歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第42回
―渡航までに懊悩や変死―

わたしの連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は、石河確太郎という蘭学者のことを少し紹介しました。
集成館事業は幕末薩摩藩の開明性や近代化を示すものとして高く評価されていますが、じつは藩外から多くの優秀な人材が参画しています。
石河はその代表的な人物ですが、残念ながらあまり知られていません。
石河の史料が少ないからかもしれません。それでも、反射炉建設などに貢献している様子はわかりますから、今後も折に触れて紹介していきたいと思います。

あまり知られていませんが、留学生に選ばれた1人が串木野羽島で亡くなっています。死因などはよくわかりません。
この町田猛彦なる青年、どういう人物なのか、不勉強でよくわかりません。
町田久成の弟の申四郎と清蔵も留学生になっていますから、この猛彦も一族縁者なのでしょうか? ちなみに、申四郎はのちに小松帯刀の養子になります。

次回は、やはり集成館事業に関わった科学者にして、砲術家の中原猶介を採り上げたいと思います。

よろしければ、下記ををクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/01/26 10:33】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


ばんない
こんにちは。

町田氏に関しては、町田氏の末裔の方が紹介されている系図が一番詳しいかと思いますが、そこにも「猛彦」の名前は載ってません。久成が連れていった他の町田姓の留学生が久成の弟であることを考えると近い縁者の可能性が高いかと思うのですが。
※URLアドレスが張り付けられないようですので、拙HPのリンクで町田氏の系図ホームページを紹介しておりますので、そちらからご覧下されば、と思います。

町田久成の弟が小松帯刀の養子になっていたとは驚きました。『新修平成旧華族家系大成』には掲載されてませんね。もっともあれに載っている系図は結構省略多いですけど。


調所
反射炉で思い出しましたが以前尚古集成館で竹下清衛門が調所縁者ですと言われました。笑左衛門の生母が竹下与右衛門女子で、清衛門は与右衛門の曾孫くらいだったと思います。


桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

町田猛彦については、よくわかりませんか。

ご紹介のサイトですが、鹿児島県史料の『旧記雑録拾遺 家わけ3』所収の「町田氏正統系譜」とは異なるものなんでしょうか?

竹下清右衛門
桐野作人
調所さん、こんばんは。
竹下清右衛門については、ぜひ取り上げたいと思っております。島津斉彬が水戸藩に竹下を出張させて、反射炉を建設させているのが大変面白いと思っています。
調所家とのつながりも興味深いですね。


町田家の系図
ばんない
以前にメールか掲示板でやりとりしたときに聞いた記憶ですが、あそこに掲載されている系図は、『鹿児島県史料 家分け3』「町田氏正統系図」も参考にされてますが、その他に独自の調査でかなり追加されているようです。プライバシーの問題で名前は伏されていますが、平成に生まれた人物まで記載があります(爆)

有難うございます
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

ネット版の町田家系図の内容、よくわかりました。
家わけのほうは、せいぜい江戸後期まででしょうから、その後のことも充実しているわけですね。
有難うございます。


崎陽・織田
桐野先生、こんにちは。
薩摩の洋学者たちの連載は面白そうですね。
今後とも期待しております。
ところで「中原猶介」は、「ゆうすけ」か、それとも「なおすけ」と読むのが正しいのでしょうか。以前からの疑問です。
ご連載、楽しみにしています。

なおすけ
桐野作人
崎陽・織田さん、こんばんは。

中原猶介は「なおすけ」だと思います。
史料に「尚介」とも出てくるからです。


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


町田猛彦について
町田八右衛門廣正
町田 民部(上野良太郎) 28 開成所掛大目付学頭   *町田 久成
 名越 平馬(三笠政之介) 21 当番頭
 町田申四郎(塩田権之丞) 19 開成所諸生
 町田 清蔵(清水兼次郎) 15 開成所諸生       *町田清次郎

 町田久成と町田申四郎との間には町田久志という男子がおりました。この人が猛彦ではないかと思われます。
 おそらく病気を苦に自殺したのではないかと思われます。
 私の調べでは猛彦の詳しい経歴は発見できましたが、おそらく親族の自殺者は縁起が悪いので密葬とし、社会には公開しなかったのだと思います。
 それから名越平馬は町田家二男家(久政家)から養子に行った名越盛胤(町田實明)の孫で親戚関係です。

生存情報も
桐野作人
町田八右衛門廣正さま

詳しいコメント御礼。

町田猛彦については生存していたという情報もあります。
久成、猛彦の弟、清次郎(清蔵)の回想録「財部実行回顧談」には「内一人民部(久成)の三弟は羽島と云ふ所にて罹病し渡英を免ぜらる」と書かれています。
これは申四郎(のち小松帯刀養子)ではないでしょうから、消去法でいけば猛彦ではないかと思われます。

また私は未見ですが、猛彦がその後長崎で勤務していたという史料もあるそうです。



自殺ではないようですね。
町田八右衛門廣正
自殺ではないようですね。

・町田久成 1838生(天保9)~1897(明治30)

・町田久志(森田氏資料)
 平太左衛門、 父の継室の子、土岐家へ養子

・町田萬(森田氏資料)
 三崎家へ養子
 北海道駅長-不詳

・町田実績 1848生 1910没(63歳) 棟 - 申四郎 - 實績
 小松帯刀の養子、その後町田家に復帰
 久成の弟1848生 1910没(63歳) 棟 - 申四郎 - 實績
1848生 1910没(63歳) 棟 - 申四郎 - 實績
 小松帯刀の養子、その後町田家に復帰
 薩摩国日置石谷城主町田久長の子。久成の弟、清次郎の兄。薩英戦争で西瓜売り決死隊として参戦。
 1865(慶応1)年渡英、海軍技術を学ぶ。翌年帰国したがその後の消息は不明。
 市来四郎は回想録の中でこの西瓜売り決死隊作戦を考えたのは大久保利通と中山仲左衛門であったそうだと語っている。
 この「西瓜売り決死隊」には町田申四郎のほかに仁礼景範(1831~1900第2次伊藤内閣の海軍大臣)の名も見える。笑い話として伝わっているが考えついたのも実行しようとしたのも後から考えると大層な人物である。

・町田清次郎 清蔵→清次郎 清彦氏史料によると「大助」實行
 1850生(大阪)北郷主人の養子のち町田家へ復帰
 明治11年(1879)財部家を継ぐ。
 大正13年8月 町田久要以下の系図を編纂し(※1)町田秀磨に遺す。
 薩摩国日置石谷城主町田久長の子。久成、申四郎の弟。1865(慶応1)年渡英。フランスにも赴いたが翌年帰国。その後の消息は不明。
幕末維新人名辞典によると、帰国後は財部実行と改名(寺尾美保、記)とある。

※1 町田久成の一人息子で家督相続。その後申四郎の息子(町田慶蔵)に家督継承


 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

町田氏に関しては、町田氏の末裔の方が紹介されている系図が一番詳しいかと思いますが、そこにも「猛彦」の名前は載ってません。久成が連れていった他の町田姓の留学生が久成の弟であることを考えると近い縁者の可能性が高いかと思うのですが。
※URLアドレスが張り付けられないようですので、拙HPのリンクで町田氏の系図ホームページを紹介しておりますので、そちらからご覧下されば、と思います。

町田久成の弟が小松帯刀の養子になっていたとは驚きました。『新修平成旧華族家系大成』には掲載されてませんね。もっともあれに載っている系図は結構省略多いですけど。
2008/01/26(Sat) 18:17 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
反射炉で思い出しましたが以前尚古集成館で竹下清衛門が調所縁者ですと言われました。笑左衛門の生母が竹下与右衛門女子で、清衛門は与右衛門の曾孫くらいだったと思います。
2008/01/26(Sat) 18:48 | URL  | 調所 #-[ 編集]
ばんないさん、こんばんは。

町田猛彦については、よくわかりませんか。

ご紹介のサイトですが、鹿児島県史料の『旧記雑録拾遺 家わけ3』所収の「町田氏正統系譜」とは異なるものなんでしょうか?
2008/01/26(Sat) 22:13 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
竹下清右衛門
調所さん、こんばんは。
竹下清右衛門については、ぜひ取り上げたいと思っております。島津斉彬が水戸藩に竹下を出張させて、反射炉を建設させているのが大変面白いと思っています。
調所家とのつながりも興味深いですね。
2008/01/26(Sat) 22:15 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
町田家の系図
以前にメールか掲示板でやりとりしたときに聞いた記憶ですが、あそこに掲載されている系図は、『鹿児島県史料 家分け3』「町田氏正統系図」も参考にされてますが、その他に独自の調査でかなり追加されているようです。プライバシーの問題で名前は伏されていますが、平成に生まれた人物まで記載があります(爆)
2008/01/26(Sat) 23:23 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
有難うございます
ばんないさん、こんばんは。

ネット版の町田家系図の内容、よくわかりました。
家わけのほうは、せいぜい江戸後期まででしょうから、その後のことも充実しているわけですね。
有難うございます。
2008/01/27(Sun) 19:08 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
桐野先生、こんにちは。
薩摩の洋学者たちの連載は面白そうですね。
今後とも期待しております。
ところで「中原猶介」は、「ゆうすけ」か、それとも「なおすけ」と読むのが正しいのでしょうか。以前からの疑問です。
ご連載、楽しみにしています。
2008/01/28(Mon) 16:33 | URL  | 崎陽・織田 #-[ 編集]
なおすけ
崎陽・織田さん、こんばんは。

中原猶介は「なおすけ」だと思います。
史料に「尚介」とも出てくるからです。
2008/01/28(Mon) 18:37 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/28(Mon) 20:56 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/05(Tue) 02:53 |   |  #[ 編集]
町田猛彦について
町田 民部(上野良太郎) 28 開成所掛大目付学頭   *町田 久成
 名越 平馬(三笠政之介) 21 当番頭
 町田申四郎(塩田権之丞) 19 開成所諸生
 町田 清蔵(清水兼次郎) 15 開成所諸生       *町田清次郎

 町田久成と町田申四郎との間には町田久志という男子がおりました。この人が猛彦ではないかと思われます。
 おそらく病気を苦に自殺したのではないかと思われます。
 私の調べでは猛彦の詳しい経歴は発見できましたが、おそらく親族の自殺者は縁起が悪いので密葬とし、社会には公開しなかったのだと思います。
 それから名越平馬は町田家二男家(久政家)から養子に行った名越盛胤(町田實明)の孫で親戚関係です。
2012/11/18(Sun) 11:12 | URL  | 町田八右衛門廣正 #-[ 編集]
生存情報も
町田八右衛門廣正さま

詳しいコメント御礼。

町田猛彦については生存していたという情報もあります。
久成、猛彦の弟、清次郎(清蔵)の回想録「財部実行回顧談」には「内一人民部(久成)の三弟は羽島と云ふ所にて罹病し渡英を免ぜらる」と書かれています。
これは申四郎(のち小松帯刀養子)ではないでしょうから、消去法でいけば猛彦ではないかと思われます。

また私は未見ですが、猛彦がその後長崎で勤務していたという史料もあるそうです。

2012/11/21(Wed) 20:40 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
自殺ではないようですね。
自殺ではないようですね。

・町田久成 1838生(天保9)~1897(明治30)

・町田久志(森田氏資料)
 平太左衛門、 父の継室の子、土岐家へ養子

・町田萬(森田氏資料)
 三崎家へ養子
 北海道駅長-不詳

・町田実績 1848生 1910没(63歳) 棟 - 申四郎 - 實績
 小松帯刀の養子、その後町田家に復帰
 久成の弟1848生 1910没(63歳) 棟 - 申四郎 - 實績
1848生 1910没(63歳) 棟 - 申四郎 - 實績
 小松帯刀の養子、その後町田家に復帰
 薩摩国日置石谷城主町田久長の子。久成の弟、清次郎の兄。薩英戦争で西瓜売り決死隊として参戦。
 1865(慶応1)年渡英、海軍技術を学ぶ。翌年帰国したがその後の消息は不明。
 市来四郎は回想録の中でこの西瓜売り決死隊作戦を考えたのは大久保利通と中山仲左衛門であったそうだと語っている。
 この「西瓜売り決死隊」には町田申四郎のほかに仁礼景範(1831~1900第2次伊藤内閣の海軍大臣)の名も見える。笑い話として伝わっているが考えついたのも実行しようとしたのも後から考えると大層な人物である。

・町田清次郎 清蔵→清次郎 清彦氏史料によると「大助」實行
 1850生(大阪)北郷主人の養子のち町田家へ復帰
 明治11年(1879)財部家を継ぐ。
 大正13年8月 町田久要以下の系図を編纂し(※1)町田秀磨に遺す。
 薩摩国日置石谷城主町田久長の子。久成、申四郎の弟。1865(慶応1)年渡英。フランスにも赴いたが翌年帰国。その後の消息は不明。
幕末維新人名辞典によると、帰国後は財部実行と改名(寺尾美保、記)とある。

※1 町田久成の一人息子で家督相続。その後申四郎の息子(町田慶蔵)に家督継承


 
2012/11/22(Thu) 14:04 | URL  | 町田八右衛門廣正 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。