歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会のお知らせです。

横浜・根岸にある「馬の博物館」(根岸競馬記念公苑内)で、5月の連休明けにお話をすることになりました。

同館では、この時期、春季特別展「ホースパレード ~華やかなる日本の行列~」を開催する予定で、それにちなんだ講演ということになり、織田信長の馬揃えの話をすることになった次第です。

要領は以下の通りです。

日時:5月10日(土)14:00~
演題:「信長の馬揃え~その意図と意味~」 

信長の馬揃えというのは、天正9年(1581)2月、洛中で盛大に挙行されたものです。『信長公記』巻14に、その様子が詳しく書かれています。
この馬揃えがどのような経緯で行われることになったのか。信長は何か特別な狙いを秘めていたのか、よく議論されます。
とくに、信長が朝廷に軍事的圧力をかけたのだという説がありますね。
でも、それはどうかなと思っています。それに、朝廷に圧力をかける理由が信長にあったのでしょうか?
馬揃えの直後、朝廷は信長に左大臣にしたいと申し出ています。これはなかなか重要な一件だと思います。
そのあたり、馬揃えの背景にあるものなども少し検討してみたいと思っております。

詳しくは馬の博物館のサイトをご覧下さい。ここです。

東京・横浜はじめ関東圏の方々のご参加をお待ちしております。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/03/27 16:10】 | イベント
トラックバック(1) |

愛知人は馬好き
ぶるぼん
桐野先生、今回はいつもとは別のブログ(こちらではshugoroです)で、トラックバックおよび紹介させていただきました。
信長は馬好きで桶狭間は中京競馬場にありますし(関係ないか)、ただ単に僕はブームが去り、競馬の仕事がなくなって歴史に移行した経緯もありますが、いつでも競馬の仕事に対応できるよう馬券だけは買い続けています。まさか意外なところでの接点でした。

ところで先生は馬券とか買われるのですか?

馬券
桐野作人
ぶるぼんさん、こんばんは。

私は競馬にはあまりというか、ほとんど興味がないもので、馬券買ったことありません。
話が合わずにすみません。

それでもよかったら、講演会においで下さいませ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
愛知人は馬好き
桐野先生、今回はいつもとは別のブログ(こちらではshugoroです)で、トラックバックおよび紹介させていただきました。
信長は馬好きで桶狭間は中京競馬場にありますし(関係ないか)、ただ単に僕はブームが去り、競馬の仕事がなくなって歴史に移行した経緯もありますが、いつでも競馬の仕事に対応できるよう馬券だけは買い続けています。まさか意外なところでの接点でした。

ところで先生は馬券とか買われるのですか?
2008/03/28(Fri) 02:06 | URL  | ぶるぼん #-[ 編集]
馬券
ぶるぼんさん、こんばんは。

私は競馬にはあまりというか、ほとんど興味がないもので、馬券買ったことありません。
話が合わずにすみません。

それでもよかったら、講演会においで下さいませ。
2008/03/31(Mon) 00:19 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いつも歴史ブログランキングで上位を独占し、 歴史ファンに評判の桐野先生のブログ『膏肓記』からのお知らせです。 5月10日(土)14時より、桐野先生の特別講演が横浜の「馬の博物館」で行われます。 演題は「信長の馬揃え~その意図と意味~」。 詳しくはJRAのホームペ
2008/03/28(Fri) 01:58:15 |  shugoroの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。