だったので、心の中だけで)してきたのですが…




初めてご尊顔を拝見できたのですが、ちょっと想像と違っていたな、と(汗)失礼しました。
2007/12/21(Fri) 23:11 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
想像?
ばんないさん、おはようございます。

週刊朝日、ご覧になったのですね。恥ずかしい限りです。むしろ、その後に出た号でのコメントのほうが内容があったのですが(汗)。

あの高城温泉のイケメン西郷はすごいですねえ(笑)。
一体誰がつくったのか?

私の写真、どんな想像をされていたのかどうか不明ですが、もうこの話はなかったことにしましょう(笑)。
2007/12/23(Sun) 09:24 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。