歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

20日(水)
夜、島津晴久氏(重富島津家当主)より電話あり。
18日に江戸東京博物館で、関係者・招待者だけによる「篤姫」展の事前内覧があり、それに参加された報告を聞く。じつはさるお願い事をしており、その結果を伝えていただいた。
何と、その場に、ゲストとして宮崎あおい、瑛太の主役2人も来ていたとか。
事前に知っていたら、何とか潜り込んだのに。

21日(木)
南日本新聞の連載「さつま人国誌」で、しばらく小松帯刀の連載をすることにした。
5月下旬の講演会もあり、その前宣伝の意味と、やはり小松の知られざる面を多くの人に知ってもらいたいためである。
今週土曜日が1回目掲載で、5回つづける予定。

同じく上記連載の新ネタ。
宮崎方面のある史跡写真をブログで知りあった方から送っていただく。
前から関心があった事件だったが、写真がないために書けずにいた。
いい写真をたくさん送ってもらった。
これで書けるメドがたった。
まことに有難い。
最近、ブログを通じたステキなネットワークが構築できているのを実感する。

幕末京都のこの間の懸案事項。
中村武生氏のブログでも話題になっている件。
とある近世朝幕関係史に詳しい研究者に思い切ってお尋ねすることにした。
朗報があればいいな……。

夕刻、「兼見卿記」輪読会。
神保町の某女子大にて。
今回は参加者が多かった。
天正15年(1587)を読んでいるが、なかなか面白い。
ある遠州の僧侶が、霊夢を見たとして賜ったという正親町天皇の古い御製を持参して、そのお墨付きを得ようとした、一種の詐偽事件の記事あり。
けちくさくて面白い。
といっても、読んでいる当人たちでないと、ブログでは伝わらないかもしれない。

新書の初校ゲラの校正が滞ったままである。
早くやらないといけないが、他の仕事があってなかなか手をつけられないでいる。
歴読の連載もすぐ締切が来る。急いで書かねば。
桶狭間合戦に入るかどうか、迷っているところ。

どの仕事も中途半端で、なかなか収拾と区切りがつかない。このどっちつかずの状態を早く何とか立て直したいが、やるっきゃないだろう。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/02/21 23:53】 | 信長
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。