歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第45回
―北越戦争で治療を拒絶―

連載が更新されました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

中原猶介の3回目である。
砲術家としての中原の活躍と最期を書きました。
禁門の変、伏見戦争、北越戦争を1回分にまとめるのは、案の定、ひと苦労でした。

中原が蒸気船購入などにも奔走したり、慶応2年(1866)、英国臨時公使一行が薩摩藩を表敬訪問したとき、中原が砲術操練の演武を示す栄誉に預かり、英国人の度肝を抜いた話など面白いところがあったのですが、割愛せざるをえませんでした。

前回書いた薩英戦争での中原の建言書に神瀬の砲台建設が急務だという提案があったのですが、やはり戦争前に着工する余裕がなかったらしく、戦後すぐ着工にとりかかり、完成しています。その迅速さを見ると、中原が予言したとおり、実戦において神瀬に砲台がない弱点を薩摩藩要路が痛感したものと思われます。

今回、面白いのは、中原と勝海舟の意外な交流だと思います。
禁門の変での中原の砲隊はどうやら神戸海軍操練所の生徒たち(おそらく薩摩藩士)で成り立っていたようです。大砲まで勝から借りたのではないかと推定してみました。
勝海舟日記を見ると、禁門の変の前に中原が勝を訪問して蘭書などを拝借しています。2人は親しい間柄だったようです。

中原の活動や人脈が多様で面白いことがわかりました。
また写真の謎も興味深いです。
ほかにも紹介できなかった中原の史料や逸話もまだありますので、もっと詳しく掘り下げてみたい人物です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/02/16 13:03】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


崎陽・織田
桐野先生、こんばんわ。
中原猶介のこと、ますます興味深い人物ですね。勝とも交流があったとは驚きました。早速、勝日記を読んでみると、確かに随所に登場しますね。勝から英書を借り受けているところから、中原の興味は既に英学の方に向いていたのでしょうか。
中原写真の件も、今後、ご研究を続けてください。先生が取り上げられた写真とは別種のものが、「甦る幕末」に掲載されていました。たぶん長崎で、西洋人により撮影されたものと思います。中原は戸外で椅子に腰掛けています。

「甦る幕末」
桐野作人
崎陽・織田さん、こんばんは。

中原の交友関係はかなり多彩だと思います。
佐久間象山とか川路聖謨なんかとも知り合いだった可能性がありますね。

「甦る幕末」にも、中原の写真が載っているのは知っているのですが、どこにしまい込んだのか見付け出せずにおります。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生、こんばんわ。
中原猶介のこと、ますます興味深い人物ですね。勝とも交流があったとは驚きました。早速、勝日記を読んでみると、確かに随所に登場しますね。勝から英書を借り受けているところから、中原の興味は既に英学の方に向いていたのでしょうか。
中原写真の件も、今後、ご研究を続けてください。先生が取り上げられた写真とは別種のものが、「甦る幕末」に掲載されていました。たぶん長崎で、西洋人により撮影されたものと思います。中原は戸外で椅子に腰掛けています。
2008/02/19(Tue) 00:12 | URL  | 崎陽・織田 #-[ 編集]
「甦る幕末」
崎陽・織田さん、こんばんは。

中原の交友関係はかなり多彩だと思います。
佐久間象山とか川路聖謨なんかとも知り合いだった可能性がありますね。

「甦る幕末」にも、中原の写真が載っているのは知っているのですが、どこにしまい込んだのか見付け出せずにおります。
2008/02/19(Tue) 18:49 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。