歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記

2月7日(木)
今日は終日外出だった。
京都の友人中村武生氏が所用で東下してきたので、一緒に表題の2館をめぐる。
彼のブログ(左のリンク欄「歴史と地理な日々(新版)」参照)に書いている篤姫関係のある史料探しである。私も関心がありながら、刊本史料では見つけられなかったので、ここは呉越同舟と相成る。

まず竹橋の国立公文書館に行く。個人的には内閣文庫といったほうがなじみがある。
最近久しぶりに来たが、以前のアナログ状況がまったく一新されて、整然とデジタル化されているのに驚く。

中村氏がくだんの史料を閲覧している間に、私は懸案になっていた、ある信長関係の史料を探す。某雑誌企画のために、どうしても事前に確認しておきたいものだった。
閲覧してみたら、推測どおりだった。勘の悪い私にしては珍しいくらい、ど真ん中ストライクのビンゴだった。うれしくなって、全10冊の複写を申請した。

受付に閲覧申し込みをしたとき、デスクの女性がどこかで見た方だと思っていたら、先方から「桐野先生」と声を掛けられた。先生なんてご大層な身分ではないがと思いつつ、記憶を辿ってようやく思い当たった。
私の古文書講座の受講生の友人の方で、昨年、一席を共にした方だった。あまりの奇遇に驚く。最近、奇遇ばかりだ。
おかげで、私のほうは成果があった。

そして、帰ってきてから思い出したが、ここには、以前当ブログで話題になった「別本川角太閤記」を所蔵しているのだった。それを見てくるのを忘れた。もっとも、時間がなかったので、じっくり見る余裕はなかったと思うが。

だが、中村氏のほうは、史料が年次違いでヒットせず。

その後、すぐ近くの江戸城本丸へと行く。
天守台跡が目の前にあった。
大奥跡や松之廊下跡の写真を撮り、中村氏と二人で記念撮影。

お互い、あまり時間がなかったが、乗りかかった船なので、国会図書館まで足を伸ばす。
同館内の憲政資料室にある、ある有名な幕末島津氏史料にあたるため。
事前に目録で当たりをつけ、受付からマイクロフィルムのリールを何本か借り出し、リーダーをしこしこ回す。
これだという史料名にぶつかったが、残念ながら、これまたはずれだった。諦めずに、さらに何本かセットして探してみたが、結局見つからず。
それでも、いくつか副産物があった。篤姫の明治以降の動静がわかる史料もあって、それなりに興味深かった。

しかし、肝心の史料は一体どこにあるのだろうか。
宿題を残したまま、最寄り駅で上洛する中村氏と別れた。


その後、拙宅近くの喫茶店で、横浜の某博物館の学芸員さんと打ち合わせ。
以前から講演を依頼されており、わざわざ横浜からおいでになった。
ある戦国史関係の研究会でかつてご一緒したことがあったが、いつも礼儀正しい方である。
信長や秀吉の新出文書についても、さりげなく情報を提供して下さった。

いつもお世話になっているので、少しはご恩をお返ししようと、不肖ながらお引き受けした。
テーマは信長の馬揃えである。
5月の連休明けの日程である。
正式に決まったら、またお知らせします。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/02/07 22:19】 | 日次記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。