歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学館アカデミー古文書塾「てらこや」の新講座が昨日から始まった。
今次は「天璋院篤姫と小松帯刀」というテーマである。
篤姫の名前も冠しているが、ほとんど小松帯刀を中心とした内容になる予定。
新しい受講生の中には、このブログにコメントを下さる方や、わざわざ大阪から参加してくださった方もいて有難い。

テキストは『大久保利通関係文書』所収の小松帯刀文書を中心に、書簡の背景を理解するために他の史料を援用するという形で進める。

第1回は表題のとおりで、肝付尚五郎から小松帯刀に変わる時期と、精忠組(とくに大久保正助)との出会いを中心に見ていった。

とくに、小松が文久元年(1861)前後、どのようないきさつで藩政に登場するのか、非常に興味深い点である。これを市来四郎の談話などで確認する。やはり久光側近の中山中左衛門(実善)の推挙であろう。
また、久光藩政下における小松の地位を考えるにあたって、下級城下士の結社、精忠組との関係は無視できず、その首領である大久保正助(利通)とのつながりがどこまで遡るのかを検討した。

また、小松の受給文書の初出ではないかと思った万里小路博房の書簡(宛所を小松と推定)とその別紙(黒田清綱建言書)を検討した。
建言書が安政4年(1857)9月になっているので、その時期なら、小松受給文書の初出でもおかしくないと思ったが、よく読むと変な感じだった。結果として私の勘違いだったと思う。

以下、宿題となった部分である>受講生のみなさん

受講者のみなさんから、万里小路書簡は少し年代が下り、万里小路が何らかのきっかけで黒田に関心を示したので、小松が黒田の以前の建言書(写し)を見せたのではないかという意見があり、なるほどと思った。
つまり、万里小路書簡と別紙の黒田建言書にはタイムラグがあるということである。

それで、万里小路が黒田に関心を示した理由について、個人的な推測として、第一次征長後、三条実美ら五卿が太宰府に移されたとき、黒田は薩摩藩からの護衛要員の代表だったことと関係があるのではと話した。五卿を幕府が連行しようとしたとき、黒田が身を挺して阻止したことがあった。慶応2年(1866)4月のことである。
それと、万里小路の政治的立場がそのときはよくわからず、おそらく三条実美に近い尊攘派公家ではないかと推測しておいたが、あとで調べてみると案の定そうで、国事御用掛などつとめており、8・18政変で失脚している。復権するのは孝明天皇死去に伴う大赦で、慶応3年1月のこと。
となると、万里小路書簡の年次は慶応3年の可能性が高いのではないかと思われるが、どうだろうか。

今回は小松文書の検討はあまりできなかったが、受講生のみなさんから積極的な意見や質問が出て、充実していたと思う。
とくに、「国父」久光の権力の由来をどのように考えたらよいかという質問は重要な観点だろうと思った。

次回はおそらく久光の率兵上京から8・18政変あたりが中心になると思う。
スポンサーサイト

【2008/01/16 20:09】 | てらこや
トラックバック(0) |

率兵上京までの小松
町田明広
桐野様
私の関心とも一致していることから、非常に興味深く拝見いたしました。
率兵上京までの小松の動向研究は、久光体制確立期の解明に必須と感じております。私の今後の課題の一つです。
なお、小松の藩政登場ですが、久光の強い意志・意図を感じます。一方で、これから実証ですが、山田壮右衛門がキーマンでは、と考えております。
それにしましても、余りに面白そうな講座ですね。次回など、垂涎の思いです。また、質疑応答が活発であり、そのレベルが高いのも素晴らしいですね(^^)

山田壮右衛門
桐野作人
町田明広さん、こんばんは。

山田壮右衛門がキーマンですか。もっと勉強しないといけないですね。
小松の母方を辿ると、どうも久光と義理ながら従兄弟のような気がするのですが、その近縁も小松抜擢に影響していないですかね。


『万里小路日記』
白のまいたけ
 古文書塾ではお世話になっております。

 日本史籍協会叢書に、『万里小路日記』があり、内容は、万里小路正房と万里小路博房の日記のようです。いつ頃の日記であるのかわかりませんが、もしかしたら、この日記にヒントがあるかもしれません。
 買うと7000~8000円するので、近所の図書館に予約しました。近所の図書館に届いたら、確認してみますね。


哲丸君と大砲
桐野作人
まいたけさん、こんにちは。

その後の追跡調査、ご苦労様です。
そういえば、「万里小路日記」がありましたね。
本筋からははずれた話題ですが、もし日記に何か書かれていたら面白いですね。

その後、私も少し調べてみました。
『斉彬公史料』にもう少し詳しく出ておりました。
黒田清綱の建言書に対する斉彬の回答が書かれていました。
それが非常に面白いので、次回の講座でご紹介したいと思います。もしかして万里小路が関心をもったのは、斉彬に対してだったかもしれません。


『万里小路日記』
白のまいたけ
『万里小路日記』を見てみましたが、小松のことなどは全く書かれていませんでした。残念。

残念
桐野作人
まいたけさん、こんにちは。

載っていなかったですか。残念でしたね。
次回講座で続きを紹介しますので、お楽しみに。

久光と小松は義理の従兄弟
町田明広
桐野さん、こんにちは。
おっしゃる通り、従兄弟ですね。久光は重富家忠寛の子、忠公の養子であり、
肝付尚五郎の母も、忠寛の娘ですね。
この点も十分に久光には意識され、登用の追い風になったと推察します。
小松の事績はほとんど世に出ておらず、残念です。桐野さんのお仕事に期待いたします(^^)

小松の登用について
板倉丈浩
お世話になってます。こんばんは。
遅レスで恐縮ですが、小松と山田壮右衛門の関係に注目した先行研究として、山田喬氏の論文『幕末薩摩藩政と小松帯刀の位置』(地方史研究28(3)、1978)がありますね。

「万延元年の初頭で注目されることは故斉彬の腹心として活躍し、久光の藩政登場後は小納戸役の位置を回復した要人である山田壮右衛門と小松帯刀との間に交流があった事実である」
「同じ側近の江夏直義が斉彬の集成館事業に深く関与していたのと対照的に、山田の役割は藩政の円滑な推進に力点が置かれていたようである。久光の藩政介入後、山田は小納戸の役に再び座し、島津豊後等の最後の画策を封じたといわれる」
「彼らが何を話し合ったか知るすべはないが、藩首脳の意図していること、および進行中であった藩人事の刷新などについて、書面或いは口頭で話し合われたことは可能性としても十分に想像されうる」

また、文久2年正月の小松の家老格への抜擢を「島津宗家を主体とする政治構想」の実現と評価しているのが笹部昌利氏です(『薩摩藩島津家と近衛家の相互的「私」の関わり』日本歴史657、2003)。

「つまり久光は「御一門」「家名方」ら門閥層の積極的な政治参加により運営されてきた体制の伝統を断ち切り、島津宗家による宗家のための政治体制を志向するのである」
「文久二年以前に、大名に政治的権威を集中させることに成功した大名家は、島津家のほかに見出せず、これにより同家は文久二年以降、国事参加を旨とする政治運動をスムースに進行しえたのである」

長文失礼しました。またよろしくお願いします。

山田喬論文
桐野作人
板倉さん、こんばんは。

昨日はお疲れ様でした。
いろいろご教示有難うございます。
山田喬論文はさがしてみます。

笹部昌利氏の論文は前に読んだことがあります。
久光の藩政主導とくに京都周旋のために、小松・大久保・中山・堀などの精鋭が集められ、一種の政治グループを形成していた感じですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
率兵上京までの小松
桐野様
私の関心とも一致していることから、非常に興味深く拝見いたしました。
率兵上京までの小松の動向研究は、久光体制確立期の解明に必須と感じております。私の今後の課題の一つです。
なお、小松の藩政登場ですが、久光の強い意志・意図を感じます。一方で、これから実証ですが、山田壮右衛門がキーマンでは、と考えております。
それにしましても、余りに面白そうな講座ですね。次回など、垂涎の思いです。また、質疑応答が活発であり、そのレベルが高いのも素晴らしいですね(^^)
2008/01/17(Thu) 11:22 | URL  | 町田明広 #-[ 編集]
山田壮右衛門
町田明広さん、こんばんは。

山田壮右衛門がキーマンですか。もっと勉強しないといけないですね。
小松の母方を辿ると、どうも久光と義理ながら従兄弟のような気がするのですが、その近縁も小松抜擢に影響していないですかね。
2008/01/17(Thu) 22:33 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
『万里小路日記』
 古文書塾ではお世話になっております。

 日本史籍協会叢書に、『万里小路日記』があり、内容は、万里小路正房と万里小路博房の日記のようです。いつ頃の日記であるのかわかりませんが、もしかしたら、この日記にヒントがあるかもしれません。
 買うと7000~8000円するので、近所の図書館に予約しました。近所の図書館に届いたら、確認してみますね。
2008/01/17(Thu) 23:50 | URL  | 白のまいたけ #BKdQhP/Q[ 編集]
哲丸君と大砲
まいたけさん、こんにちは。

その後の追跡調査、ご苦労様です。
そういえば、「万里小路日記」がありましたね。
本筋からははずれた話題ですが、もし日記に何か書かれていたら面白いですね。

その後、私も少し調べてみました。
『斉彬公史料』にもう少し詳しく出ておりました。
黒田清綱の建言書に対する斉彬の回答が書かれていました。
それが非常に面白いので、次回の講座でご紹介したいと思います。もしかして万里小路が関心をもったのは、斉彬に対してだったかもしれません。
2008/01/18(Fri) 11:41 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
『万里小路日記』
『万里小路日記』を見てみましたが、小松のことなどは全く書かれていませんでした。残念。
2008/01/19(Sat) 12:10 | URL  | 白のまいたけ #-[ 編集]
残念
まいたけさん、こんにちは。

載っていなかったですか。残念でしたね。
次回講座で続きを紹介しますので、お楽しみに。
2008/01/19(Sat) 13:29 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
久光と小松は義理の従兄弟
桐野さん、こんにちは。
おっしゃる通り、従兄弟ですね。久光は重富家忠寛の子、忠公の養子であり、
肝付尚五郎の母も、忠寛の娘ですね。
この点も十分に久光には意識され、登用の追い風になったと推察します。
小松の事績はほとんど世に出ておらず、残念です。桐野さんのお仕事に期待いたします(^^)
2008/01/20(Sun) 11:01 | URL  | 町田明広 #-[ 編集]
小松の登用について
お世話になってます。こんばんは。
遅レスで恐縮ですが、小松と山田壮右衛門の関係に注目した先行研究として、山田喬氏の論文『幕末薩摩藩政と小松帯刀の位置』(地方史研究28(3)、1978)がありますね。

「万延元年の初頭で注目されることは故斉彬の腹心として活躍し、久光の藩政登場後は小納戸役の位置を回復した要人である山田壮右衛門と小松帯刀との間に交流があった事実である」
「同じ側近の江夏直義が斉彬の集成館事業に深く関与していたのと対照的に、山田の役割は藩政の円滑な推進に力点が置かれていたようである。久光の藩政介入後、山田は小納戸の役に再び座し、島津豊後等の最後の画策を封じたといわれる」
「彼らが何を話し合ったか知るすべはないが、藩首脳の意図していること、および進行中であった藩人事の刷新などについて、書面或いは口頭で話し合われたことは可能性としても十分に想像されうる」

また、文久2年正月の小松の家老格への抜擢を「島津宗家を主体とする政治構想」の実現と評価しているのが笹部昌利氏です(『薩摩藩島津家と近衛家の相互的「私」の関わり』日本歴史657、2003)。

「つまり久光は「御一門」「家名方」ら門閥層の積極的な政治参加により運営されてきた体制の伝統を断ち切り、島津宗家による宗家のための政治体制を志向するのである」
「文久二年以前に、大名に政治的権威を集中させることに成功した大名家は、島津家のほかに見出せず、これにより同家は文久二年以降、国事参加を旨とする政治運動をスムースに進行しえたのである」

長文失礼しました。またよろしくお願いします。
2008/01/29(Tue) 22:51 | URL  | 板倉丈浩 #/2jzPtOA[ 編集]
山田喬論文
板倉さん、こんばんは。

昨日はお疲れ様でした。
いろいろご教示有難うございます。
山田喬論文はさがしてみます。

笹部昌利氏の論文は前に読んだことがあります。
久光の藩政主導とくに京都周旋のために、小松・大久保・中山・堀などの精鋭が集められ、一種の政治グループを形成していた感じですね。
2008/01/30(Wed) 20:44 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。