歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第47回
―近衛家、一橋慶喜が信頼―

私の連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックしたら、ご覧になれます。

今回は小松帯刀の2回目。
禁門の変前後における小松の周旋力の一端を書いてみました。
門閥出身ゆえか、小松は上級公家や一橋慶喜など幕閣要人の受けがいいですね。
とくに慶喜との間柄は大政奉還までつづくわけで、なかなか微妙ではあります。

次回は、小松の京都屋敷の場所を再検討してみることにします。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/01 13:59】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


鹿児島人
桐野先生おはようございます。
さつま人国誌、読みました。
少しは、小松帯刀の名誉も、回復したかなと。
南日本新聞は鹿児島圏のみですけどね。
某放送局の、影響力に対抗するには、大変でしょうけど。
頑張ってください。
次回も楽しみにしております。

小松帯刀
桐野作人
鹿児島人さん、こんにちは。

連載を読んでいただき、有難うございます。
小松の面白いところを紹介したいと思っていますが、紙数の関係で十分紹介できないのが残念です。そのうちまた書きます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生おはようございます。
さつま人国誌、読みました。
少しは、小松帯刀の名誉も、回復したかなと。
南日本新聞は鹿児島圏のみですけどね。
某放送局の、影響力に対抗するには、大変でしょうけど。
頑張ってください。
次回も楽しみにしております。
2008/03/02(Sun) 10:32 | URL  | 鹿児島人 #mQop/nM.[ 編集]
小松帯刀
鹿児島人さん、こんにちは。

連載を読んでいただき、有難うございます。
小松の面白いところを紹介したいと思っていますが、紙数の関係で十分紹介できないのが残念です。そのうちまた書きます。
2008/03/04(Tue) 14:43 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。