歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第1回「天命の子」

冒頭、タイトルの「天命の子」は少し大げさなと思い、お気に入りの奈良岡朋子のナレーションながら、篤姫が江戸を救った云々もさすがに言い過ぎではないかと思ったが、主役ゆえ致し方あるまい。

第1回は顔見世興行的に主だった人物総出演で、徳川家祥(のち家定)まで登場していた。もっとも、本丸表での将軍による大名引見の場面で、西ノ丸に居住している将軍世子があんな形で出てくるとは考えられない。まあ篤姫の未来の夫で、しかもエキセントリックな面を見せないといけないという制作側の苦肉の策もわからないではないが。
家祥の性格を象徴的に示すには、烈公徳川斉昭が暴露した、家祥がアヒルを追いかける逸話のほうが面白いと思うが、それでは宮崎あおいちゃんのCMへの皮肉が効きすぎるか(爆)。

全体の印象としては、予想よりも期待がもてそうだと思った。
何より、島津一門の今和泉家の視点で描いていることが、これまでの幕末薩摩藩ものと異なり、新鮮な印象を与えたように思う。従来のドラマなら、島津斉彬など藩主側か、西郷や大久保など精忠組か、といった上下いずれかの視点で描かれることが多かった。今回はそれと違い、その中間的な存在から描いており、幕末薩摩藩の別の一面が見られたのではないか。
島津家一門という、これまで注目されなかった存在がクローズアップされたことで、薩摩藩の身分制や家格制への理解が深まるのではないかと思う。

もっとも、幼い篤姫の断食や、若き西郷の嘆願書提出は、いわば儒教的仁政主義への安易な寄りかかりで、少しやりすぎではないかと思う。支配階級は支配階級らしく描いたほうがよいのでは。

個別的な点について。

1,モリソン号の山川寄港
 アメリカ船モリソン号は天保8年(1837)、篤姫が3歳のとき、日本人漂流民送還の名目で浦賀に着いたが、幕府に砲撃されて退去、その後、7月10日に薩摩の山川港に停泊したのは事実である。このとき、漂流民2人を降ろしたようだが、ドラマのように乗組員まで下船したかどうかは不勉強で知らない。今度調べてみたい。
 山川は今和泉から近いといえば近いが、3歳の幼児の足では無理だろう。まあ、時代背景を理解させる挿話としてはありか。

2,今和泉島津家の家来たち
 家老の栗川孫六、側用人の詫間治通が出ていた。『薩陽武鑑』の今和泉家の系譜に、栗川孫六と詫間勘兵衛が「役人」として記載されている。孫六はそのままだが、治通は勘兵衛と同一人物か、その父という設定だろうか。一応、史実を踏まえている。

3,調所広郷と島津忠剛
 勝手方家老の調所広郷に島津一門の今和泉家がいじめられる構図で描かれていた。調所の悪役ぶりを際立たせる狙いだろうが、実際は、今和泉家の当主島津忠剛の窮状を訴える嘆願に対して、調所らが実情を調査して同家の財政再建に協力したというのが史実であり、むしろ、調所と今和泉家の間には信頼関係が構築されたと見るべきだろう。
 それも、調所が恣意的に手心を加えたというのではなく、今和泉家の産業基盤の育成による剰余の蓄積まで面倒を見ている。調所の財政改革が合理的で、血も通っていたことをむしろ示している。
 そうした視点で描かなかったのは、次回のお由羅騒動の伏線として、悪役の調所(その裏返しとして正義の味方の島津斉彬)を強調しておかねばならなかったのだろうが……。調所については、なお固定観念から脱しきれていないのが惜しまれる。

4,肝付尚五郎(のち小松帯刀)
 う~ん、少し軟弱すぎるのではないかい。全然いい所がなかったような。

ほかにも気づいた点があったが、今回はこれくらいで。
「風林火山」も第1回は意気込みが感じられたが、尻すぼみに終わっただけに、「篤姫」には頑張ってもらいたいものである。
スポンサーサイト

【2008/01/06 22:02】 | 篤姫
トラックバック(1) |


ぶるぼん
桐野先生、さっそく第1回の批評楽しく読ませていただきました。歴史背景の分析など大変参考になります。以前ははじかれてしまいましたが、今回は無事トラックバックも貼ることができました。
先のURLはともかく、当方のブログはアクセスが大変少ないので、各先生方のブログにも貼り付いて、少しでも関心をもってもらおうとアクセス数を増やしている次第でございます。
今後とも楽しみにしています。



町田明広
桐野様
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
私は年明け早々、インフルエンザに罹患し、ひどい正月になりました。
さて、篤姫ですが、なかなか良い仕上がりと思いました(^^)歴史を学ぶものとしては引っかかることもありますが、それはそれ。ドラマとしては期待ができそうです。視聴率も20.3%発信ということで、まずまずではないでしょうか。
ただ、高橋英樹の斉彬は歳が行き過ぎていて、どうしても自分の中ではしっくりしませんでしたが、その他キャストも見る人の思い入れによって、色々感じられ方がありそうですね。
これからも篤姫レポートを楽しみにしております!

トラックバック
桐野作人
ぶるぼんさん、こんばんは。

トラックバックが張れてよかったですね。私はいまいち仕組みがわからないのですが(汗)。
貴ブログもアクセス数が増えることをお祈りします。

インフルエンザ
桐野作人
町田明広さん、こんばんは。

年末年始は大変でしたね。もう回復されたのでしょうか。

篤姫は2回目以降に少しは期待がもてそうではあります。
視聴率20%強というのは、どちらかといえば、低い数値のようですね。まあ、あとはドラマの出来次第だと思います。

高橋英樹は「翔ぶが如く」では、久光でしたからね。
斉彬の没年を考えると、たしかにとうが立っていますね。
「翔ぶが如く」では、篤姫が富司純子で、こちらもだいぶ臈長けておいででしたが(笑)。


武藤 臼
こんばんわ
栗川とか島津久風とかそれなりに芸の細かさはあるのですね、この位のペースで終盤までいけば結構楽しく見られるのですが、ベテラン俳優退場後にどうなることか

町田さんご無沙汰してます
俳優の年齢が気になった人は多いようですね
高橋英樹が若作りしようと頑張っているのが尚更笑えてしまいました(^^;

俳優の年代
桐野作人
武藤臼さん、こんにちは。

今和泉島津家の家中を描かないといけないので、主だった家臣については、史料・史実にある程度忠実にしないと臨場感が出ないという面はありますね。

時代劇に関しては、やはりベテランが達者で、中堅や新人との演技力や所作などのギャップが大きいですね。
これは戦後の生活様式の変化が一番大きいと思います。顕著なのは畳に坐る生活じゃなくなったからというか。新人は男女を問わず、手足が長く、頤が細く、いわゆるしょうゆ顔が多いですよね。
これらの要素は現代劇では長所かもしれませんが、時代劇ではハンデキャップになるはずですから、より鍛錬が求められると思いますが、今回のドラマは新人が主役とその周辺に多いだけに、その点、不安ではありますよね。


小松帯刀
さぶ
桐野様、

はじめまして。このブログに出会って以来、楽しく
拝見させていただいています。

一般の書店で手に入る小松帯刀に関する書籍はありますで
しょうか? よろしくご教授いただけると幸いに存じます。

さぶ。


小松帯刀の本
桐野作人
さぶさん、初めまして。

このブログを呼んでいただき、有難うございます。

お問い合わせの件ですが、一般書店で入手できる小松帯刀の本は現在ないと思います。

私家版として、小松の所領日置郡日吉町の郷土史家、瀬野富吉氏(故人)が書かれた『幻の宰相 小松帯刀伝』がありますが、かなり以前の本であり、入手はなかなか難しいと思います。
あるいは、古書では出回っているかもしれません。ダメもとでネット検索かけて見られたらいかがでしょうか。


幻の宰相小松帯刀
調所
さぶさん 表題の書籍は鹿児島県立図書館にあり以前私もコピーして頂きました。桐野さん、今晩はお疲れ様でした。また宜しくお願い致します。

昨日はどうも
桐野作人
調所さん、こんばんは。
昨日はお疲れさまでした。楽しい一時でした。郷里の先輩と親しく話せてよかったです。
ドラマ、ご先祖の登場は次回までのようですが、有終の美を飾れたらいいですね。お父上の心配というのもよくわかりました。

感謝
さぶ
桐野様、調所様、

こんばんは。
小松帯刀の書籍に関する情報を大変ありがとうございます。
趣味で、戦国、幕末、明治関係の本を読んでいます。
いろいろご教授いただきたく、僭越ながら、また、メール
させていただきたく思います。

翔ぶが如くのDVD(完全版)は発売されたので、
購入して、篤姫と平行して観ています(笑)。

さぶ


瀬野さんの本
桐野作人
さぶさん、こんにちは。

前回ご紹介した瀬野富吉さんの著書、もしかしたらまだ入手できるかもしれません。
思い出したのですが、昨春、指宿に行った折りに、地元の高級旅館「白水館」に立ち寄りましたところ、同館に小松帯刀顕彰会の事務局のようなものが置かれているらしく、瀬野さんの著作も在庫がありました。
もしかしたら、まだ在庫があるかもしれません。もしどうしてもということであれば、下記サイトから連絡して見て下さい。

http://www.hakusuikan.co.jp/jp/

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生、さっそく第1回の批評楽しく読ませていただきました。歴史背景の分析など大変参考になります。以前ははじかれてしまいましたが、今回は無事トラックバックも貼ることができました。
先のURLはともかく、当方のブログはアクセスが大変少ないので、各先生方のブログにも貼り付いて、少しでも関心をもってもらおうとアクセス数を増やしている次第でございます。
今後とも楽しみにしています。
2008/01/07(Mon) 02:30 | URL  | ぶるぼん #41Gd1xPo[ 編集]
桐野様
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
私は年明け早々、インフルエンザに罹患し、ひどい正月になりました。
さて、篤姫ですが、なかなか良い仕上がりと思いました(^^)歴史を学ぶものとしては引っかかることもありますが、それはそれ。ドラマとしては期待ができそうです。視聴率も20.3%発信ということで、まずまずではないでしょうか。
ただ、高橋英樹の斉彬は歳が行き過ぎていて、どうしても自分の中ではしっくりしませんでしたが、その他キャストも見る人の思い入れによって、色々感じられ方がありそうですね。
これからも篤姫レポートを楽しみにしております!
2008/01/07(Mon) 17:59 | URL  | 町田明広 #-[ 編集]
トラックバック
ぶるぼんさん、こんばんは。

トラックバックが張れてよかったですね。私はいまいち仕組みがわからないのですが(汗)。
貴ブログもアクセス数が増えることをお祈りします。
2008/01/07(Mon) 21:54 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
インフルエンザ
町田明広さん、こんばんは。

年末年始は大変でしたね。もう回復されたのでしょうか。

篤姫は2回目以降に少しは期待がもてそうではあります。
視聴率20%強というのは、どちらかといえば、低い数値のようですね。まあ、あとはドラマの出来次第だと思います。

高橋英樹は「翔ぶが如く」では、久光でしたからね。
斉彬の没年を考えると、たしかにとうが立っていますね。
「翔ぶが如く」では、篤姫が富司純子で、こちらもだいぶ臈長けておいででしたが(笑)。
2008/01/07(Mon) 21:58 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんわ
栗川とか島津久風とかそれなりに芸の細かさはあるのですね、この位のペースで終盤までいけば結構楽しく見られるのですが、ベテラン俳優退場後にどうなることか

町田さんご無沙汰してます
俳優の年齢が気になった人は多いようですね
高橋英樹が若作りしようと頑張っているのが尚更笑えてしまいました(^^;
2008/01/08(Tue) 00:21 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
俳優の年代
武藤臼さん、こんにちは。

今和泉島津家の家中を描かないといけないので、主だった家臣については、史料・史実にある程度忠実にしないと臨場感が出ないという面はありますね。

時代劇に関しては、やはりベテランが達者で、中堅や新人との演技力や所作などのギャップが大きいですね。
これは戦後の生活様式の変化が一番大きいと思います。顕著なのは畳に坐る生活じゃなくなったからというか。新人は男女を問わず、手足が長く、頤が細く、いわゆるしょうゆ顔が多いですよね。
これらの要素は現代劇では長所かもしれませんが、時代劇ではハンデキャップになるはずですから、より鍛錬が求められると思いますが、今回のドラマは新人が主役とその周辺に多いだけに、その点、不安ではありますよね。
2008/01/08(Tue) 10:13 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
小松帯刀
桐野様、

はじめまして。このブログに出会って以来、楽しく
拝見させていただいています。

一般の書店で手に入る小松帯刀に関する書籍はありますで
しょうか? よろしくご教授いただけると幸いに存じます。

さぶ。
2008/01/08(Tue) 21:16 | URL  | さぶ #-[ 編集]
小松帯刀の本
さぶさん、初めまして。

このブログを呼んでいただき、有難うございます。

お問い合わせの件ですが、一般書店で入手できる小松帯刀の本は現在ないと思います。

私家版として、小松の所領日置郡日吉町の郷土史家、瀬野富吉氏(故人)が書かれた『幻の宰相 小松帯刀伝』がありますが、かなり以前の本であり、入手はなかなか難しいと思います。
あるいは、古書では出回っているかもしれません。ダメもとでネット検索かけて見られたらいかがでしょうか。
2008/01/08(Tue) 22:47 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
幻の宰相小松帯刀
さぶさん 表題の書籍は鹿児島県立図書館にあり以前私もコピーして頂きました。桐野さん、今晩はお疲れ様でした。また宜しくお願い致します。
2008/01/08(Tue) 23:54 | URL  | 調所 #-[ 編集]
昨日はどうも
調所さん、こんばんは。
昨日はお疲れさまでした。楽しい一時でした。郷里の先輩と親しく話せてよかったです。
ドラマ、ご先祖の登場は次回までのようですが、有終の美を飾れたらいいですね。お父上の心配というのもよくわかりました。
2008/01/09(Wed) 21:00 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
感謝
桐野様、調所様、

こんばんは。
小松帯刀の書籍に関する情報を大変ありがとうございます。
趣味で、戦国、幕末、明治関係の本を読んでいます。
いろいろご教授いただきたく、僭越ながら、また、メール
させていただきたく思います。

翔ぶが如くのDVD(完全版)は発売されたので、
購入して、篤姫と平行して観ています(笑)。

さぶ
2008/01/09(Wed) 23:09 | URL  | さぶ #-[ 編集]
瀬野さんの本
さぶさん、こんにちは。

前回ご紹介した瀬野富吉さんの著書、もしかしたらまだ入手できるかもしれません。
思い出したのですが、昨春、指宿に行った折りに、地元の高級旅館「白水館」に立ち寄りましたところ、同館に小松帯刀顕彰会の事務局のようなものが置かれているらしく、瀬野さんの著作も在庫がありました。
もしかしたら、まだ在庫があるかもしれません。もしどうしてもということであれば、下記サイトから連絡して見て下さい。

http://www.hakusuikan.co.jp/jp/
2008/01/10(Thu) 11:31 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/12(Sat) 14:56 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いよいよスタートしました『篤姫』。今回は視聴率がとれない幕末もので、途中で気分が...
2008/01/07(Mon) 02:08:51 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。