歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の大河ドラマに登場した重富島津家の右近君(のち図書久治)。
おそらく出番は昨日の1回だけでしょう。
その画像がありますので、ご紹介しておきます。TVの役者ととてもよく似ています。いかにも、坊ちゃんで勝ち気そうな性格が出ていますね。

図書久治_320



久しぶりに古書の紹介でも。
もっとも、中味よりも周辺情報のほうが面白い。

田中鉄軒『薩藩戦史考証』 皆兵社 1913年刊

江戸時代後期、薩摩藩の軍学者として知られる徳田邕興(1738~1804)が創始した合伝流についての解説書です。
徳田は藩主島津重豪の風紀改善政策を痛烈に批判して島流しになったほどの異端児。
この頃、薩摩藩の軍制が甲州流軍学に切り替えられようとする動きに対して、同流は机上の空論であり、鉄炮使用前の軍学など有名無実と厳しく批判しております。もっともな理屈だと思います。

余談ながら、合伝流は幕末になって、伊知地正治に受け継がれたことは有名です。西郷従道・三島通庸・高崎五六・渕辺高照らは伊知地の門弟でした。

で、中味より興味深いのは、見返しに題箋風に書かれた謹呈先。

「奉呈 山縣公閣下」

とあります。
おそらく元勲・山県有朋(1838~1922)に贈ったのではないかと思います。

山県公_320


この本の発行年には、山県は75歳ながら、まだ健在です。
山県に贈呈されたとすれば、当然、パラパラ程度にはめくったのではないかと。
そう考えると、山県が触れたかもしれない本がめぐりめぐって、私の手許にあるというのは、なかなか感慨深いものがあります。

もっとも、この本が流出したとすれば、山県家からということになりますが、さて……。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2008/02/04 19:15】 | 古書
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。