歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋の徳川美術館の研究員である田中秀隆氏の論考である。田中氏は茶道史の研究者である。二年前の論文だが、迂濶にも不勉強で知らなかった。

表題にあるとおり、信長は本能寺で茶会を開こうとしていた。それが果たしていつだったのかというのがこの論考の主題である。結論からいえば、本能寺の変のあった六月二日以降に予定されていたというものである。

拙著『真説本能寺』(学研M文庫)でも触れたが、『仙茶集』という史料にある「御茶湯道具目録」が、天正十年(1582)六月一日、すなわち本能寺の変前日に、信長が博多の豪商、嶋井宗室に披露するため、秘蔵の名物茶器38種の目録を書き上げて宗室に与えたものだとされてきた。

信長がそのために安土から本能寺に運び込んだ名物茶器のほとんどが灰燼に帰した。
問題はこの茶会がいつ開かれたのか、あるいは開かれる予定だったのかという点である。公家の山科言経の『言経卿記』六月一日条に「数刻御雑談、茶子・茶これあり」と記されていることから、この日に茶会が行われたというのが通説だった。

田中氏はこれを否定し、この「茶子」「茶」も茶会の範疇かもしれないが、雑談に伴う単なる茶請けと茶だけだとし、上目録の存在から考えるに、信長が想定した茶会とは道具披露を伴う本格的な茶会だったとする。
言われてみれば、たしかに道具披露を伴う茶会が開かれた形跡は見出しにくい。当日、勅使・親王使として本能寺を訪れた勧修寺晴豊の『晴豊公記』の記事も茶会があったとは認めがたい。田中氏が指摘するように、道具披露を伴う茶会は六月二日以降に予定されていたのであろう。

田中氏の論考でもっと興味深かったのは、この茶会の目的が何だったのかという点である。氏によれば、ひとつは堺遊覧中の徳川家康が急遽京に呼び戻されたことから、家康のための茶会でもあったとする。次に家康を含めて、将来の茶道具の下賜を視野に入れた茶道具に対する認識を武家の間で高める目的があったこと。また毛利・長宗我部征伐を前に、余裕をもってこれに臨んでいることを公家に示すことだったという。

このなかでは、やはり家康の動向との関連が重要だろう。『イエズス会日本年報』は、信長が茶道具を本能寺に運び込んだことについて「三河の国主(家康)やその他の諸侯に見せるため」だったとしていた。
私もこの点は拙著で触れたが、そのときは家康に茶道具を見せるなら、安土の方が都合がよいのではないかと書いて否定してしまったのであるが、やや早計だったかもしれない。
もうひとつ、本願寺顕如の右筆宇野主水の日記は本能寺の変当日の六月二日条で次のように記す。

朝徳川殿上洛、火急ニ上洛之儀□、上様安土より、二十九日ニ御京上之由アリテ、それにつき、ふた/\と上洛由候也、

私はこれを家康が本能寺の変を察したからではないかと思っていたが、当日朝、まだ堺まで凶報が届いていなかった可能性が高く、記事にあるように、信長の上洛を知った家康があわてて上洛しようとしたと見たほうがよい。そして、途中で京から下ってきた茶屋四郎次郎から凶報を聞いたというのが妥当な見方だろう。

となると、家康の急な上京はやはり信長の茶会に参加するためだったことになるのかもしれない。信長嫡男の信忠が堺に下らなかったのもそのためだったかもしれないし、堺の豪商、天正寺屋宗及も、また堺代官の松井友閑も堺から上京しようとして、途中で政変を知って引き返している。

これらのことから、信忠や松井友閑など織田家一門・重臣、家康を初めとした大名、堺の豪商たち、そして嶋井宗室(神谷宗湛もいたか)が本能寺に呼ばれて、道具披露を伴う茶会が開かれる予定になっていたのかもしれない。

拙著もこの問題をちゃんと検討していないではないかと、田中氏からお叱りをうけている(笑)。ひとつ勉強をさせてもらいました。

田中秀隆「本能寺の変と茶会―松山吟松庵・茶会予告説の復権―」
『金鯱叢書』第31輯
財団法人徳川黎明会 2004年

スポンサーサイト

【2006/12/07 11:48】 | 信長
トラックバック(0) |

謎は多いですね
市野澤
こんばんわ。

信長の行動に信忠・家康も振り回されている様子が伺えますね。

信雄が本能寺の焼け跡から見つけだした信長所用と伝わる兜(総見院蔵)も信長所用かは別として、火にかかったとしても、弱火であったと考えられているそうですから、信長の遺体・茶器の状態が気になります。
個人的な所感を述べさせて頂くと、当時の本能寺の焼け跡に手を入れられるのは光秀・秀吉・信孝と想定しているので、信雄が本能寺の焼け跡から父の兜を見つけだしたというのは心情的に理解できますが、時期に無理なような気がします。

堀新氏の『日本中世の歴史⑦天下統一から鎖国へ』(吉川弘文館)、読了しました。
私は堀氏の見解を支持していますが、170頁8行目~12行目は賛同しかねました。

また、その話かと笑われそうですが、堀氏の信長関係の論文を一冊の書籍で読みたいです。

忖度
桐野
市野澤さん、こんばんは。

古い記事にコメント有難うございます。
嫡男信忠さえも、信長の意向を忖度して動いていますね。
絶対権力者のご機嫌を損ねたら大変ですからね。
信忠が忖度しすぎて堺行きをとり止めてしまったことが、彼の運命を決したともいえます。

堀新さんはこれまでたくさんの優れた論文を書いてきました。
私も大変勉強になりました。
今後はそうした膨大な蓄積を出力する時期が来たのではないでしょうか。
新著もありそうなことを聞いていますが……。

織豊期王権論
市野澤 永
こんばんわ。

私にとっても、念願の書籍の発売です。
堀氏から、ご恵贈頂いたのでしょうか?

書名 織豊期王権論
   歴史科学叢書
著者 堀 新
価格 \10,500(税込)
出版 校倉書房
ISBN 978-4-7517-4290-7
発行 2011年2月

校倉書房のホームページ
http://www.azekurashobo.com/
※まだ更新していないようですね

堀さんの新著
桐野
市野澤さん

堀さんからいただいております。
このところ忙しくて、なかなか紹介できずにおります。
近々、紹介予定です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
謎は多いですね
こんばんわ。

信長の行動に信忠・家康も振り回されている様子が伺えますね。

信雄が本能寺の焼け跡から見つけだした信長所用と伝わる兜(総見院蔵)も信長所用かは別として、火にかかったとしても、弱火であったと考えられているそうですから、信長の遺体・茶器の状態が気になります。
個人的な所感を述べさせて頂くと、当時の本能寺の焼け跡に手を入れられるのは光秀・秀吉・信孝と想定しているので、信雄が本能寺の焼け跡から父の兜を見つけだしたというのは心情的に理解できますが、時期に無理なような気がします。

堀新氏の『日本中世の歴史⑦天下統一から鎖国へ』(吉川弘文館)、読了しました。
私は堀氏の見解を支持していますが、170頁8行目~12行目は賛同しかねました。

また、その話かと笑われそうですが、堀氏の信長関係の論文を一冊の書籍で読みたいです。
2010/01/28(Thu) 19:46 | URL  | 市野澤 #-[ 編集]
忖度
市野澤さん、こんばんは。

古い記事にコメント有難うございます。
嫡男信忠さえも、信長の意向を忖度して動いていますね。
絶対権力者のご機嫌を損ねたら大変ですからね。
信忠が忖度しすぎて堺行きをとり止めてしまったことが、彼の運命を決したともいえます。

堀新さんはこれまでたくさんの優れた論文を書いてきました。
私も大変勉強になりました。
今後はそうした膨大な蓄積を出力する時期が来たのではないでしょうか。
新著もありそうなことを聞いていますが……。
2010/01/29(Fri) 22:56 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
織豊期王権論
こんばんわ。

私にとっても、念願の書籍の発売です。
堀氏から、ご恵贈頂いたのでしょうか?

書名 織豊期王権論
   歴史科学叢書
著者 堀 新
価格 \10,500(税込)
出版 校倉書房
ISBN 978-4-7517-4290-7
発行 2011年2月

校倉書房のホームページ
http://www.azekurashobo.com/
※まだ更新していないようですね
2011/04/12(Tue) 19:59 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
堀さんの新著
市野澤さん

堀さんからいただいております。
このところ忙しくて、なかなか紹介できずにおります。
近々、紹介予定です。
2011/04/13(Wed) 23:09 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。