歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」の最新回で書いた近衛邸についての関連情報

幕末関係の友人から教えていただいた情報。ここです。

愛知県西尾市所在のNPO法人が京都にあった旧近衛邸を解体移築して、一般に公開しているというちょっといい話。幕末の近衛邸がそのまま保存されているというのがすごい。

で、問題はこの近衛邸は私がコラムで書いた5つの近衛邸のうちのどれかという点。上記サイトには次のような説明が書かれていた。

>摂家筆頭として左大臣を務めた近衛忠房邸に嫁いだ婦人の縁で、島津家によって建てられた江戸後期の建物です。

左大臣近衛忠房は関白だった近衛忠熈の嫡男。
文久2年(1862)、故・島津斉彬の養女貞姫を妻に迎えた。
貞姫は久光の養女。実父は一門四家のひとつ、加治木家の島津久長である。

忠房の父、忠熈は左京区聖護院あたりに別業(別宅)をもっていたが、有馬新七の「都日記」によれば、安政年間には空き家になっていたと思われる。新七の父正直は忠熈夫人となった郁姫(島津斉興養女)付として在京していた。新七は亡父のよすがを偲ぶため、安政年間にこの屋敷を訪れ、屋敷の主がいないと書いている。郁姫はここで暮らしたらしいが、郁姫が他界した嘉永3年(1850)以降、忠熈はどこに居住していたものか。
常識的には、今出川の本邸に戻ったか、もともとここに住んでいたかだろう。

それで、忠房が結婚し、家督を継いだのち、忠熈はどこかに移ったと思われる。
コラムにも書いたように、元禄年間の当主、近衛基煕は孫家久の婚姻に伴い、婚家の島津家の援助により、堀川一条の屋敷を得ている。
忠熈も同様の事態になったものと思われるが、それは新たに土地と屋敷を得たのか、それとも郁姫が住んでいた聖護院の屋敷を修築したか、あるいは正徳年間にできた近衛家煕の河原邸(二条河原町)を修築したか。

など、いろいろな可能性が考えられる。
忠熈の屋敷を「桜木御殿」と呼んでいる史料もある。私はこれを今出川本邸ではないかと思っていたが、もしかすると、聖護院か河原邸の別邸かもしれない。

小松屋敷である「御花畑」とは別に、またもうひとつの宿題ができてしまった。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/10 20:24】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

河原邸の可能性?
桐野作人
補足です。

上記で紹介した旧近衛邸のサイトに、

>天理教京都河原町大教会

として使用されたと書かれているのを見落としていました。

同教会は河原町にあったわけですから、旧近衛邸も河原町にあったということになるのかもしれません。

それに該当するのは、近衛家煕の別業だった河原邸(二条河原町)ということになるのでしょうか。
あるいは、新たに新邸を造営したのでしょうか?

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
河原邸の可能性?
補足です。

上記で紹介した旧近衛邸のサイトに、

>天理教京都河原町大教会

として使用されたと書かれているのを見落としていました。

同教会は河原町にあったわけですから、旧近衛邸も河原町にあったということになるのかもしれません。

それに該当するのは、近衛家煕の別業だった河原邸(二条河原町)ということになるのでしょうか。
あるいは、新たに新邸を造営したのでしょうか?
2008/03/10(Mon) 23:12 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。