歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

3月3日(月)
NHK大河ドラマ「篤姫」の監修者である原口泉氏(鹿児島大学教授)の上京に合わせた囲む会に誘われたので、友人のM川さん、I股さんと一緒に参加。
船上パーティという触れ込みに惹かれたわけで(笑)。

参加者の多くが、原口氏の出身高校であるK南高校の同窓生、それと東京の自顕流関係者だった。お知り合いの顔も二、三あった。昨年暮れ講演した京王電鉄の重役さんもおいでで、先方から挨拶されて恐縮する。

汐留の電通ビルで待ち合わせたが、暗いせいか目的地がよくわからず、辿り着くのに少し苦労した。
浜離宮近くのハーバーに碇泊している船に乗り込む。
定員の関係から30人ほどに限定の会だった。

鹿児島出身者が圧倒的に多いが、みなさん、東京生活が長いせいか、鹿児島弁はさほと飛び交わなかった。
とくに、原口氏の同級生で、世界を股にかけてクルージングのガイドをされている方の話は圧巻だった。
地中海の東半分、アラスカ沖、北欧のフィヨルドそしてカリブ海のユカタン半島寄りがクルージングにはお勧めとのこと。憧れるが、縁がなさそう(笑)。

そして、日本人や鹿児島県人は知らないが、錦江湾は世界有数のクルージング地だそうだ。
山川から湾に入って右手に雄大な桜島が見えてくると、外国人は「ブラボー」と歓声をあげるとか。
ナポリとヴェスヴィオス火山にも優るとも劣らぬ景観で、それを鹿児島県人が知らないのはもったいないという話には、うなずくことしきり。

地中海は無理でも、錦江湾クルーズなら現実性があるなと思った。
地元でやっているところはないのだろうか?

東京湾クルーズのはずが、主賓の原口氏が飛行機の遅れで到着が遅れに遅れて、なかなか出航できずに碇泊したまま。
ようやく到着されたときは9時を回っていた。
旬な「篤姫」制作上の裏話や、18年前の大河「翔ぶが如く」との比較など、軽妙に話されて爆笑の渦だった。

原口氏は以前、龍馬会全国大会が霧島で開催されたとき、挨拶されたのを遠くから眺めたことはあるが、実際に挨拶するのは初めてだった。
名刺を差し出したら、「おおっ、君か。前から会いたいと思っていたんだ」と噂に聞いていたとおり、人たらしである(笑)。
近刊の著書に私が書いたものを使わせてもらったからと、お礼を言われた。
「義弘じゃなく、義久に着目したのもなかなかだ」
と誉めていただき、恐縮する。

その他、郷里出水の郷士、伊藤祐徳の話で、しばし盛りあがる。伊藤祐徳と出水郷士団が西南戦争でどのような去就を示したのかを私が詳しく知ったのは、原口氏が25年ほど前に出演したNHKの歴史番組「歴史への招待」でだった。またそれがきっかけで郷土史に関心をもつようにもなった。そのいきさつを話したら、原口氏が伊藤家の歴代当主の名前をずらりと列挙されて驚かされる。私は祐徳とその孫の信夫氏しか知らないが(汗)。
ちなみに、祐徳の子孫が現・鹿児島県知事である。

そんなこんなの初対面だった。

結局、クルーズに出航したのは9時半を回ってからだったか。
東京タワーやレインボーブリッジ、お台場などがよく見えた。
次回は少し明るいうちから出港できたらいいなと思った。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/04 14:30】 | 日次記
トラックバック(0) |


-
宣伝w
錦江湾クルージング
城山ストア 帆船型遊覧船

http://www5.synapse.ne.jp/sym/

錦江湾クルーズ
桐野作人
どなたか存じませんが、情報提供有難うございます。

鹿児島でもクルージングができるのですね。
いつか実現できたらと思います。

30人
ばんない
こんばんは。
微妙な人数でのクルージング(苦笑)なかなか有意義な物だったようですね。最初「たった30人で飛鳥クラスの客船貸し切りとは、さすが某大河ドラマ関連で富豪の原口教授!」…なんて早とちりしてしまいましたが、クルーザーで「極○の妻たち」風、あるいは和風クルージング船(屋形船とも言う)で「越後屋、そちも悪じゃのう」風の物だったんでしょうか。

鹿児島港にはかつてあのクイーン・エリザベス二世号も寄港しています。日本人から見ると不思議でしたが、そういうことだったんですね。ちなみにご存じとは思いますが、ナポリ市は鹿児島市と姉妹都市の関係で、ナポリ市には「kagoshima」という道もあります(爆)

錦江湾にはクルージングの他にうどんが有名なフェリーがありますね。…もしかしてこのせいか?クルージングが知られていないのは?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
宣伝w
錦江湾クルージング
城山ストア 帆船型遊覧船

http://www5.synapse.ne.jp/sym/
2008/03/05(Wed) 04:38 | URL  |  #-[ 編集]
錦江湾クルーズ
どなたか存じませんが、情報提供有難うございます。

鹿児島でもクルージングができるのですね。
いつか実現できたらと思います。
2008/03/05(Wed) 18:58 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
30人
こんばんは。
微妙な人数でのクルージング(苦笑)なかなか有意義な物だったようですね。最初「たった30人で飛鳥クラスの客船貸し切りとは、さすが某大河ドラマ関連で富豪の原口教授!」…なんて早とちりしてしまいましたが、クルーザーで「極○の妻たち」風、あるいは和風クルージング船(屋形船とも言う)で「越後屋、そちも悪じゃのう」風の物だったんでしょうか。

鹿児島港にはかつてあのクイーン・エリザベス二世号も寄港しています。日本人から見ると不思議でしたが、そういうことだったんですね。ちなみにご存じとは思いますが、ナポリ市は鹿児島市と姉妹都市の関係で、ナポリ市には「kagoshima」という道もあります(爆)

錦江湾にはクルージングの他にうどんが有名なフェリーがありますね。…もしかしてこのせいか?クルージングが知られていないのは?
2008/03/05(Wed) 20:35 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。