歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまで何度か紹介した週刊朝日の連載「週刊司馬遼太郎」の「翔ぶが如く」編が今週発売号(12/21号)でいよいよ最終回です。詳しくはここ

先週号で小生の出番は終わったと思っていたのですが、今週号でもまたコメントを取り上げていただきました。小生のコメントは2カ所あります。

○大久保が征韓論後、西郷との関係修復を試みたこと。
○榎本武揚らの釈放に見せた西郷の国際感覚。

とくに、トリのコメントにしていただいたのは光栄でした。
何度も取り上げていただき、有難いかぎりです。
担当編集者の方との呼吸や問題意識が共鳴したのかもしれません。

東京は本日発売です。
よかったら、読んで下さいませ。

スポンサーサイト

【2007/12/11 16:27】 | 幕末維新
トラックバック(0) |


調所
今晩は!その西郷ドンの曾孫隆文氏と私達兄弟、昨夜東京の麻布で食事し白金でお茶なんてミーハーな時を過ごしてました。丁度、お互いの先祖は対立してたから、あの世でなんて言って見てるかねー、なんて話が出た所でした。

どうも
桐野作人
調所さん、こんばんは。

西郷隆文さんとご一緒でしたか。もしかしてずっと在京中なんでしょうか?
麻布から白金なんてオシャレな場所でしたね。

先日、CATVの「風の隼人」終わりました。
なかなかよくできたドラマでした。
調所広郷の最期はすごくよかったですね。
斉彬の名君と謀略家の二面性もよく描いていました。


調所
風の隼人は結局見れずに終わって残念です。どなたかフルで録画されてませんでしょうか?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今晩は!その西郷ドンの曾孫隆文氏と私達兄弟、昨夜東京の麻布で食事し白金でお茶なんてミーハーな時を過ごしてました。丁度、お互いの先祖は対立してたから、あの世でなんて言って見てるかねー、なんて話が出た所でした。
2007/12/11(Tue) 22:52 | URL  | 調所 #-[ 編集]
どうも
調所さん、こんばんは。

西郷隆文さんとご一緒でしたか。もしかしてずっと在京中なんでしょうか?
麻布から白金なんてオシャレな場所でしたね。

先日、CATVの「風の隼人」終わりました。
なかなかよくできたドラマでした。
調所広郷の最期はすごくよかったですね。
斉彬の名君と謀略家の二面性もよく描いていました。
2007/12/12(Wed) 00:21 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
風の隼人は結局見れずに終わって残念です。どなたかフルで録画されてませんでしょうか?
2007/12/12(Wed) 00:46 | URL  | 調所 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。