歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第11回「七夕の再会」

なかなか江戸へ行きませんねえ(笑)。
ようやく来週は行くようですが。

篤姫が肝付尚五郎と再会したとき、「半年ぶりですね」と言っていましたが、そんなに長くないはず。
前回も書いたように、篤姫が鶴丸城に登ったのは、嘉永6年(1853)6月5日。
江戸へ向けて出発する日は8月21日。

篤姫と尚五郎は篤姫の初登城の日に、お守りの見せっこをしているし、今回の時点で、出発まであと1カ月と言っていた。つまり、今回のドラマ進行時点は同年7月20日過ぎ頃。
2人が別れてから、まだ1カ月半しか経っていないのだが……。
だけど、「七夕の再会」だとすれば、またちょっとずれるが……。

まっ、いいか。
ある程度時間が経過していないと、再会の感動が盛り上がらないし。
尚五郎を篤姫と対面させたのは、斉彬の粋な計らいにみえるが、その実、家祥のことを篤姫にわざと明かしていない後ろめたさと篤姫の不憫さを思い遣ってという設定なんだろうな。一応、ドラマでの筋は通っている。

尚五郎が島津斉彬と対面したとき、西郷吉之助の名前が出てきた。
これはほぼ史実に近いだろう。
斉彬が藩主になって初めてお国入りしたのが同年6月21日。
同年後半、斉彬は精力的に領内の巡見をしている。その過程で、西郷の意見書が目に触れたのだろう。
西郷は同年5月頃に郡方書役助という地方支配の下級役職になっている。
そして翌安政元年(1854)正月、西郷は中小姓に抜擢され、斉彬の参勤出府に随行する。
その途次の休憩時、斉彬が「西郷吉之助はおるか」と、じきじきのお声がかりで、西郷を引見したのは有名な話。
だから、時系列はピッタリ合う。

お近のやっている香道もなかなか興味深いが、門外漢なので論評できない。
ただ、のちに小松帯刀夫人となるお近が香道を嗜んでいたという史料はあるのだろうか? あるいは小松家の遺品のなかに残っているのか? 個人的にはそれを知りたいが。

最後の「篤姫紀行」が、一見、ドラマ内容と関係ない坊津だったが、鑑真和上と沈香の輸入の話になって、納得。
今年の5月、同所にある資料館「輝津館」に初めて行けそうだ。
じつは、昔の大河ドラマ「翔ぶが如く」(1990年放映)の雑誌取材で、坊津に行ったことがある。
でも、その頃はまだ輝津館はできていなかったと思う。行くのが楽しみだ。
近衛信尹の寓居跡も行けたらいいな。信尹については、ここを参照して下さい。

補足
前回、将軍世子家祥(のち家定)がアヒルを捕まえようとするシーンがあった。
創作ではないかという書き込みをどこかで見たが、そうではない。史実だと思われる。

公家の三条実万(実美の父)の史料『三条実万手録』一(日本史籍協会叢書)に、水戸斉昭が太閤鷹司政通夫人(水戸斉昭の姉)の用人石河徳五郎に宛てた書簡があり、そのなかで、将軍家定の行状を次のように書いている。

「御庭の鵞鳥(ガチョウ)・家鴨(アヒル)など追っかけ給ふ哉、または御側にて豆などを煎り、または菓子などを製して下され候位が御慰のよし」

なお、斉昭書簡は安政3年(1856)9月16日付だから、家祥が将軍になってからのこと。ドラマ進行時点から3年後のことであるが。

なお、書簡の続きには、「異国船などの事はいっさい御分りもなく候て恐入事のみなり、徳川の天下は御失にあい成るとも、やむなく候」云々ともあり、将軍家定の不甲斐なさに、斉昭の嘆きが聞こえてくるようだ。

斉昭といえば、篤姫入輿一件でも、仇の外様大名の娘に、御三家が頭を下げよというのかと激怒した逸話も有名だが、近いうちにドラマでも見られるだろうか。
いまの江守徹のキレ具合からすれば、確実にありそうだが。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/16 22:03】 | 篤姫
トラックバック(1) |


武藤 臼
こんばんわ
ドラマを作ったなー・・・という回でしたが。

自分的には、お姫様としての修行に時間が必要なのかなと思って見てました。実際の修養は江戸に上ってからのことなのでしょうか。

登城から輿入れまでも半年無かった?ようですが、短時間で努力したのか、輿入れに技術は必要無かったのか、はたまた登城前から十分に修養を積んでいたのか。

入輿まであと3年
桐野作人
武藤 臼さん、こんばんは。

たしかにドラマを作った感じで、時代考証を抜きにすれば、面白いですな(笑)。

篤姫が斉彬の養女となり、江戸へ向かうまでは短期間ですから、芸事を習っても、付け焼き刃でしょう。
ですから、本来は今和泉家で最低限の行儀作法や芸事を身に付けていたと考えるべきで。
本来のお姫様というのは篤姫に限らずそうだと思うのですが、男勝りのおてんばという設定にしたので、その分、しわ寄せがきた感じですね。

それと、あまり知られていないですが、篤姫が江戸に着いてから、実際に入輿して江戸城大奥に入るまで、まだ3年もあるんです。

将軍家慶の死による喪中、安政の大地震などによって、入輿はどんどん延期されるわけでして。
3年もあれば、もっと芸事は身に付けられるはずですね。

ただ、この3年間はだいぶ端折ると思います。
ここを、今のようにダラダラやったら面白くないでしょう。第一、泣ける逸話が少ない。実父忠剛の死があるくらいかな。

といったところです。

3年
武藤 臼
あ、あれ
どこで何読んだんだろ(^^;。
3年もあったんですね。
確かに微妙に長いですね

坊津
kumi
「篤姫紀行」で坊津への行き方は
JR「枕崎」からバス「輝津館」下車
と紹介されていましたが、バスの本数があまり多くないので
個人で行かれる方は注意が必要だと思います。

http://www.city.minamisatsuma.lg.jp/modules/content004/index.php?id=45
参考までに時刻表が掲載されている南さつま市のホームページを
紹介しますね。

ドクロべーがアツヒメをオシオキダベー
ばんない
…本日放映の『ヤッターマン』も遂に大河人気便乗ネタでした(タイトルは「タイガードラマアツヒメだコロン」)。ドロンボーの乗っている乗り物が西郷隆盛型(上野銅像風味)だったり、おだて豚が黒豚仕様だったり「シロクマ」も出てくるし、微妙に芸が細かいのはこの番組ならでは。もっとも話の筋は「西南戦争の時に隆盛が隠した秘宝を探せ!」という物で、篤姫は「タイガーというバンドでドラマーを担当しているギャル」に変身してましたが(汗)

ところで、篤姫が斉彬養女になってから実際に輿入れするまでにはかなりの時間を要しているのは知っていたのですが、あまりにも時間がかかっていることから「島津家息女入輿の申し出が大奥からというのは、島津家側の史料にしかなく信憑性は薄い。実際は大奥の本命は身分の高い五摂家の姫で、申し出が大奥からというのは斉彬の出任せじゃないか」という人が某所にいたのですが、幕末のことには詳しくないのでちゃんと反論できなかったのです。
桐野さんの話によると、忌引きとかいろいろあって当初の予定がどんどん延びたのですね。勉強になりました。

さて。…アヒルの話は実話だったのですね。あの大河のスタッフですから、CM便乗で悪のりしたものだとばかり思っていました(苦笑)

輝津館
桐野作人
kumiさん、こんばんは。

いろいろ教えてくれて有難う。
予想はできたけど、やっぱりバスの本数が少ないですね。

おそらく車で連れてってもらえそうだから、あまり心配しなくてよさそうです。


京都御所炎上も
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

篤姫の入輿延期のことですが、京都御所の炎上もありましたね。その再建もまた大変でした。
また将軍家慶の喪は1年間は続きますから、その間は入輿は無理です。

それと、一度は家慶の喪が明けた安政2年(1855)12月に一度は入輿が予定されていたらしいです。斉彬が家老の島津豊後に宛てた書状に書いています。
しかし、この予定が安政の大地震で延期になってしまったようですね。

島津側の史料しかないという批判もどうですかね。
島津側の史料のなかに、幕府奥医師の多紀元堅の書状があり、篤姫入輿に関してあれこれ指南しています。幕府側の内密な史料が島津家側の記録に収められているわけですが、まさかこれをニセモノだとはいえないでしょう。

もっとも、将軍家慶の死によって、篤姫入輿の一件がチャラになる可能性を斉彬も想定していたようです。その場合の代わりの嫁ぎ先として、分家の佐土原家の島津忠寛の後添いにと考えていたようですけど。もしそうなったら、篤姫の運命は劇的に変わったでしょうけどね。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ
ドラマを作ったなー・・・という回でしたが。

自分的には、お姫様としての修行に時間が必要なのかなと思って見てました。実際の修養は江戸に上ってからのことなのでしょうか。

登城から輿入れまでも半年無かった?ようですが、短時間で努力したのか、輿入れに技術は必要無かったのか、はたまた登城前から十分に修養を積んでいたのか。
2008/03/17(Mon) 00:12 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
入輿まであと3年
武藤 臼さん、こんばんは。

たしかにドラマを作った感じで、時代考証を抜きにすれば、面白いですな(笑)。

篤姫が斉彬の養女となり、江戸へ向かうまでは短期間ですから、芸事を習っても、付け焼き刃でしょう。
ですから、本来は今和泉家で最低限の行儀作法や芸事を身に付けていたと考えるべきで。
本来のお姫様というのは篤姫に限らずそうだと思うのですが、男勝りのおてんばという設定にしたので、その分、しわ寄せがきた感じですね。

それと、あまり知られていないですが、篤姫が江戸に着いてから、実際に入輿して江戸城大奥に入るまで、まだ3年もあるんです。

将軍家慶の死による喪中、安政の大地震などによって、入輿はどんどん延期されるわけでして。
3年もあれば、もっと芸事は身に付けられるはずですね。

ただ、この3年間はだいぶ端折ると思います。
ここを、今のようにダラダラやったら面白くないでしょう。第一、泣ける逸話が少ない。実父忠剛の死があるくらいかな。

といったところです。
2008/03/17(Mon) 00:22 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
3年
あ、あれ
どこで何読んだんだろ(^^;。
3年もあったんですね。
確かに微妙に長いですね
2008/03/17(Mon) 06:37 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
坊津
「篤姫紀行」で坊津への行き方は
JR「枕崎」からバス「輝津館」下車
と紹介されていましたが、バスの本数があまり多くないので
個人で行かれる方は注意が必要だと思います。

http://www.city.minamisatsuma.lg.jp/modules/content004/index.php?id=45
参考までに時刻表が掲載されている南さつま市のホームページを
紹介しますね。
2008/03/17(Mon) 12:28 | URL  | kumi #/pdu0RA.[ 編集]
ドクロべーがアツヒメをオシオキダベー
…本日放映の『ヤッターマン』も遂に大河人気便乗ネタでした(タイトルは「タイガードラマアツヒメだコロン」)。ドロンボーの乗っている乗り物が西郷隆盛型(上野銅像風味)だったり、おだて豚が黒豚仕様だったり「シロクマ」も出てくるし、微妙に芸が細かいのはこの番組ならでは。もっとも話の筋は「西南戦争の時に隆盛が隠した秘宝を探せ!」という物で、篤姫は「タイガーというバンドでドラマーを担当しているギャル」に変身してましたが(汗)

ところで、篤姫が斉彬養女になってから実際に輿入れするまでにはかなりの時間を要しているのは知っていたのですが、あまりにも時間がかかっていることから「島津家息女入輿の申し出が大奥からというのは、島津家側の史料にしかなく信憑性は薄い。実際は大奥の本命は身分の高い五摂家の姫で、申し出が大奥からというのは斉彬の出任せじゃないか」という人が某所にいたのですが、幕末のことには詳しくないのでちゃんと反論できなかったのです。
桐野さんの話によると、忌引きとかいろいろあって当初の予定がどんどん延びたのですね。勉強になりました。

さて。…アヒルの話は実話だったのですね。あの大河のスタッフですから、CM便乗で悪のりしたものだとばかり思っていました(苦笑)
2008/03/17(Mon) 19:35 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
輝津館
kumiさん、こんばんは。

いろいろ教えてくれて有難う。
予想はできたけど、やっぱりバスの本数が少ないですね。

おそらく車で連れてってもらえそうだから、あまり心配しなくてよさそうです。
2008/03/17(Mon) 23:26 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
京都御所炎上も
ばんないさん、こんばんは。

篤姫の入輿延期のことですが、京都御所の炎上もありましたね。その再建もまた大変でした。
また将軍家慶の喪は1年間は続きますから、その間は入輿は無理です。

それと、一度は家慶の喪が明けた安政2年(1855)12月に一度は入輿が予定されていたらしいです。斉彬が家老の島津豊後に宛てた書状に書いています。
しかし、この予定が安政の大地震で延期になってしまったようですね。

島津側の史料しかないという批判もどうですかね。
島津側の史料のなかに、幕府奥医師の多紀元堅の書状があり、篤姫入輿に関してあれこれ指南しています。幕府側の内密な史料が島津家側の記録に収められているわけですが、まさかこれをニセモノだとはいえないでしょう。

もっとも、将軍家慶の死によって、篤姫入輿の一件がチャラになる可能性を斉彬も想定していたようです。その場合の代わりの嫁ぎ先として、分家の佐土原家の島津忠寛の後添いにと考えていたようですけど。もしそうなったら、篤姫の運命は劇的に変わったでしょうけどね。
2008/03/17(Mon) 23:55 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/20(Thu) 07:43 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 時代も話もデンデンムシのように進みませんね。  まあ、本編の江戸に入ってしまう...
2008/03/16(Sun) 22:20:15 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。