歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日昼過ぎ、富山での史料調査を終えてから帰京。
東京駅に着くと、その足でホテルオークラへ。

菊池寛賞授賞式(文芸春秋社)に出席のため。
マツノ書店の店主松村久氏の受賞に駆けつけた。
マツノ書店は拙ブログのリンク先でもあり、また度々紹介し、復刻本に何度か推薦文を書かせていただいた。

作品陳列

(受賞したマツノ書店の作品群、隣は小沢昭一氏分)

贈呈式には間に合わなかったが、パーティには間に合った。
着いてみると、ホテルの大広間は立錐の余地がないほど。1.000人以上はいただろう。

会場

人混みのなかを探して、すでに贈呈式から来ておられた大久保利泰(利通ご子孫)、勝田政治(国士舘大学教授、大久保利通研究者)、皆川真理子(東京龍馬会)の諸氏とようやく巡り会う。
そこへ、贈呈式を終えた松村氏も見え、お祝いの言葉を述べる。記念撮影もする。

立食形式だったので、フルコースでたくさん頂戴しました、はい。

大手出版社の文芸春秋社だけに、有名人も多かった。

受賞者では、

小沢昭一、市川団十郎、阿川弘之、桂三枝の諸氏を間近で見た。

作家・評論家は覚えているところで、

立花隆、保阪正康、半藤一利、宮城谷昌光、猪瀬直樹、椎名誠、大沢在昌、西木正明

などの諸氏を見かけた。

江夏豊氏もいた。

とにかくミーハーして、食べてました。

スポンサーサイト

【2007/12/07 22:54】 | 雑記
トラックバック(1) |


スタローン
こんにちは!
現在いろんなブログ応援しています。
応援ポチッ!

はじめまして。
富丸
こんにちは。富山在住の先生のファンなので、思わず書き込みしてしまいました。どのようなことについて調査をされたのか気になります。信長関連ででしょうか?越中は織田・上杉の攻防最前線で、魚津城の戦い、月岡野の戦いなどが興味深いところですが、史料的制約もあってよくわからないことが多いです。本能寺の変直前に光秀の密使が魚津篭城の上杉軍と連絡を取っていたという藤田達生氏の説もありますね。成果を期待しています。

ありがとうございます
桐野作人
富丸さん、はじめまして。

コメントいただき有難うございます。
富山にお住まいでしたか。魚はおいしくて、いい所ですね。
積雪しているのかと思っていたら、まったく雪はなく、東京と同じくらいの暖かでびっくりでした。重装備で行ったのですが(笑)。

目的は県文書館の所蔵する信長関係の史料調査でした。
前田家分家の富山藩には、「信長記」の筆者太田牛一の子孫が仕えていた関係から、史料が残されています。その調査でした。

特急で富山のひとつ前の駅が魚津でした。
私も柴田勝家らの魚津城攻めを思い出しました。
藤田説に関しては、拙著『だれが信長を殺したのか』(PHP新書)で触れています。よかったら、読んで下さいませ。

今後ともご愛顧下さいませ。


富丸
コメントありがとうございます。

地球温暖化の影響でしょうか。最近は暖冬が多いです。北国の住人にとっては助かるのですが・・・

御本は拝読しております。藤田説は書状の日付確定に関して問題があり内容からもおかしいということでしたね。
太田牛一子孫については、おそらくご存知のことと思いますが、何号か失念しましたが『富山史壇』に岡部二郎氏の論考が載っております。谷口先生の「織田信長家臣人名辞典」にも不明とされていた牛一の享年や、最近先生が甫庵本「信長記」の再評価を試みられましたが、牛一の子孫と小瀬甫庵の子孫が養子縁組しているなど意外な事実が載っていて興味深かったです。また「太田」ではなく正しくは「大田」だともありました。ただでさえ牛一の読みが「ぎゅういち」か、「うしかず」かわからないのに(笑)

太田牛一
桐野作人
富丸さん、こんばんは。

はい、その史料を見てきました。情報源はご紹介の岡部氏の論文です。
たしかに、知行安堵状などの宛所が「太田」ではなく「大田」になっていましたね。
牛一の享年も書かれている年譜もありました。
富丸さんは大変お詳しいですね。
もしかして、越中史壇会に属しておられるのでしょうか?
今後、織田・前田・佐々関係の論文や新史料などありましたら、教えて下さいませ(あつかましい)。

富山駅ビル内の書店に拙著をまだ目立つように並べてくれていて、感激でした。


拝復
富丸
恐れ入ります。私は富山史壇会とは縁もゆかりもない素人の好事家に過ぎません。たまに図書館でチェックしてる程度なので、お役に立てることはあまりないと思いますが・・・『富山史壇』の他に『日本海文化研究所紀要』http://www.city.toyama.toyama.jp/division/kyouikuiinkai/nihonkai/tosyo.htmや、『北陸の中世城郭』http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hinoki/7538/hsiro.htmlなどにも北陸戦国史関係の論文が載りますよ。

ご紹介多謝
桐野作人
富丸さん、こんばんは。

2つの研究会サイトのご紹介有難うございます。
日本海文化研究所の編纂した本を以前買ったような記憶があります。拙ブログのはじめのほうで紹介したような。
どちらも興味深いですね。
今後、参考にさせていただきます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
現在いろんなブログ応援しています。
応援ポチッ!
2007/12/07(Fri) 23:53 | URL  | スタローン #-[ 編集]
はじめまして。
こんにちは。富山在住の先生のファンなので、思わず書き込みしてしまいました。どのようなことについて調査をされたのか気になります。信長関連ででしょうか?越中は織田・上杉の攻防最前線で、魚津城の戦い、月岡野の戦いなどが興味深いところですが、史料的制約もあってよくわからないことが多いです。本能寺の変直前に光秀の密使が魚津篭城の上杉軍と連絡を取っていたという藤田達生氏の説もありますね。成果を期待しています。
2007/12/08(Sat) 11:49 | URL  | 富丸 #OARS9n6I[ 編集]
ありがとうございます
富丸さん、はじめまして。

コメントいただき有難うございます。
富山にお住まいでしたか。魚はおいしくて、いい所ですね。
積雪しているのかと思っていたら、まったく雪はなく、東京と同じくらいの暖かでびっくりでした。重装備で行ったのですが(笑)。

目的は県文書館の所蔵する信長関係の史料調査でした。
前田家分家の富山藩には、「信長記」の筆者太田牛一の子孫が仕えていた関係から、史料が残されています。その調査でした。

特急で富山のひとつ前の駅が魚津でした。
私も柴田勝家らの魚津城攻めを思い出しました。
藤田説に関しては、拙著『だれが信長を殺したのか』(PHP新書)で触れています。よかったら、読んで下さいませ。

今後ともご愛顧下さいませ。
2007/12/08(Sat) 17:06 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントありがとうございます。

地球温暖化の影響でしょうか。最近は暖冬が多いです。北国の住人にとっては助かるのですが・・・

御本は拝読しております。藤田説は書状の日付確定に関して問題があり内容からもおかしいということでしたね。
太田牛一子孫については、おそらくご存知のことと思いますが、何号か失念しましたが『富山史壇』に岡部二郎氏の論考が載っております。谷口先生の「織田信長家臣人名辞典」にも不明とされていた牛一の享年や、最近先生が甫庵本「信長記」の再評価を試みられましたが、牛一の子孫と小瀬甫庵の子孫が養子縁組しているなど意外な事実が載っていて興味深かったです。また「太田」ではなく正しくは「大田」だともありました。ただでさえ牛一の読みが「ぎゅういち」か、「うしかず」かわからないのに(笑)
2007/12/09(Sun) 11:46 | URL  | 富丸 #OARS9n6I[ 編集]
太田牛一
富丸さん、こんばんは。

はい、その史料を見てきました。情報源はご紹介の岡部氏の論文です。
たしかに、知行安堵状などの宛所が「太田」ではなく「大田」になっていましたね。
牛一の享年も書かれている年譜もありました。
富丸さんは大変お詳しいですね。
もしかして、越中史壇会に属しておられるのでしょうか?
今後、織田・前田・佐々関係の論文や新史料などありましたら、教えて下さいませ(あつかましい)。

富山駅ビル内の書店に拙著をまだ目立つように並べてくれていて、感激でした。
2007/12/09(Sun) 19:49 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
拝復
恐れ入ります。私は富山史壇会とは縁もゆかりもない素人の好事家に過ぎません。たまに図書館でチェックしてる程度なので、お役に立てることはあまりないと思いますが・・・『富山史壇』の他に『日本海文化研究所紀要』http://www.city.toyama.toyama.jp/division/kyouikuiinkai/nihonkai/tosyo.htmや、『北陸の中世城郭』http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hinoki/7538/hsiro.htmlなどにも北陸戦国史関係の論文が載りますよ。
2007/12/10(Mon) 22:34 | URL  | 富丸 #-[ 編集]
ご紹介多謝
富丸さん、こんばんは。

2つの研究会サイトのご紹介有難うございます。
日本海文化研究所の編纂した本を以前買ったような記憶があります。拙ブログのはじめのほうで紹介したような。
どちらも興味深いですね。
今後、参考にさせていただきます。
2007/12/12(Wed) 00:16 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
この本は有名なので借りてみました。いくつかの詩が入った本なのですが…どの詩もとっても心に響きます。辛いことや悲しいことがあったと時、人生に迷った時、それ以外でも何気ない時にふとこれを読むといいヒントが得られると思います。 今まで、読み聞かせの重要性を、...
2008/01/06(Sun) 13:57:27 |  ゆいの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。