歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学館アカデミー古文書塾「てらこや」
特別講座「天璋院篤姫と小松帯刀」第5回

一昨11日が今次の最終回だった。
前回まで、小松書簡の検討はせいぜい元治年間までしか進んでいなかったが、最終回なので、少し趣向を変えて、小松が家族に宛てた書簡を取り上げてみた。

本論に入る前に、篤姫周辺の書状を2点紹介した。
以前、TVに出演したとき、私のアイデアが採用されなかったと書いたことがあるが、そのときの典拠となった史料である。講座名に篤姫云々とうたっているだけに、少しそちらも触れておくべきだと思った。

山本博文氏が紹介した「薩摩藩奧女中文書」に収録されているものである。
2点とも、「つぼね」なる篤姫付の老女が薩摩藩の江戸藩邸の老女花川などに送った消息。
「つぼね」は大河ドラマにも登場している老女幾島ではないかとされている。

とくに面白い一節を紹介すると、

「お国(薩摩)から送られてきた赤味噌が払底し、(篤姫付の)中年寄衆からどうか送ってくれるようにと頼まれたので、お願いする。どうも味噌については、天璋院さまは赤味噌だと食事をお召し上がりになるが、ほかの味噌だと手をつけられない。たびたびのおねだりで申し訳ないが、よろしく」

篤姫は国許の赤味噌でなければ、食事をとらなかったという。ふるさとの味というのは今も昔も変わらないのか。この逸話がドラマで活かされるかどうかも注目したい。

もう1点は、高輪の藩邸で収穫した高菜の漬物をまた送っていただき有難うという短い書簡。
これも篤姫の好物だったのかどうかはよくわからない。侍女同士の贈答行為だけかもしれない。


それから、本論に入る。
小松が家族に宛てた書簡11点を取り上げた。そのうち、9点が妻のお近宛て。
ほとんどが文久3年(1863)と翌元治元年に集中している。

平凡ながら特徴的だったのは、冒頭の挨拶文がほとんど同じで、時候の挨拶と小松が元気でいることを繰り替えし強調している点。
おそらく国許のお近が病弱な小松の体調を心配して、それを案じる文面を書いていたからだろうと思った。
内容的に面白かったのは、元治元年4月の書簡で、ほぼ同文のものがお近宛てと、於時宛ての2点ある。於時も小松かお近の縁者だと思われるが、続柄がよくわからない。
これは、小松が老中水野忠精に二条城に呼び出されて、上洛中だった将軍家茂に拝謁する栄にあずかったことを知らせたもの。

長さ3メートル以上という長い書簡で、将軍拝謁の模様を詳しく書いている。
薩摩藩では門閥ながら、将軍から見たら陪臣であり、通常なら、じかの拝謁など不可能である。それが叶ったのだから、小松も「かような先例もなき事」とひとしお感動している。それが3メートルの長い書簡になったのだろう。

拝謁は二条城白書院で行われ、時服なども下賜された。
しかも、将軍側近の奏者番が退出し、小松は家茂と向かい合って親しく会話し、家茂から「在京国事周旋」に満足している旨告げられたので、小松も「上意何とも恐れ入り候次第」と感激している。
おそらく参預会議の周旋を賞せられたものか。

書簡にはなかったが、このとき、高崎猪太郎(五六)・同佐太郎(正風)の両高崎も同伴している。両高崎も家茂に拝謁したかどうかは不明。

あと、お近が豚肉・牛肉・玉子を送ってくれたことへのお礼の書簡も面白い。豚肉はともかく牛肉まで食していたことに驚かされる。おそらく病弱な夫のために滋養強壮の思いを込めたものだろう。そのうちの豚肉は一橋慶喜に贈られたと思われる。

異色だったのは、小松が養子申四郎に宛てた訓戒状のような書簡。
申四郎は同じ門閥の町田家の男子。町田久成の弟である。
久成や申四郎の生母は小松家(先々代清穆の娘)から来ている。その縁で、庶弟の申四郎が、子供のいない小松夫妻の養子になったものか。申四郎はお近の甥にあたる。
訓戒の内容は面白いので、私の連載で紹介します。
なお、書簡中に出てきながら、調べ忘れていた町田家の当主は久長でした。

とりあえず、そんな感じで今次は終了。
次シリーズも小松をやることになりそうだが、もう少し工夫が必要かも。

【お知らせ】
今月25日(火)午後7時から、てらこやの体験講座があります。
講師は私です。
当講座に関心のある方は聴講してみませんか。受講料は1.000円です。
あくまで1回限りの体験講座ですから、面白くなかったら、本講座を受講する必要はありません。
お気軽にご参加下さい。
お問い合せ・申し込みはここですが、サイトが更新されていませんので要注意。
連絡先や会場の確認などにご利用下さい。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/13 09:25】 | てらこや
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。