歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」特別編
―京都・石薬師の邸宅 激動維新描いた舞台裏―

小生の連載の特別編が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」からご覧になれます。

今回は大久保利通没後130年特別企画用の原稿だったので、更新の枠外かと思っていたが、更新していただいた。これで、鹿児島県外の方もご覧になれます。

京都の寺町石薬師通りにある大久保旧邸に「有待庵」という茶室があった(まだ建物は現存しているという噂もあり)。
この茶室は小松帯刀邸(近衛殿御花畑)から移築してきたもの。西郷隆盛・岩倉具視・木戸孝允など多くの幕末有名人が訪れた茶室である。

この茶室にまつわる秘話をいくつか書きました。
ただ、分量の関係でひとつだけ書けなかったことがあります。それは錦旗調製の一件です。大久保の京都妻おゆうが西陣に錦を買いに行き、それを品川弥二郎に手渡して、山口で2流の錦旗をつくったという逸話を載せられませんでした。
この一件も含めていただければ幸いです。

次回は、1月5日(土)と通常の連載に戻ります。
前回に引き続いて、摂関家の近衛父子の薩摩下向の2回目。近衛信尹の薩摩配流について書いています。
スポンサーサイト

【2008/01/03 14:05】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

警察参考室
あさくらゆう
 こんにちは。
 警視庁資料室と書きましたが、警察参考室となっていました。もちろん警察博物館でもありません。警視庁庁舎内にあります。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/welcome/honbu/honbu.htm
 ここに暗殺に使用された刀がUPされています。
 基本的に要予約な場所です。以前行ったときには見る時間が少なかったような気がします。
 

警察参考室
桐野作人
あさくらさん、こんばんは。

警察参考室というのもあるんですね。こちらはまだ行ったことがありません。
サイトの紹介も有難うございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
警察参考室
 こんにちは。
 警視庁資料室と書きましたが、警察参考室となっていました。もちろん警察博物館でもありません。警視庁庁舎内にあります。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/welcome/honbu/honbu.htm
 ここに暗殺に使用された刀がUPされています。
 基本的に要予約な場所です。以前行ったときには見る時間が少なかったような気がします。
 
2008/01/05(Sat) 14:19 | URL  | あさくらゆう #Azz1qEqw[ 編集]
警察参考室
あさくらさん、こんばんは。

警察参考室というのもあるんですね。こちらはまだ行ったことがありません。
サイトの紹介も有難うございました。
2008/01/06(Sun) 17:58 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。