歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

3月28日(金)天晴のち雨
歴史読本の連載「信長」、次号分ようやく脱稿。
いつもは当月号の掲載誌が送られてくる前に脱稿できているのだが、今回はもう3日前に掲載誌が届いていた(汗)。桶狭間合戦に入るようで、なかなか入らない。
次回のメインは岩倉城攻防。

やりながら思ったのは『武功夜話』の評価の是非だ。
前野長康が信長に仕えたことはちゃんと『信長記』にも出てくる。『武功夜話』とそれほど矛盾していない。岩倉城攻防あたりの同書の記述は活かせるのではないだろうか?
斎藤道三が長良川合戦で討死したとき、信長が救援に出かけるが、間に合わなかったことはよく知られている。このとき、斎籐義龍方の追撃を受ける部分、陽明本と天理本で記述が少し異なっていた。文章が前後している部分がある。天理本の方が面白い。

3月29日(土)天晴
井の頭公園

桜が都内各所で満開だとニュースで知り、近場の井の頭公園に出かける。
近場といっても、往復10キロある。気分転換も兼ねて久しぶりに歩いた。
昼頃だったが、桜は満開、人ごみも凄まじい。平らなところには一面に青色のシートが敷いてある。夜になったら、すごいだろうなと思った。
せっかくのなので、写真を紹介しておきます。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2008/03/29 23:35】 | 日次記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。