歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の国宝第1号の南大門が放火で焼失した。
わが国でいえば、室町時代に建立されたもので、いわば、金閣寺が焼けたようなものだ(実際、金閣寺も焼けているが)。
正式には「崇礼門」というらしい。

容疑者が逮捕されたが、もう元には戻らない。
おそらく再建されるだろうが、在りし日の姿を記憶に留めておきたいと思う。
たまたま古いポジフィルムをスキャナでデジタル化の作業中だった。
少し角度を変えた2点を。
南大門1


南大門2



ついでに、わが国にもなじみのある写真もあげておきます。
まず、これもすでに消滅した、旧朝鮮総督府。博物館になっていたので、中に入りましたが、総大理石造りで、素晴らしかったです。もっとも、向こうにとっては日帝35年の象徴ですが。
総督府


伊藤博文を暗殺した安重根は向こうでは英雄です。
安重根


これからは朝鮮出兵=壬辰倭乱・丁酉再乱関係を何点か。
何といっても、救国の英雄=李舜臣。釜山にあるものです。日本側を向いているとか(笑)。
李舜臣


李舜臣が乗っていた有名な軍船・亀甲船(復元)。これは釜山にて。
亀甲船


加藤清正が苦戦した蔚山城の石垣
蔚山


小西行長が孤立した倭城の順天城石垣。
島津義弘が救出のため、援軍で駆け付け、李舜臣の水軍と激戦を展開し、李舜臣が戦死したことは有名。義弘の軍船も沈没しました。
順天


10日くらいかけて韓国中を回りました。ほんの一部ですが、個人的には非常に懐かしい写真です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/02/15 03:26】 | 雑記
トラックバック(0) |


鹿児島人
桐野先生こんばんわ

文化財がなくなったといえば
鹿児島では、廃仏毀釈で禅宗系佛寺が徹底的に
破壊され で近世の地方の細かい部分がわからなくなっているとききます。
反対に 地方政庁の場所を ほとんど学校にする行動
幕末の鹿児島人々の考えとはどうだったんでしょう?
薩摩琵琶を弾き
漢詩を創り
人形浄瑠璃(宮崎山之口他)を催したり
庭を造って めでる
文化を あっというまに破壊する狂気の裏には 何があるのでしょうか
衣食足りて礼節を知るなんでしょうかね

西郷さんは  陽明学に造詣が深かったとか。
そのあたりにも げんいんがあるのかな
暇が あったら上辺だけ勉強してみます。




廃仏毀釈
桐野作人
鹿児島人さん、おはようございます。

鹿児島の廃仏毀釈の嵐は凄まじく、島津家の菩提寺、福昌寺さえ例外ではありませんでしたね。
破壊されたのが禅宗系寺院に偏っているのは、薩摩藩では、臨済・曹洞の2宗派が島津家に厚く保護される一方、一向宗禁制をはじめ、他宗派が肩身の狭い思いをしていたことも一因でしょう。

廃仏毀釈はその藩、その地域の特殊事情も考慮しないといけないと思います。
他藩においては、やはり国学者主導によるものが多く、江戸時代、ずっと抑圧されてきた神社・神主の寺院・僧侶への逆襲、報復という面もあります。そして、宗門人別帳をはじめ、寺院が人民支配の末端となって抑圧的だったことが、庶民の怒りを買い、幕府の崩壊とともに、庇護を失った寺院に攻撃をかけたという面もあったと思います。ある面、庶民の憤激の発露でしょうから、致し方ないところもありますが、文化財が破壊されたのは残念です。
まあ、中国の文化大革命や、アフガンでのタリバンの仏像破壊などともどこか似ているかもしれませんね。共通している思想は、自分を絶対視し、他に非寛容な「原理主義」だという点でしょう。

薩摩藩の個別特殊事情はどのあたりにあるか、私も調べたことがないので、臆測で書きますが、ひとつは国学者勢力や神社勢力がそんなに強かったとは思いません。
ではなぜ、あのような徹底的破壊が行われたのか、なかなかその背景が思い浮かびませんが、ひとつは藩当局の煽動があったのかどうかという点。
この場合は、明治2年の藩政、軍制改革が廃仏毀釈と時期を同じくしている点が単なる偶然なのかどうか。この改革の主体勢力は戊辰戦争帰りの下級城下士(御小姓与中心)です。彼らは門閥層を追い落とし、藩の実権を掌握しました。その過程で、門閥制や封建制への素朴な反感が寺院破壊に向けられたかどうか。この時期、藩政史料も厖大に破棄されていますから、それとの関連があるのかどうか、興味深いところです。

もう一点は、仏教の他宗派による禅宗系寺院への逆襲、報復という観点ですね。これはあまり言われていないかもしれません。とくに弾圧されていた浄土真宗系門徒が我が世の春と謳歌した禅宗系寺院に憎悪を向けた可能性はあるのかないのか。
とくに維新直後、一向宗の禁制が解かれるなどの政策転換があったとすれば、これがきっかけになって、一向宗の反撃が始まった可能性はあるかもしれません。

いずれも、先行研究や史料を無視した私の臆測ですので、読み流して下さい。


鹿児島人
桐野先生 ありがとうございます。

明治維新から西南政争への鹿児島の歴史は維新までが
よく語られるわりには、あまり広くは語られないように思います。
語られる時は、西郷さん一筋愛調な話が多い様にも思います。
私も西郷さんは、好きです。が 歴史の必然なのでしょうが、
何千人の人々が死んで 経済文化の壊滅破滅までいってしまったのが、止められなかったのかの研究、発表が必要かなあと。
あまりにも 西郷さんの人格が、すばらしくて、そのために
悲劇性も美談になるんですよね。

あんみつ篤姫を某放送局が大々的にやると また歴史の本質、多様性を無視するのではと恐れます。駄文すみません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生こんばんわ

文化財がなくなったといえば
鹿児島では、廃仏毀釈で禅宗系佛寺が徹底的に
破壊され で近世の地方の細かい部分がわからなくなっているとききます。
反対に 地方政庁の場所を ほとんど学校にする行動
幕末の鹿児島人々の考えとはどうだったんでしょう?
薩摩琵琶を弾き
漢詩を創り
人形浄瑠璃(宮崎山之口他)を催したり
庭を造って めでる
文化を あっというまに破壊する狂気の裏には 何があるのでしょうか
衣食足りて礼節を知るなんでしょうかね

西郷さんは  陽明学に造詣が深かったとか。
そのあたりにも げんいんがあるのかな
暇が あったら上辺だけ勉強してみます。


2008/02/15(Fri) 18:19 | URL  | 鹿児島人 #mQop/nM.[ 編集]
廃仏毀釈
鹿児島人さん、おはようございます。

鹿児島の廃仏毀釈の嵐は凄まじく、島津家の菩提寺、福昌寺さえ例外ではありませんでしたね。
破壊されたのが禅宗系寺院に偏っているのは、薩摩藩では、臨済・曹洞の2宗派が島津家に厚く保護される一方、一向宗禁制をはじめ、他宗派が肩身の狭い思いをしていたことも一因でしょう。

廃仏毀釈はその藩、その地域の特殊事情も考慮しないといけないと思います。
他藩においては、やはり国学者主導によるものが多く、江戸時代、ずっと抑圧されてきた神社・神主の寺院・僧侶への逆襲、報復という面もあります。そして、宗門人別帳をはじめ、寺院が人民支配の末端となって抑圧的だったことが、庶民の怒りを買い、幕府の崩壊とともに、庇護を失った寺院に攻撃をかけたという面もあったと思います。ある面、庶民の憤激の発露でしょうから、致し方ないところもありますが、文化財が破壊されたのは残念です。
まあ、中国の文化大革命や、アフガンでのタリバンの仏像破壊などともどこか似ているかもしれませんね。共通している思想は、自分を絶対視し、他に非寛容な「原理主義」だという点でしょう。

薩摩藩の個別特殊事情はどのあたりにあるか、私も調べたことがないので、臆測で書きますが、ひとつは国学者勢力や神社勢力がそんなに強かったとは思いません。
ではなぜ、あのような徹底的破壊が行われたのか、なかなかその背景が思い浮かびませんが、ひとつは藩当局の煽動があったのかどうかという点。
この場合は、明治2年の藩政、軍制改革が廃仏毀釈と時期を同じくしている点が単なる偶然なのかどうか。この改革の主体勢力は戊辰戦争帰りの下級城下士(御小姓与中心)です。彼らは門閥層を追い落とし、藩の実権を掌握しました。その過程で、門閥制や封建制への素朴な反感が寺院破壊に向けられたかどうか。この時期、藩政史料も厖大に破棄されていますから、それとの関連があるのかどうか、興味深いところです。

もう一点は、仏教の他宗派による禅宗系寺院への逆襲、報復という観点ですね。これはあまり言われていないかもしれません。とくに弾圧されていた浄土真宗系門徒が我が世の春と謳歌した禅宗系寺院に憎悪を向けた可能性はあるのかないのか。
とくに維新直後、一向宗の禁制が解かれるなどの政策転換があったとすれば、これがきっかけになって、一向宗の反撃が始まった可能性はあるかもしれません。

いずれも、先行研究や史料を無視した私の臆測ですので、読み流して下さい。
2008/02/16(Sat) 11:09 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
桐野先生 ありがとうございます。

明治維新から西南政争への鹿児島の歴史は維新までが
よく語られるわりには、あまり広くは語られないように思います。
語られる時は、西郷さん一筋愛調な話が多い様にも思います。
私も西郷さんは、好きです。が 歴史の必然なのでしょうが、
何千人の人々が死んで 経済文化の壊滅破滅までいってしまったのが、止められなかったのかの研究、発表が必要かなあと。
あまりにも 西郷さんの人格が、すばらしくて、そのために
悲劇性も美談になるんですよね。

あんみつ篤姫を某放送局が大々的にやると また歴史の本質、多様性を無視するのではと恐れます。駄文すみません。
2008/02/16(Sat) 13:27 | URL  | 鹿児島人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。