歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「篤姫」第5回「日本一の男」

今回、於一(篤姫)と肝付尚五郎の話は創作全開なので、あえてコメントする必要はないのかもしれませんが、ただ、ひとつだけどうしてもおかしいので、指摘しておきます。

重冨島津家の忠教(のち久光)から持ち込まれた縁談話。
忠教の二男右近だといっていましたね。

この人、のちの図書久治のことです。島津分家のひとつ(八家のひとつ)宮之城島津家を継ぐ人で、慶応年間は首席家老を勤めた人です。
慶応3年(1867)、武力討幕の動きが出たとき、反対派だったため、明治初年の藩政改革で失脚の憂き目に遭います。のちに久光に勘当され、失意のうちに没します。

ドラマの時点では右近久中と名乗っていることになっています。
でも、篤姫よりずっと年下なんです。
天保12年(1841)生まれですから、篤姫や尚五郎より6歳も年下。
どうやら放映時点が嘉永4年(1851)か翌5年の設定ですから、右近は数えで11歳か12歳。
とてもじゃないが、適齢期とはいえそうもないです。17歳の篤姫から見たら、年齢が不釣り合いで、アウトオブ眼中でしょう。現代だと、高校生と小学生の間柄ですからね。
ましてや、的場で弓を引くのは早すぎますね。

じゃあ、忠教の長男又次郎(のちの藩主茂久)ならいいかといえば、これも右近より1歳年上なだけですから、大勢は変わりませんね。どっちにしろ、設定がおかしいです。

それもこれも、お由羅派=忠教、斉彬派=今和泉家という設定に無理があるんでしょうな。だいたい史実に即していないし。

一門四家同士の婚姻や養子などは頻繁に行われており、その実、右近の弟の英之進忠欽は、篤姫の次兄忠敬(岡田義徳)の養子になっていますけどね。

もうひとつ、今回はやたら身分や家柄にこだわっていました。
肝付家の尚五郎が一門の今和泉家より身分が下といっていたけど、それほど卑下するような間柄ではないのでは。
その証拠に、尚五郎の生母は重冨島津家の先々代の当主忠寛の一女です。つまり、一門四家と一所持の間の婚姻や養子のやりとりはよく行われていたということです。
もっとも、尚五郎は三男で部家住だから、その点では気にするのはやむをえないですが。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/02/03 23:12】 | 篤姫
トラックバック(1) |


ばんない
日曜夜8時からの苦行お疲れさまでした。

前回では身分を気にせず?大久保家に押し掛けていたのに
今週では気にしてましたか…
その場の乗りさえ良ければいいという人なんでしょうかね?今回の脚本家。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
日曜夜8時からの苦行お疲れさまでした。

前回では身分を気にせず?大久保家に押し掛けていたのに
今週では気にしてましたか…
その場の乗りさえ良ければいいという人なんでしょうかね?今回の脚本家。
2008/02/04(Mon) 17:20 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 うーん、不思議。苦戦すると予想していた『篤姫』が回を重ねるごとに視聴率があがっ...
2008/02/04(Mon) 04:20:44 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。