歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第8回「お姫様教育」

ドラマ進行時点は嘉永6年(1853)です。

いよいよペリー艦隊が浦賀に来ましたね。これ以降の幕末の激動を、この年の干支をとって「癸丑以来」と枕詞のように使われるようになりました。まあ、9・11以来というのと似たような感覚か。

外政多難の一方で、篤姫周辺も本来は御台所問題で大変で、篤姫の実子届けを出したのも束の間、摂関家の二条家から将軍家に縁組申し入れがあり、ライバルの近衛家などは心中穏やかならぬはずですが、斉彬と対面した近衛忠熈はそんなことはおくびにも出しておりませんでしたね。

裏で進行している御台所問題をめぐる駆け引きを描いたほうが、篤姫の入輿までの多難を印象づけられていいのではと思うのですが、そうしないのは原作の縛りゆえでしょうかね?

というのも、宮尾登美子氏の原作が刊行された時点で、御台所問題についての芳即正氏の新説(御台所問題は斉彬の発意ではなく、あくまで将軍家の意向、将軍継嗣問題と篤姫入輿は無関係という説)はまだ公表されていませんでした。

古い原作と新しい学説との齟齬をどう調整するつもりなのか、ずっと注目してみていたつもりですが、やはり、新説は無視という方針のようですね。

で、細かいツッコミをひとつ。
この年の斉彬のお国入りでは、途次、斉彬本人は入京しておらず、伏見屋敷止まりだったと思います。
帰国後、斉彬が近衛忠熈に宛てて、「伏見通行の節は」云々と、近衛家が伏見に贈り物を届けてくれたことを感謝する書簡を出しています。

また斉彬のお供、山田為正がこのときの道中日記を残しています(「嘉永六年島津斉彬下国御供日記」)。
それによれば、5月17日に伏見に到着し、21日まで斉彬はそのまま滞在しているようです。日記の主の山田は斉彬の使者として入京し、近衛家に挨拶に出向きますが、賀茂川が氾濫して三条大橋を渡れずに伏見に引き返しているほどです。考えてみれば、入梅してますね。

ですから、このとき斉彬と近衛忠熈の会見はありません。もちろん、幾島とも会っていないでしょうね。

ちゃんと史実を踏まえているところもあります。
大久保正助が謹慎を解かれて蔵役に復帰したのは、たしかにこの年5月です。
また、ドラマの最後で篤姫が侍女たちに大見得を切った「島津薩摩守」云々の受領名も合っておりました。ただ、斉彬の実名は出さないと思うけど。

あと、鶴丸城内に大奥があったのはたしかです。
大奥といえば、江戸城だけというイメージがありますが、決してそんなことはありません。大名家や上級公家の奥向きも大奥と呼ばれています。
たとえば、上記山田の道中日記には、斉彬に対して近衛家の「大奥」からも贈り物があったと書いています。

余談
それにしても、高橋英樹と松坂慶子のコンビは、「国盗り物語」での信長と帰蝶(濃姫)以来ではないでしょうか。懐かしいですな。
国盗り物語」は1973年放映。じつに35年前ですぞ。
2人とも変わらずに第一線で活躍していて、感無量ですな。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2008/02/24 22:32】 | 篤姫
トラックバック(1) |

素朴な疑問
武藤 臼
大奥ものとかでいかにもありそうだなと笑ってみていたのですが
当年すでに18にもなる姫君の挙動について、一介の次女風情が嘲笑する
・・・という設定はありなのでしょうか?

笑う方がかなり年上というならまだしも、自分がほぼ同年代の召使いだったら、とても真似できないのですが。


鹿児島人
桐野先生 御返事ありがとうございます。

篤姫の鹿児島編も残りはあまりないんでしょう
経済効果があって地元が潤えば いいかと思う此の頃です。
先日 鹿児島市に出来ている 篤姫館を見てきました。
入場料500円が高いか安いかは言いませんが
パンフの幕末シンデレラストーリーには ??!?
シンデレラを 調べに行ってきます。
ま、企業の慰安旅行で観光バスで回る方々にはいいのかも。
鹿児島編を 放送している時は篤姫紀行も鹿児島ですよ。
観光客を呼び込む為に鹿児島の史跡をね NHKさま。
(ブログ汚しですみません) 

鶴丸城の奥向き
桐野作人
武藤 臼さん、こんばんは。

鶴丸城の大奥が舞台でしたが、よく考えてみると、ここには、藩主正室はいないんですよね。正室は原則として江戸住まいですから。
ですから、ここにいる女性は側室とその侍女、あるいは側室が産んだ子女がほとんどではないかと思います。

どうも、正室かその娘付きの侍女が分家出の養女をいじめている構図にみえますが、それ自体、成立しません。
篤姫は一応、斉彬の実子ということになっていますから、彼女たちよりはるかに身分が上ですね。だから、ご指摘のように、侍女があからさまに嘲笑するというのは過剰演出という気がしますね。
本家と分家の格差を際立たせようという演出意図でしょうが、篤姫を実子として届け出た時点で、そのような格差は消滅しているわけで。篤姫は気に入らぬ侍女を更迭・追放する権力をもっていると思いますよ。


幕末シンデレラストーリー!?
桐野作人
鹿児島人さん、こんばんは。

篤姫館はそんなキャッチフレーズを謳っておりますか。
しかし、将軍家定が白馬の王子様だとはどうしても思えません。現実問題として、悲惨な結婚生活ですからね。
将軍家定の欠陥はよく知られた話ですから、その史実を知ったうえで、そのように謳うのは罪深いですし、知らずにいるとすれば、不勉強ですね。
「看板に偽りあり」だと思います。

養女いじめ
武藤 臼
なるほど面白いですね。
そうするとあの「頭が高い!」には理があるわけですね。

演出意図という点ではどうもいまひとつピンと来なかったですね。
単に着飾った田舎者をみんなで嘲笑している風に見てました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素朴な疑問
大奥ものとかでいかにもありそうだなと笑ってみていたのですが
当年すでに18にもなる姫君の挙動について、一介の次女風情が嘲笑する
・・・という設定はありなのでしょうか?

笑う方がかなり年上というならまだしも、自分がほぼ同年代の召使いだったら、とても真似できないのですが。
2008/02/25(Mon) 00:22 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
桐野先生 御返事ありがとうございます。

篤姫の鹿児島編も残りはあまりないんでしょう
経済効果があって地元が潤えば いいかと思う此の頃です。
先日 鹿児島市に出来ている 篤姫館を見てきました。
入場料500円が高いか安いかは言いませんが
パンフの幕末シンデレラストーリーには ??!?
シンデレラを 調べに行ってきます。
ま、企業の慰安旅行で観光バスで回る方々にはいいのかも。
鹿児島編を 放送している時は篤姫紀行も鹿児島ですよ。
観光客を呼び込む為に鹿児島の史跡をね NHKさま。
(ブログ汚しですみません) 
2008/02/25(Mon) 06:50 | URL  | 鹿児島人 #-[ 編集]
鶴丸城の奥向き
武藤 臼さん、こんばんは。

鶴丸城の大奥が舞台でしたが、よく考えてみると、ここには、藩主正室はいないんですよね。正室は原則として江戸住まいですから。
ですから、ここにいる女性は側室とその侍女、あるいは側室が産んだ子女がほとんどではないかと思います。

どうも、正室かその娘付きの侍女が分家出の養女をいじめている構図にみえますが、それ自体、成立しません。
篤姫は一応、斉彬の実子ということになっていますから、彼女たちよりはるかに身分が上ですね。だから、ご指摘のように、侍女があからさまに嘲笑するというのは過剰演出という気がしますね。
本家と分家の格差を際立たせようという演出意図でしょうが、篤姫を実子として届け出た時点で、そのような格差は消滅しているわけで。篤姫は気に入らぬ侍女を更迭・追放する権力をもっていると思いますよ。
2008/02/25(Mon) 18:40 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
幕末シンデレラストーリー!?
鹿児島人さん、こんばんは。

篤姫館はそんなキャッチフレーズを謳っておりますか。
しかし、将軍家定が白馬の王子様だとはどうしても思えません。現実問題として、悲惨な結婚生活ですからね。
将軍家定の欠陥はよく知られた話ですから、その史実を知ったうえで、そのように謳うのは罪深いですし、知らずにいるとすれば、不勉強ですね。
「看板に偽りあり」だと思います。
2008/02/25(Mon) 18:44 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
養女いじめ
なるほど面白いですね。
そうするとあの「頭が高い!」には理があるわけですね。

演出意図という点ではどうもいまひとつピンと来なかったですね。
単に着飾った田舎者をみんなで嘲笑している風に見てました。
2008/02/25(Mon) 21:28 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 旅じゃBLOGも菊地会員に助けられる形で、現在のところとりあえず3月2日までは...
2008/02/25(Mon) 05:10:17 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。