歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第40回
―招聘されて英語を教授―

私の連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は「郵便の父」と呼ばれ、1円切手の図案でも知られる前島密を取り上げました。
前島が薩摩と縁があるとご存じの方は少ないと思います。
幕末に薩摩に来て、1年という短い期間ですが、英語を教えているのです。

教えたのは開成所という薩摩藩が創設した洋学校。
単なる学校というより、薩摩藩が藩の近代化を一層推進するため創設した藩直営のエリート養成機関といったほうがいいかもしれません。カリキュラムは徹底した軍事重視で、陸海軍の一大変革を企図したものでした。

開成所のことはもっと知られていいはずですが、残念ながら史料が少なく、その全貌が明らかになっておりません。『薩藩海軍史』中巻などに少し記載があります。

じつは、私も開成所のあった場所を探しています。
鹿児島の史跡を詳しくあたったわけではないのですが、琉球館の東南の海岸寄りに設けられたとされています。
琉球館は現在の長田中学校あたりです。その東南側といえば、市電の電停「桜島桟橋通」(現・鹿児島市小川町)あたりかなと推定していますが、その界隈に開成所址の石碑などが立っておりますでしょうか。ご存じの方がおいでなら、教えて下さい。

次回も少し開成所と英国留学生を書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

【2008/01/12 10:54】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


崎陽・織田
桐野先生、こんばんわ。
実を言うと、開成所については私も興味を持っています。
龍馬の社中が薩摩に亡命した時、沢村惣之丞が開成所で外国語を教授した、という記述をどこかで読んだ記憶があるのですがはっきり思い出せません。なにか分かりましたらご教示ください。


前島密、何礼之
ばんない
こんにちは。前島密は一般的に「郵便の父」として知られてますが、何年か前にNHKの『その時歴史が動いた』で大久保利通に直訴して大阪遷都の予定を江戸に変えさせた人物として紹介されてましたね。番組では紹介していませんでしたが、この結果、大阪の大商人は寄付していた遷都費用の利益をすべて江戸(=東京)に持っていかれて、今に続く大阪低落の原因の一つとなったという説もあるようで…まあ関西にしたら不倶戴天の敵ですね(汗)。幕臣だと思いこんでいたのですが、越後の豪農出身とは恥ずかしながら初めて知りました。
日本郵政公社のHPで経歴が詳しく紹介されていますね。
http://www.japanpost.jp/corporate/founder/index02.html
天領の出身なら、佐幕傾向もうなずけます。

ところで、何礼之は長崎の中国語通詞の家の出身と言うことですが、名前からすると在日華僑の出身でしょうか。ちょっと検索した限りでは分かりませんでした。


崎陽・織田
何礼之について
何礼之は旧名を礼之助といい、天保11年(1840)に、代々の唐通事(長崎の地役人で中国貿易の通訳・商務官)の何家に生まれています。何家の先祖は何海庵という名で、中国から長崎に移り住んだ住宅唐人です。礼之は若くして中国語の他に、英語を学び、幕末には英語所の学頭をつとめ、また英語塾を経営していました(海援隊士の白峰駿馬もここに学ぶ)。明治以後は政府に仕え、元老院議官・貴族院議員にもなっています。
そういえば、前島も開成所に出仕する前、長崎に滞在し、何塾で後進の指導にあたっていたようですね。
いずれにせよ、何は幕末の長崎が生んだ代表的な人物です。

沢村惣之丞
桐野作人
崎陽・織田さん、こんにちは。

沢村惣之丞も開成所で教えていましたか。寡聞にして知らなかったので、調べてみたいと思います。

また、何礼之についての解説も有難うございます。



何礼之
ばんない
>崎陽・織田さま
遅くなりましたが、解説ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生、こんばんわ。
実を言うと、開成所については私も興味を持っています。
龍馬の社中が薩摩に亡命した時、沢村惣之丞が開成所で外国語を教授した、という記述をどこかで読んだ記憶があるのですがはっきり思い出せません。なにか分かりましたらご教示ください。
2008/01/12(Sat) 22:25 | URL  | 崎陽・織田 #-[ 編集]
前島密、何礼之
こんにちは。前島密は一般的に「郵便の父」として知られてますが、何年か前にNHKの『その時歴史が動いた』で大久保利通に直訴して大阪遷都の予定を江戸に変えさせた人物として紹介されてましたね。番組では紹介していませんでしたが、この結果、大阪の大商人は寄付していた遷都費用の利益をすべて江戸(=東京)に持っていかれて、今に続く大阪低落の原因の一つとなったという説もあるようで…まあ関西にしたら不倶戴天の敵ですね(汗)。幕臣だと思いこんでいたのですが、越後の豪農出身とは恥ずかしながら初めて知りました。
日本郵政公社のHPで経歴が詳しく紹介されていますね。
http://www.japanpost.jp/corporate/founder/index02.html
天領の出身なら、佐幕傾向もうなずけます。

ところで、何礼之は長崎の中国語通詞の家の出身と言うことですが、名前からすると在日華僑の出身でしょうか。ちょっと検索した限りでは分かりませんでした。
2008/01/12(Sat) 23:07 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
何礼之について
何礼之は旧名を礼之助といい、天保11年(1840)に、代々の唐通事(長崎の地役人で中国貿易の通訳・商務官)の何家に生まれています。何家の先祖は何海庵という名で、中国から長崎に移り住んだ住宅唐人です。礼之は若くして中国語の他に、英語を学び、幕末には英語所の学頭をつとめ、また英語塾を経営していました(海援隊士の白峰駿馬もここに学ぶ)。明治以後は政府に仕え、元老院議官・貴族院議員にもなっています。
そういえば、前島も開成所に出仕する前、長崎に滞在し、何塾で後進の指導にあたっていたようですね。
いずれにせよ、何は幕末の長崎が生んだ代表的な人物です。
2008/01/12(Sat) 23:51 | URL  | 崎陽・織田 #-[ 編集]
沢村惣之丞
崎陽・織田さん、こんにちは。

沢村惣之丞も開成所で教えていましたか。寡聞にして知らなかったので、調べてみたいと思います。

また、何礼之についての解説も有難うございます。

2008/01/14(Mon) 08:27 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
何礼之
>崎陽・織田さま
遅くなりましたが、解説ありがとうございました。
2008/01/14(Mon) 17:37 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。