歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ第4回「名君怒る」

嘉永4年(1851)、島津斉彬の藩主となって初めてのお国入りが中心だった。

ドラマでは一門四家の家族が城中に呼ばれて、斉彬が引見したシーンがあった。ほぼ史実どおりだと思う。
『斉彬公史料』一によれば、5月10日に「一門四家の夫妻を城中に呼び、祝宴を開き玉ふ」とある(174号)。しかし、夫妻以外の子女が呼ばれたとは書いてない。
ちなみに、一門四家とは、重冨・加治木・垂水・今和泉の4家。このうち、今和泉家が序列的には四番目だろう。筆頭は重冨か加治木か議論があるが、この場合は、斉彬実弟の忠教(のち久光)が当主の重冨家だろう。
子女はおそらく引見されなかったと思うが、於哲(久光一女)をさりげなく登場させて、その後のライバル関係となる伏線にしたのだろう。

もっとも、すでに御台所問題は前年から持ち上がっている。世子家祥(のち将軍家定)が2人の御台所に相次いで先立たれたため、京都の宮家・摂関家以外から御台所を選ぼうとしており、家祥生母の本寿院は将軍家斉の御台所だった島津家出身の広大院(島津重豪の娘)の家系から候補者選定を始めていた。

当然、斉彬はそのことを知っているから、家中に御台所にふさわしい姫がいるかどうか、品定めしてもおかしくない。どうせ史料にはない子女の祗候を描くなら、その狙いで描いたほうが、ずっとドラマの趣旨に沿い、篤姫と於哲のライバル関係も際立ったのではないか。画竜点睛を欠いた惜しまれる演出である。

ところで、翌11日、今度は「大身分」(たいしんぶん)と呼ばれる門閥家の23家が呼ばれて引見され、祝宴が張られた。この23家はいわゆる一所持である。

じつは、そのなかにドラマにも出てきた小松清猷(沢村一樹)がいないのである。
小松家は堂々たる一所持なのに、なぜいないかといえば、理由は簡単。

「五月八日 太守斉彬公御家督御着城之礼として、徳川将軍家へ御使者相勤る」(189号「小松家系図」)

清猷(きよみち)は斉彬帰郷を幕府に知らせる使者として、5月8日、斉彬と入れ替わるように出府していた。
だから、ドラマで登場してはいけないはずだが、まあ、それを指摘するのは野暮だろう。
清猷がそのような使者に選ばれたことは、斉彬の信任が厚いととらえたほうがいいのかどうか。史料不足でよくわからない。

前からそうだったが、篤姫の言葉が一段と現代語に近くなった。
わかりやすく親しみやすくという狙いだろうが、果たしてどうか。ドラマ後半は重厚・沈鬱になることが多いだろうから、それとのコントラストを出すという演出だろうか。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/01/27 21:49】 | 篤姫
トラックバック(1) |

管理人のみ閲覧できます
-


視聴者を○○にするのも程があるがそれを見る人も××
ばんない
なかなか「楽しい」展開になってきたようで、関東では視聴率も高いみたいですね。

今後の展開を予想すると、坂本龍馬が大奥で篤姫と謁見して「船中八策」読み上げるくらいは想定の内。
最終回は篤姫が徳川家伝来の鎧兜まとって新政府軍にガトリング砲をぶっ放し、決めの台詞として「か・い・か・ん」ぐらい言ってくれるでしょう。

NHKのスタッフの皆様、ここ御覧になってられるようなので、是非脚本家の田淵様とか『利家とまつ』のディレクターも務められていたという佐藤峰世様その他のスタッフにこの要望をお伝え願いたい物です。


鹿児島人
桐野先生のブログを利用さしていただきます。
大河ドラマも ドラマだから フィクションもあれば
現代劇風もいいです。経済効果もあればいいですね。
ただ、
前回か、前々回だったか 西郷さんが主人公の家に
謝りにくる シーンで、
主人公の兄さんが 木刀で殴りかかるシーンがありました。
やりすぎでしょう。
暴力はいけないし、それ以上に鹿児島が野蛮と描かれているようで(貴族ですよ 鹿児島の 殴りかかるか???)
残念で 憤懣やりかたないです。
好きとか嫌いの表現は別にあるでしょう。
脚本家の 鹿児島への蔑視を感じたのです。
ここは稚拙だと 強く言いたい。
桐野先生もNHKとなんか 接触があったときはよろしく助言おねがいします。

か・い・か・ん
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

返事が遅くなってすみません。

えらいハイテンションですね。何かいいことでもありましたか。

大河といえど、視聴率を気にするようですから、成功体験が重視されるんでしょうな。
指摘するところは指摘して、長い目で見ていくしかないようで。

野蛮
桐野作人
鹿児島人さん、はじめまして。

コメント有難うございます。

ご指摘のとおり、薩摩はステレオタイプで語られることが多いですね。
「薩摩隼人」「男尊女卑」「チェスト」などなど

まあ、鹿児島側もそれに乗っかっている面もありますから、痛しかゆしですね。
鹿児島側から、もっと違う面を発信する努力をしたほうがいいかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/28(Mon) 22:49 |   |  #[ 編集]
視聴者を○○にするのも程があるがそれを見る人も××
なかなか「楽しい」展開になってきたようで、関東では視聴率も高いみたいですね。

今後の展開を予想すると、坂本龍馬が大奥で篤姫と謁見して「船中八策」読み上げるくらいは想定の内。
最終回は篤姫が徳川家伝来の鎧兜まとって新政府軍にガトリング砲をぶっ放し、決めの台詞として「か・い・か・ん」ぐらい言ってくれるでしょう。

NHKのスタッフの皆様、ここ御覧になってられるようなので、是非脚本家の田淵様とか『利家とまつ』のディレクターも務められていたという佐藤峰世様その他のスタッフにこの要望をお伝え願いたい物です。
2008/01/29(Tue) 12:19 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
桐野先生のブログを利用さしていただきます。
大河ドラマも ドラマだから フィクションもあれば
現代劇風もいいです。経済効果もあればいいですね。
ただ、
前回か、前々回だったか 西郷さんが主人公の家に
謝りにくる シーンで、
主人公の兄さんが 木刀で殴りかかるシーンがありました。
やりすぎでしょう。
暴力はいけないし、それ以上に鹿児島が野蛮と描かれているようで(貴族ですよ 鹿児島の 殴りかかるか???)
残念で 憤懣やりかたないです。
好きとか嫌いの表現は別にあるでしょう。
脚本家の 鹿児島への蔑視を感じたのです。
ここは稚拙だと 強く言いたい。
桐野先生もNHKとなんか 接触があったときはよろしく助言おねがいします。
2008/01/29(Tue) 20:21 | URL  | 鹿児島人 #-[ 編集]
か・い・か・ん
ばんないさん、こんばんは。

返事が遅くなってすみません。

えらいハイテンションですね。何かいいことでもありましたか。

大河といえど、視聴率を気にするようですから、成功体験が重視されるんでしょうな。
指摘するところは指摘して、長い目で見ていくしかないようで。
2008/01/30(Wed) 20:53 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
野蛮
鹿児島人さん、はじめまして。

コメント有難うございます。

ご指摘のとおり、薩摩はステレオタイプで語られることが多いですね。
「薩摩隼人」「男尊女卑」「チェスト」などなど

まあ、鹿児島側もそれに乗っかっている面もありますから、痛しかゆしですね。
鹿児島側から、もっと違う面を発信する努力をしたほうがいいかもしれませんね。
2008/01/30(Wed) 21:01 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ほとんど内容を忘れてしまいましたが、この時期にもう一度再放送を観るほどの話ではなかったような気がするので、観ないで適当に書いちゃいます。  例によって気になったのは斉彬の善政というやつで、みんなが絶賛していた蔵米の放出が領民のためなったのか、若干疑問...
2008/02/02(Sat) 12:24:15 |  豊泉堂雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。