歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第43回
―蘭学から集成館事業へ―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックしたら、ご覧になれます。

今回は集成館事業の流れから、中原猶介を取り上げました。
おそらくほとんど知られていないと思いますが、蘭学者・化学者にして砲術家です。
早い話、禁門の変で来島又兵衛を撃退したのも、鳥羽伏見の戦いの伏見口で、会津藩や新選組の突撃を阻止したのも、中原の砲隊です。
薩摩藩軍事力の中核といえるような人物です。

惜しむらくは、北越戦争において、長岡で河井継之助と銃砲撃戦の展開中、膝に銃創を負い、それがもとで戦傷死しました。
手当てすれば、おそらく助かったはずですが、治療を拒否して他界しています。
中原は北越戦争では、黒田清隆と並ぶ参謀でした。
西郷・大久保亡きあと、薩閥の中心は黒田になりましたが、中原が存命だったらどうだったのかと思います。

次回は禁門の変での活躍を書いてみたいと思います。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/02/02 09:50】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

拝読させていただきました
いのまた
私ごとですが、今、宮崎におります。
先ほど宮崎駅まで南日本新聞を買いに行ってきました。
「さつま人国誌」は、いつもネットで見ていましたが、ようやく現物に出会えました。
掲載場所は文化面ということで、今日は、坊津の製氷工場跡の記事や、南方熊楠の記事などもあります。
以上、現場?よりご報告でした。

遅ればせながら、連載延長おめでとうございます。
是非、村田新八を6回くらいでお願いいたしたく…(切望)。

現場
桐野作人
いのまたさん、おはようございます。

いま宮崎ですか。現場からのご報告有難うございます。

宮崎駅でもちゃんと南日本新聞を売っているのですね。わざわざお買い求めいただき、有難うございます。南方熊楠の記事もあるとか。掲載紙が送られてくるのが楽しみです。

村田新八をやるなら、これまでと違った切り口でやりたいですね。何かいいアイデアや史料がありましたら、ご教示下さいませ。



崎陽・織田
桐野先生、こんばんは。
日々の更新が早すぎてついていけないですが、今回は中原が登場しますので、一言。嘉永二年からの長崎遊学の件ですが、このとき長崎で蘭学修行のほかに、西洋砲術の修行を行った可能性はないでしょうか。有名な高島秋帆は獄中ですが、長崎にはその息子の浅五郎や高弟の中島名左衛門がいました。中原の後の経歴から見て、早くから砲術の本格的習得に努めていたのではないかと考えるのですが、いかがでしょうか。

西洋砲術修業
桐野作人
崎陽・織田さん、こんにちは。

中原猶介が長崎で西洋砲術の修業をしたのではというご意見。
もっともな推定ですね。私も大いにあり得るのではと思っております。ただ、史料不足でそこまでの裏づけがとれませんが。長崎に中原の足跡は残っていないでしょうかね。

当時、長崎は西洋の科学技術の先進地ですから、そこで学ぶのが一番ですね。
さらに臆測すれば、砲術だけでなく、蒸気船建造や操縦術にも関心があったのではないかと思います。
というのは、中原は島津斉彬が建造したわが国初の蒸気船(といっても雛形ですが)である雲行丸の建造にも関わっているからです。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
拝読させていただきました
私ごとですが、今、宮崎におります。
先ほど宮崎駅まで南日本新聞を買いに行ってきました。
「さつま人国誌」は、いつもネットで見ていましたが、ようやく現物に出会えました。
掲載場所は文化面ということで、今日は、坊津の製氷工場跡の記事や、南方熊楠の記事などもあります。
以上、現場?よりご報告でした。

遅ればせながら、連載延長おめでとうございます。
是非、村田新八を6回くらいでお願いいたしたく…(切望)。
2008/02/02(Sat) 10:32 | URL  | いのまた #x1SvnNbc[ 編集]
現場
いのまたさん、おはようございます。

いま宮崎ですか。現場からのご報告有難うございます。

宮崎駅でもちゃんと南日本新聞を売っているのですね。わざわざお買い求めいただき、有難うございます。南方熊楠の記事もあるとか。掲載紙が送られてくるのが楽しみです。

村田新八をやるなら、これまでと違った切り口でやりたいですね。何かいいアイデアや史料がありましたら、ご教示下さいませ。
2008/02/02(Sat) 11:05 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
桐野先生、こんばんは。
日々の更新が早すぎてついていけないですが、今回は中原が登場しますので、一言。嘉永二年からの長崎遊学の件ですが、このとき長崎で蘭学修行のほかに、西洋砲術の修行を行った可能性はないでしょうか。有名な高島秋帆は獄中ですが、長崎にはその息子の浅五郎や高弟の中島名左衛門がいました。中原の後の経歴から見て、早くから砲術の本格的習得に努めていたのではないかと考えるのですが、いかがでしょうか。
2008/02/03(Sun) 23:31 | URL  | 崎陽・織田 #-[ 編集]
西洋砲術修業
崎陽・織田さん、こんにちは。

中原猶介が長崎で西洋砲術の修業をしたのではというご意見。
もっともな推定ですね。私も大いにあり得るのではと思っております。ただ、史料不足でそこまでの裏づけがとれませんが。長崎に中原の足跡は残っていないでしょうかね。

当時、長崎は西洋の科学技術の先進地ですから、そこで学ぶのが一番ですね。
さらに臆測すれば、砲術だけでなく、蒸気船建造や操縦術にも関心があったのではないかと思います。
というのは、中原は島津斉彬が建造したわが国初の蒸気船(といっても雛形ですが)である雲行丸の建造にも関わっているからです。
2008/02/04(Mon) 10:27 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/02/09(Sat) 01:54 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。