歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに新刊の紹介です。

『木戸孝允関係文書』の刊行がようやく第3巻まで漕ぎつけた。詳しくはここです。
たしか予定より2,3カ月遅れたはず。
関係文書だから、木戸家が所蔵する木戸宛ての書簡の集成で、五十音順の配列になっており、当巻「か」(何礼之)から「く」(黒田益之丞)まで80人分が収録されている。

じつは、当巻が「こ」まで収録されるのではないか、つまり、小松帯刀からの書簡もあるのではないかと期待していたが、残念ながら次巻まわしになったようである。

それでも、柏村信(広沢真臣の兄)、桂太郎、楫取素彦、来島又兵衛、木戸松子(幾松)、久坂玄瑞、来原良蔵など注目すべき人物の書簡が相当含まれている。

最近、買った書籍では、西日本新聞社が刊行している「西日本人物誌」なるシリーズを遅ればせながら知り、何点か購入。刊行順で、

7 三浦明彦『黒田如水』
9 武野要子『神屋宗湛』
13 河村哲夫『立花宗茂』
18 大園隆二郎『大隈重信』


比較的体系だって読みやすい伝記に仕上がっている。

この間電車の中で一気に読み通したのが、

小島毅『足利義満 消された日本国王』 光文社新書 2008年

気鋭の東アジア思想史家の新刊で、なかなかスリリングだった。
『老子』の易姓革命説(とくに放伐論)の再検討など、面白い。やはり日本には換骨奪胎して伝わったらしい。日本史研究者は儒教をちゃんと勉強していないという指摘も痛烈。
義満暗殺も可能性としてはないわけではない、という立場も興味深い。
義満に次ぐ「日本国王」として、信長にも挑戦したいと、あとがきにあったのが目を引いた。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/18 22:58】 | 新刊
トラックバック(0) |

歴博の幕末関連の展示
市野澤 永
こんばんわ。

お世話になります。

国立歴民俗博物館で

和宮ゆかりの雛かざり
2011年2月8日(火)~4月3日(日)

侯爵家のアルバム -孝允から幸一にいたる木戸家写真資料-
2011年3月1日(火)~5月5日(木・祝)

が開催されます。

詳細は、こちらまで ↓

http://www.rekihaku.ac.jp/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
歴博の幕末関連の展示
こんばんわ。

お世話になります。

国立歴民俗博物館で

和宮ゆかりの雛かざり
2011年2月8日(火)~4月3日(日)

侯爵家のアルバム -孝允から幸一にいたる木戸家写真資料-
2011年3月1日(火)~5月5日(木・祝)

が開催されます。

詳細は、こちらまで ↓

http://www.rekihaku.ac.jp/
2011/02/02(Wed) 20:24 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。