歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若狭の三方五湖には、「ハス」という淡水魚の稀少種が棲息していたが、この記事によると、絶滅したらしい。
そうだとしたら、とても悲しい。

三方五湖には学生時代の貴重な思い出がある。
縄文時代の有名な遺跡、鳥浜貝塚を発掘したこと。
大学の二回生のとき、夏休みの一カ月間、発掘で三方五湖の湖畔にある国民宿舎に滞在したことがある。
縄文前期の有名な貝塚遺跡で、日本史の教科書にも載った漆塗りの櫛の発掘現場にも立ち会った。鮮やかな朱色の漆が空気に触れてアッという間に酸化して茶褐色に変わったのを、昨日のように覚えている。

「ハス」は「鰣」と書く(魚へんに時)。
難しく見慣れない字そのものが、その稀少性を象徴していた。
三方五湖に流れ込む川がたしか、魚の名前を冠したハス川だったような記憶がある。その川底に鳥浜貝塚はあったのだ。

記事の見出しを見たとき、他の湖沼の淡水魚がそうであったように、獰猛な外来魚によって駆逐されてしまったのかと思ったが、どうもそうではないらしい。
極めて古典的で人為的な原因である。なぜ有効な手立てが打てなかったのだろうか。

懐かしい思い出がまたひとつ消え去ったような心地がする。
スポンサーサイト

【2008/01/02 23:58】 | 雑記
トラックバック(0) |


ぶるぼん
桐野先生、遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
先生は歴史だけでなく、自然や生態系にも造詣が深いですね。三方湖のハス絶滅は悲しい話です。最初は植物と勘違いしてしまいましたが。
でも、周辺でも外来種がものすごい勢いで繁殖し、国産のクロメダカやクサガメやイシガメなどもすごい勢いで減りつつあります。河川・湖沼にはミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)ばかり。現在は冬眠中ですが、春になればまたうんざりするほど見かけるのでしょう。ペットで飼われ大きくなると持て余して捨てられる無責任な社会を象徴しています。滋賀県の義仲寺は、境内が自由に入れないため、池にはたくさんのイシガメが生まれていましたが。
先生のこういった話題も大変興味があります。
あとお忙しいとは思いますが、大河ドラマ『篤姫』の批評も楽しみにしております。

「篤姫」
桐野作人
ぶるぼんさん、おはようございます。

外来種によって在来種が駆逐されていくのは、何とも悲しいですね。生態系までグローバルスタンダードっていうわけで。しかも、人間の身勝手な理由からですから、動植物にしたら、たまったものではありません。
セイタカアワダチソウに違和感を感じなくなったように、変なカメたちにも違和感を感じない時代が来るんでしょうね。

「篤姫」については、あらたにカテゴリーを作って批評したいと思っております。「風林火山」もそうしましたが、途中で萎えてしまいました。「篤姫」もそうならないようにしてほしいですが。




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生、遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
先生は歴史だけでなく、自然や生態系にも造詣が深いですね。三方湖のハス絶滅は悲しい話です。最初は植物と勘違いしてしまいましたが。
でも、周辺でも外来種がものすごい勢いで繁殖し、国産のクロメダカやクサガメやイシガメなどもすごい勢いで減りつつあります。河川・湖沼にはミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)ばかり。現在は冬眠中ですが、春になればまたうんざりするほど見かけるのでしょう。ペットで飼われ大きくなると持て余して捨てられる無責任な社会を象徴しています。滋賀県の義仲寺は、境内が自由に入れないため、池にはたくさんのイシガメが生まれていましたが。
先生のこういった話題も大変興味があります。
あとお忙しいとは思いますが、大河ドラマ『篤姫』の批評も楽しみにしております。
2008/01/05(Sat) 06:20 | URL  | ぶるぼん #41Gd1xPo[ 編集]
「篤姫」
ぶるぼんさん、おはようございます。

外来種によって在来種が駆逐されていくのは、何とも悲しいですね。生態系までグローバルスタンダードっていうわけで。しかも、人間の身勝手な理由からですから、動植物にしたら、たまったものではありません。
セイタカアワダチソウに違和感を感じなくなったように、変なカメたちにも違和感を感じない時代が来るんでしょうね。

「篤姫」については、あらたにカテゴリーを作って批評したいと思っております。「風林火山」もそうしましたが、途中で萎えてしまいました。「篤姫」もそうならないようにしてほしいですが。


2008/01/05(Sat) 09:09 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。