歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第50回
―「足痛」が政治活動制約―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすると、ご覧になれます。

今回は、小松帯刀の宿痾となった「足痛」と、それが小松の政治活動に与えた影響について書きました。発症はかなり早いですが、とりわけ、大政奉還直後からの発症と王政復古政変への不参加は足痛によるものであり、このことが、西郷・大久保に後塵を拝することになった端緒になったように思います。

後藤象二郎と松平春嶽が、小松の足痛をどのように受け止めたかも書きました。彼らが小松の上京にどれだけの期待を寄せていたかがよくわかります。

小松については当初5回連載の予定でしたが、まだ書き切れていないこともありますので、次回もつづけます。

連載も今回でちょうど50回。
よくぞさほどのトラブルもなく書きつづけられたものです。
これも、新聞読者やみなさんのおかげです。
連載はあと1年つづきますので、何とか体調管理をして無事に完遂できればと思っています。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/22 13:55】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

鹿児島にて
kumi
ちょうど帰省中のため、南日本新聞紙面で読ませていただきました。


有難うございます
桐野作人
kumiさん、こんにちは。

帰省中でしたね。
新聞とサイトで見るのとはやはり違いますか?
写真はサイトの方がカラーで鮮明ですが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
鹿児島にて
ちょうど帰省中のため、南日本新聞紙面で読ませていただきました。
2008/03/23(Sun) 07:48 | URL  | kumi #/pdu0RA.[ 編集]
有難うございます
kumiさん、こんにちは。

帰省中でしたね。
新聞とサイトで見るのとはやはり違いますか?
写真はサイトの方がカラーで鮮明ですが。
2008/03/23(Sun) 10:23 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。