歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前、このブログでも書いたことがありました。
鹿児島中央駅の前に建立された「若き薩摩の群像」の問題。

慶応元年(1865)、19人の英国使節・留学生は、あえて国禁を冒し、万里の波濤を乗り越え、大きな苦難を克服してイギリスへと向かいました。その多くは政治家や実業家、国際人となって活躍し、わが国の発展と国際交流に大きな足跡を残しました。

英国使節・留学生は全部で19人なのに、銅像はなぜか17人しか立っていないこと。「なぜか」ではなくて、理由ははっきりしています。

立てられなかった2人は、もと土佐藩士の高見弥一と長崎出身の英語通詞堀孝之。県外の人間だから除外したわけですね。

このような排他性は、英国留学生を派遣した当時の薩摩人の国際精神にもとっているのではないか。鹿児島県人は狭量だと、県外の人に思われていいのか。
そんな問題意識から「~完成させる会」が結成されたのが去年の夏でした。
島津家の当主をはじめ、研究者や有識者が発起人に名を連ねています。

現在、鹿児島市当局に対して請願運動などを行っていますが、もっと多くの市民や市外・県外の方の支援も得て、大きな波を起こし、2人の銅像の追加建立を実現していきたいと考え、署名運動を行うことになりました。
小生も及ばずながら、お手伝いをしようと、サイト立ち上げに協力しました。以下のところです。

「若き薩摩の群像を完成させる会」サイト

以前にこのブログでも、こんな記事を書きました。ここです。
南日本新聞の連載コラムでも、こんな記事を書きました。ここです。
ご参考までに。

そして、この問題を鹿児島県外の多くの方々にも知っていただき、ぜひ署名にご協力をいただけたらと思います。

このサイトにアクセスしていただければ、完成させる会の趣旨もわかります。
署名用紙がPDFファイルになっておりますので、自由にプリントしてお使い下さい。署名用紙の送り方はFAXでも郵送でもかまいません。送り先も明記してあります。

この問題に関心をもたれた多くのみなさん、とくに幕末系のサイトやブログを運営されている方にお願いです。
このサイトと署名運動があることをご紹介していただければ、とてもうれしいです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/01/21 23:17】 | 幕末維新
トラックバック(1) |


崎陽・織田
桐野先生、こんにちは。
まずは、長崎出身の人間として、一言お礼申し上げます。
堀孝之は、関係HPにもあるように、代々の阿蘭陀通詞の家に生まれた語学者です。同じく通詞出身の岩瀬公圃とともに、五代氏と共に活躍したということで、長崎でもよく知られています。その銅像が建立されれば、同郷の者としては誠にありがたい限りであります。今後ともよろしくお願いします。

お詫びはこちらのほうです
桐野作人
崎陽・織田さん、こんばんは。

堀孝之については、鹿児島のほうがその冷遇と無視を反省すべきだと思います。

ひとつは、堀は薩摩藩士(西郷・大久保と同じ御小姓与)だったこと。
もうひとつは、薩摩藩士であろうとなかろうと、辛苦を共にした留学生仲間なのに、一方的な排除は、留学生たちに顔向けできないと思っています。

九州新幹線鹿児島ルートが3年後には全線開通し、関西あたりからも観光客が新幹線でやってくるようになります。
その玄関先に「若き薩摩の群像」があるわけで、当局もようやく事の重大さを悟りつつあるようです。
外圧頼みだけでは情けないので、少しは県民や県出身者が動くべきだろうと思っております。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生、こんにちは。
まずは、長崎出身の人間として、一言お礼申し上げます。
堀孝之は、関係HPにもあるように、代々の阿蘭陀通詞の家に生まれた語学者です。同じく通詞出身の岩瀬公圃とともに、五代氏と共に活躍したということで、長崎でもよく知られています。その銅像が建立されれば、同郷の者としては誠にありがたい限りであります。今後ともよろしくお願いします。
2008/01/23(Wed) 05:23 | URL  | 崎陽・織田 #-[ 編集]
お詫びはこちらのほうです
崎陽・織田さん、こんばんは。

堀孝之については、鹿児島のほうがその冷遇と無視を反省すべきだと思います。

ひとつは、堀は薩摩藩士(西郷・大久保と同じ御小姓与)だったこと。
もうひとつは、薩摩藩士であろうとなかろうと、辛苦を共にした留学生仲間なのに、一方的な排除は、留学生たちに顔向けできないと思っています。

九州新幹線鹿児島ルートが3年後には全線開通し、関西あたりからも観光客が新幹線でやってくるようになります。
その玄関先に「若き薩摩の群像」があるわけで、当局もようやく事の重大さを悟りつつあるようです。
外圧頼みだけでは情けないので、少しは県民や県出身者が動くべきだろうと思っております。
2008/01/23(Wed) 23:15 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【若き薩摩の群像を完成させる会】 左の当方巡回中ブログリンクにもみえる「膏肓記」
2008/01/27(Sun) 09:19:56 |  堂中日録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。