歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第9回「篤姫誕生」

今回は、松坂慶子演じる幾島の独壇場でしたね。
何となく、数年前の大河ドラマ「毛利元就」でのお杉の方の役回りと似ていると思ったのは私だけでしょうか。

幾島は薩摩出身で、先代藩主斉興の養女郁姫(先々代藩主斉宣の娘)の近衛家入輿に伴い上京して京都暮らしが長い。幾島がどのような家に生まれたかはよくわからない。

なぜ郁姫の父が藩主なのに兄斉興の養女となったのかといえば、父斉宣が祖父重豪の逆鱗に触れて隠居に追い込まれたため。
郁姫が斉興の養女となったのは文化12年(1815)で9歳のとき。父斉宣の隠居とほぼ同じ時期である。

郁姫は、ドラマでは小朝が演じている近衛忠熈(嘉永6年当時は右大臣)の正室となった。
ドラマ進行時点の3年前の嘉永3年(1850)3月に他界している。享年44。

幾島は郁君付きの侍女だったとき、藤田という名前だったという。
そして、郁姫の他界とともに、得浄院という院号を名乗っている(徳永和喜『天璋院篤姫』)。
院号を名乗れるくらいだから、身分的には高いことになる。こうした侍女が院号を名乗る場合、不勉強でよく知らないが、剃髪しないのだろうか。
そして、ドラマ進行時点では、幾島ではなく、得浄院と名乗るのが本筋だと思う。
ちょうど同じ時期、参勤で帰国途中(伏見)の斉彬が城代家老の島津豊後(久宝)に書簡を出している。

一、右府様より信君様を虎寿丸え縁組の儀、内々得浄院をもって仰せ下され候

とある。

篤姫が入輿に先立ち近衛家の養女になる話と、忠熈の一女と斉彬の世子虎寿丸の縁組話も同時進行していた。もっとも、虎寿丸は翌年早世するが。
斉彬が近衛家との関係を二重に強化しようとしていることがわかる。

そして、引用中にある「得浄院」が幾島のこと。
だから、ドラマ進行時点では幾島とは名乗っていない。
幾島と名乗るのは、篤姫が近衛家の養女となり、江戸に乗りこむとき。得浄院は還俗したものか。
篤姫入輿に伴い、幾島は近衛家家司の今大路家の娘という形で篤姫付きとなる。
本来は得浄院と名乗るべきだろうが、混乱を避けるためには致し方ないか。

もうひとつの疑問は、おそらく幾島は鹿児島に下向していないのではないか。
篤姫上京に先立ち、江戸に下って篤姫の到着を迎えたとされている(寺尾美保『天璋院篤姫』)。

また、幾島は「こぶ」というあだ名でも呼ばれていたようである。当然、顔にこぶがあったのだろう。
だが、松坂慶子にはこぶがなかった。
20年前の大河「翔ぶが如く」では、樹木希林が幾島を演じたが、このときもこぶはなかったような。
上記寺尾氏によれば、「こぶ」の話は越前松平家の『昨夢紀事』に書かれているとのことだが、何せ大部の史料ゆえ、まだ探せ出せていない。

篤姫誕生というのは、今和泉家時代の於一(おかつ)から島津宗家の姫としての名乗り。
斉彬が曾祖父重豪の一女茂姫が将軍家斉の御台所となった先例をあげて、茂姫が「篤」と名乗ったのにあやかって、「篤姫」と命名したと語っていた。
茂姫はたしかに「於篤」と呼ばれていた。また「篤」は「とく」と読んだというのは初めて知った。『島津氏正統系図』などの史料にはルビが振ってないから知らなかった。勉強させてもらいました。

ただ、「於篤」は篤姫こと「於一」と同様、幼名ではないのかなと思う。両者に「篤」の字が共通しているのは承知していたが、そのような関連があるのかどうか、不勉強でよくわからない。島津宗家にそのような読みとして伝わっているのかもしれないが。

なお、篤姫は近衛家の養女となったとき、「篤君」という君号と、「敬子」(すみこ)という実名に改名する。摂関家の姫は~君と君号で呼ばれる。

将軍世子家祥(のち家定)の最初の御台所は鷹司家出身の「有君」、実名は任子(ただこ)。
有君死後の継室は一条家の「明君」(あけきみ)、実名は「秀子」

篤君-敬子もそれらと対応した名乗りである。

さて、篤姫の未来の夫、家祥さんはまたエキセントリックぶりを発揮していましたね。
ちゃんと家祥(いえさち)としていました。史実どおりです。
このあと、将軍補任とともに家定に改名します。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2008/03/02 22:43】 | 篤姫
トラックバック(1) |

松坂慶子
武藤 臼
なにか、今日はドラマとしては楽しく見られましたね。
細かいところはほうっておいて。

松坂慶子・・・とくに恰幅の良さのでた歴史ものというと、私の場合1999年のNHK正月時代劇ドラマ「加賀百万石」で、原田芳雄利家と組んだ松坂慶子まつを思い出します。
http://homepage3.nifty.com/HAKU/past/kaga01.html

今度は幾島がワープか(爆)
ばんない
こんばんは。観賞されている方が多いようで、日本人の心の広さというか、我慢強さにかえって感心している次第です(苦笑)

ところで、幾島が鹿児島編でいきなり登場したのは、背景の雷を省いても(爆)驚きました。お付き女中は一生奉公で、まして姫の死に伴って出家したような女性であれば、既に故郷のことは思い切っており鹿児島に戻ることはないと考えられます。また、幾島(=得浄院)の所属も島津家から近衛家になっていると思われます。更にこの時点では篤姫の所属はまだ島津家ですが、ドラマでは、島津家所属の姫のために、近衛家所属の女中が帰国したと言うことになりますね。

ところでご紹介の史料に出てきた虎寿丸(斉彬男子)の縁談の話は興味深かったです。山本博文『徳川将軍家の結婚』(中公新書)によれば、近衛家はプライドの高さから将軍家との結婚にも当初は乗り気ではなく、島津家の姫を何回か正室に迎えたのも幕府の圧力に屈して嫌々、という話が紹介されていました。一方の島津家も、公家の正室を迎えた当主は2代藩主光久(しかも後妻)だけだったと思います。
但し、近衛家は六代将軍・徳川家宣との縁談が上手くいってから後は御三家・御三卿とも積極的に縁組みしていますので、この縁組、近衛家よりむしろ島津家の方が思いきった縁談だったかも知れません。

>正月時代劇「加賀百万石」
原田利家が、それまでの類型的な利家とは違った感じだったのがおもしろかったです。
…この出来から、「利家とまつ」に期待していた私がバカでした(爆)

原田芳雄
桐野作人
武藤 臼さん、こんのちは。

そのドラマ、ちゃんと見ていないのですよ。
たしか、病床の利家を家康が見舞う有名な場面で、原田芳雄演じる利家が敷き布団の下から刀を取り出して、利長に向かって「おまえがその気なら、この刀で家康を刺したのに」とか言って怒ったのがそれでしたっけね? そこだけは何とか覚えています。
利長役は誰だったか? 高嶋兄弟の兄貴のほうだったかな?

25%
桐野作人
ばんないさん、こんにちは。

一昨日の「篤姫」の視聴率、25%だそうです。
よほど、大衆のツボを掴んだのでしょうね。
軽すぎると思う私たちの感覚のほうがマイノリティなんでしょう。

近衛家は六代将軍家宣夫人、天英院がいろんな意味で影響力が大きいですね。
島津家の地位を高めるきっかけになった竹姫も天英院の子供みたいなもので、天英院が将軍吉宗に圧力をかけて、島津継豊に再嫁させたわけで。それから広大院、天璋院と先例がどんどんグレードアップしていきますからね。
遡れば、島津家の大恩人ですね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
松坂慶子
なにか、今日はドラマとしては楽しく見られましたね。
細かいところはほうっておいて。

松坂慶子・・・とくに恰幅の良さのでた歴史ものというと、私の場合1999年のNHK正月時代劇ドラマ「加賀百万石」で、原田芳雄利家と組んだ松坂慶子まつを思い出します。
http://homepage3.nifty.com/HAKU/past/kaga01.html
2008/03/03(Mon) 00:22 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
今度は幾島がワープか(爆)
こんばんは。観賞されている方が多いようで、日本人の心の広さというか、我慢強さにかえって感心している次第です(苦笑)

ところで、幾島が鹿児島編でいきなり登場したのは、背景の雷を省いても(爆)驚きました。お付き女中は一生奉公で、まして姫の死に伴って出家したような女性であれば、既に故郷のことは思い切っており鹿児島に戻ることはないと考えられます。また、幾島(=得浄院)の所属も島津家から近衛家になっていると思われます。更にこの時点では篤姫の所属はまだ島津家ですが、ドラマでは、島津家所属の姫のために、近衛家所属の女中が帰国したと言うことになりますね。

ところでご紹介の史料に出てきた虎寿丸(斉彬男子)の縁談の話は興味深かったです。山本博文『徳川将軍家の結婚』(中公新書)によれば、近衛家はプライドの高さから将軍家との結婚にも当初は乗り気ではなく、島津家の姫を何回か正室に迎えたのも幕府の圧力に屈して嫌々、という話が紹介されていました。一方の島津家も、公家の正室を迎えた当主は2代藩主光久(しかも後妻)だけだったと思います。
但し、近衛家は六代将軍・徳川家宣との縁談が上手くいってから後は御三家・御三卿とも積極的に縁組みしていますので、この縁組、近衛家よりむしろ島津家の方が思いきった縁談だったかも知れません。

>正月時代劇「加賀百万石」
原田利家が、それまでの類型的な利家とは違った感じだったのがおもしろかったです。
…この出来から、「利家とまつ」に期待していた私がバカでした(爆)
2008/03/03(Mon) 19:48 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
原田芳雄
武藤 臼さん、こんのちは。

そのドラマ、ちゃんと見ていないのですよ。
たしか、病床の利家を家康が見舞う有名な場面で、原田芳雄演じる利家が敷き布団の下から刀を取り出して、利長に向かって「おまえがその気なら、この刀で家康を刺したのに」とか言って怒ったのがそれでしたっけね? そこだけは何とか覚えています。
利長役は誰だったか? 高嶋兄弟の兄貴のほうだったかな?
2008/03/04(Tue) 14:47 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
25%
ばんないさん、こんにちは。

一昨日の「篤姫」の視聴率、25%だそうです。
よほど、大衆のツボを掴んだのでしょうね。
軽すぎると思う私たちの感覚のほうがマイノリティなんでしょう。

近衛家は六代将軍家宣夫人、天英院がいろんな意味で影響力が大きいですね。
島津家の地位を高めるきっかけになった竹姫も天英院の子供みたいなもので、天英院が将軍吉宗に圧力をかけて、島津継豊に再嫁させたわけで。それから広大院、天璋院と先例がどんどんグレードアップしていきますからね。
遡れば、島津家の大恩人ですね。
2008/03/04(Tue) 14:55 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 幾島(松坂慶子)登場。広川よりきつい教育にさすがの於一も圧倒されている様子です...
2008/03/03(Mon) 03:38:00 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。