歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室町・戦国期研究

リンク先の雑記@史華堂さんのブログで紹介されていた新刊
入手に少し手間取った。

編者である中世後期研究会というのはよく知らないが、若手の研究者の集まりだろうか。

13本の論文が収録されている。執筆者はいずれも若手。ほとんどが70年代生まれの人ばかりで、なかには80年代生まれの人もいる。

すべてを読んだわけではないが、とりあえず、問題関心が近いところからと、

平出真宣「戦国期政治権力論の展開と課題」

を一読。
戦国大名論についての先行研究をじつに手際よくまとめてある。
論点や課題が奈辺にあるのか、よくわかった。
研究がじつに多様性をもっていることを確認。
戦国大名を近世とつながる権力と評価する一方、それを相対化すべきだという見解も少なくない。また村落との対峙という近年重視されている課題、戦国大名がどこに基盤を置いているか、検地論の再検討を通じて最新の成果や問題点もよく浮き彫りになっている。
とくに織豊権力との段階差については、個人的に興味あるところで、大変勉強になった。

一口に戦国大名論といっても、1世紀ほどの長い時間があり、それをひとからげに論じられないというのもよくわかった。
とくに16世紀中葉に、ひとつの画期を認めるべきで、それ以降は戦国大名同士の全国統一戦争の時代に入るという指摘はそのとおりだろうと思った。

ほかにも、織豊期について、

尾下成敏「織田・豊臣政権下の地域支配―「一職支配」論の現在―」

という興味深い論文もある。
「一職支配」については、個人的に興味をもっていたテーマである。
先日、谷口克広氏とお会いしたときも、このテーマを詳しくうかがったほど。
これから読んでみたい。

スポンサーサイト

【2007/11/15 23:03】 | 新刊
トラックバック(0) |

中世後期研究会
御座候
>編者である中世後期研究会というのはよく知らないが、若手の研究者の集まりだろうか。

京大の早島・尾下・平出の3氏を創立メンバーとする「文殊の会」という、京阪の若手研究者たちによる研究会があるそうです。本書の執筆者の多くは、この「文殊の会」のメンバーらしいです。
ただ、メンバー以外の方にも声をかけて執筆してもらった関係上、「文殊の会編」と銘打つわけにもいかなくなり、急遽「中世後期研究会編」となったものと思われます。

ご教示多謝
桐野
御座候さん、こんばんは。

会の趣旨をご紹介いただき有難うございます。
御座候さんも参加されているのでしょうか。

残念ながら
御座候
基本的に関西圏で行われている研究会ですので、
東京在住の私は参加しておりません。


上に書いた情報は、伝聞情報です。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
中世後期研究会
>編者である中世後期研究会というのはよく知らないが、若手の研究者の集まりだろうか。

京大の早島・尾下・平出の3氏を創立メンバーとする「文殊の会」という、京阪の若手研究者たちによる研究会があるそうです。本書の執筆者の多くは、この「文殊の会」のメンバーらしいです。
ただ、メンバー以外の方にも声をかけて執筆してもらった関係上、「文殊の会編」と銘打つわけにもいかなくなり、急遽「中世後期研究会編」となったものと思われます。
2007/11/16(Fri) 20:04 | URL  | 御座候 #kz2iIBPw[ 編集]
ご教示多謝
御座候さん、こんばんは。

会の趣旨をご紹介いただき有難うございます。
御座候さんも参加されているのでしょうか。
2007/11/16(Fri) 22:51 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
残念ながら
基本的に関西圏で行われている研究会ですので、
東京在住の私は参加しておりません。


上に書いた情報は、伝聞情報です。


2007/12/05(Wed) 17:02 | URL  | 御座候 #kz2iIBPw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。