歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ「篤姫」第13回「江戸の母君」

いよいよ江戸行きになりました。東目筋の日向から海路をとっていましたが、史実では西目筋(肥後口)の陸路をとったはずです。篤姫の一行が肥後藩細川家領を通過した史料がちゃんと残っていますから。

それはともかくとして、篤姫の御座船には島津家の家紋入りの幔幕がかかっていました。
一瞬だけだったので、よく確認できなかったのですが、家紋は3種類あったような。丸十紋と島津牡丹はあったと思います。あとひとつあったとすれば、五七の桐紋か。

上京して近衛忠煕と対面し、茘枝(ライチー)を贈っていました。
忠熈が好きだったかどうかはわかりませんが、島津家から近衛家に贈答していたのは史実です。
加工法としては蜜漬か乾実だったようです。画面で見た感じでは水分がありそうでしたから、蜜漬だった可能性が高いですね。
茘枝は中国か琉球産かといえばそうではなく、山川や佐多の薬園で栽培していたようです。

江戸下りの途中、今度は富士山に向かって叫んでましたね。
鹿児島を出るときには桜島にも(笑)。
お姫さまはふつう、あんなはしたないことはしないでしょう。
何というか、わかりやすいといえば、わかりやすいですが、説明的な処理のしかたで、あまり情緒が感じられませんね。スポ根ドラマのノリに近いのでは。この先、ずっとこうなのでしょうか?
仕草や表情、目線など、言葉を使わない演技もあると思うのですが、このドラマの脚本は全体的に説明調で、何でもセリフにしないと気がすまないようですね。

篤姫が入った薩摩藩邸はとくにどの屋敷かテロップも出ませんでしたが、芝藩邸です。ここが一応、当時の上屋敷ですから、藩主夫妻が住んでいます。とくに正室英姫はずっとこの藩邸で過ごしています。隠居の斉興は高輪の屋敷にいたと思います。

それにしても、斉彬の正室英姫。
いわくありげな登場でしたね。
英姫の読みを「ひさひめ」としていましたが、芳即正『島津斉彬』(人物叢書)では「ふさひめ」としています。私も「ふさひめ」だと記憶しておりましたが、さて、どちらなんでしょう?
それと、細かいことですが、英姫は恒姫(つねひめ)と改名しています。その時期はわかりませんが、このとき、すでにそうだったのではないでしょうかね?

英姫は斉彬より4歳年上とのこと。ドラマ進行時点の嘉永6年(1853)では、49歳ですね。
余貴美子さんの実年齢に近いのでは。

英姫は御三卿の一橋家から嫁いできた姫君です。父斉敦は将軍家斉の弟ですから、英姫はその姪にあたります。この縁組は斉彬の曾祖父の重豪と、将軍家斉の実父の一橋治済(はるさだ)の間で取り決められたもの。重豪の一女茂姫が将軍家斉の御台所になっていますから、その延長線上で、島津家と徳川宗家・一橋家の関係強化が図られたのでしょう。
将軍家斉以来、将軍家は一橋系が続いています。ですから、英姫の気位が高いというのは何となくわかります。
ただ、あそこまで斉彬を虚仮にできたのかどうかははなはだ疑問ですが。

英姫の異様な装束ですが、一説によれば、若い頃、疱瘡にかかったため、人前に出るのを憚り、対面も御簾を通して行ったとか。

幾島がしみじみともらしていた郁姫(近衛忠煕夫人)。
島津斉興の養女という形で忠煕に嫁ぎましたが、実際は斉興の父斉宣の娘です。斉宣がその父重豪の逆鱗に触れて強制的に隠居されられたため、斉興の養女ということになったのでしょう。
生没年は文化4年(1807)~嘉永3年(1850)で享年44。
ドラマ進行時点の3年前に亡くなっていることになりますね。
郁姫は聖護院近くの近衛家別邸に住んでいたようです。
この別邸は現存しており、現在、愛知県西尾市の西尾市歴史公園に移築・保存されています。
幾島もここに住んでいたことになりますね。

全体を通じて、いわゆる大奥ものの定番にだいぶ近くなってきました。
定番とは、いじめ、嫉妬などが渦巻く世界をいかにも興味本位に描くことですが、これまでの質実な薩摩編からトーンが次第に変わっていく感じですね。

最後の篤姫紀行、やはり東福寺塔頭の即宗院が登場していました。
ただ、山門と庭だけのほんの数秒しかなかったのが残念です。
有名人の墓所や西郷の揮毫した戊辰戦争戦死者の石碑などもあるんですけどね。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング 
スポンサーサイト

【2008/03/30 23:08】 | 篤姫
トラックバック(1) |


おがちゃん
初めまして。時々拝読しています。お勉強になります。
ところで、英姫は、本当は家斉の娘であった、島津家が将軍の娘では婚礼など諸々にお金がかかるというので、一橋の養女にした、という話がありますが、本当なのでしょうか。
幕末のそのあたりのことを書いた本でも一切触れていないものもありますので、どうなのか知りたいです。
どうもあの映像というか台詞を聞くかぎり、そうした複雑な背景から出た台詞のような気がするのですが。

英姫
桐野作人
おがちゃんさん、こんにちは。

英姫が徳川家斉の子だったのではないかとのこと。何に書かれている話か、不勉強で知りませんが、ちょっと考えにくいのではと思います。

徳川家の子女については、『徳川諸家系譜』という史料が一番詳しく信頼できると思います。
その第一巻が徳川宗家の系譜です。将軍家斉の子女もすべて網羅されていて、名前、生没年その他の情報が書かれています。
そのなかに英姫はいませんし、英姫が生まれた文化2年(1805)生まれは、晴姫という人がいますが、わずか3歳で早世しており、英姫ではありませんね。

また第三巻に御三卿の系譜が掲載されています。
それの一橋治済の系図に「女子 松平修理大夫斉彬室」とちゃんと書いてあります。養女云々という記載はありません。
そもそも、御三卿は徳川宗家の家族扱いで、必ずしも後継者を立てる必要はなく、養子養女は不要です。

これらの子女を記すとき、英姫が一橋家の養女になったのなら、その通り記せばよいはずで、徳川将軍家が島津家に遠慮する必要は何もありません。


したがいまして、英姫の将軍家斉娘説はなかなか成立しないと思うのですけどね。


おがちゃん
お返事ありがとうございます。
記述は宮尾登美子さんの原作にあります。原作によると家斉14子幼名晴姫だということで。あのように顔を覆っていたりあのような発言は原作にはないので、それを踏まえて脚本家が作った英子像と思うのですが、そもそもの話の出典が不明で。一橋と家斉の正室と島津の関係から無理を通したとしてもそれほどおかしくもない気もしまして、もしや桐野様ならご存知かと質問した次第です。
ところで、家定の初めの正室は実は仁孝天皇皇女であったが鷹司家の娘として入輿したという話もあるそうで(「幕末の大奥」畑尚子著)、おどろきました。
その著述のなかには、家定の3番目の正室を探すに当たって、水戸家へ輿入れするのに挨拶に来た有栖川宮家の線姫を見て姉小路が家定の正室に迎えたいと望んで斉昭と交渉した際、色々あって決裂したけれど、その際に、あつかましくも斉昭は一橋慶喜の相手に和宮を欲しいと言ったという話も載っていて、かなり驚きました。それも出典が不明です(笑)。
正史では陰に隠れてなかなか見えない人間模様が面白いですが、どこまでほんとうなのか、ですね。
長々失礼いたしました。


おがちゃん
あ、すみません。言葉が足りませんでしたので追加します。
畑尚子さんの記述のなかの家定最初の正室が皇女であったに関しての出典は記載されてありました。今は手元にその著書がないのですが、奥女中が書き残した物でした。

線宮
桐野作人
おがちゃんさん、こんばんは。

畑尚子「幕末の大奥」(岩波新書)71頁によれば、家祥の最初の御簾中、鷹司任子は仁孝天皇ではなく、その父の光格天皇の娘で、鷹司政熈の養女となってから入輿したという説を紹介していますね。

出典は「旗本夫人が見た江戸のたそがれ」で、ある旗本夫人の日記がもとになっているようですが、彼女は大奥に勤めていたのでしょうかね? 

天皇家のもっとも信頼できる系図とされる「本朝皇胤紹運録」には、光格・仁孝の両天皇の娘のうち、鷹司家の養女になったという記載はありませんね。

一方、鷹司家からは政煕の2人の娘、繋子(しげこ)と祺子(やすこ)が仁孝天皇の女御となっています。そして、将軍家定の御台所の任子は2人の妹にあたるわけで、そのあたりで何か混同、混線が生じているような気もしますが……。

有栖川宮家の線宮(いとみや)は水戸斉昭の嫡男慶篤の正室でしたが、どうも斉昭との間に何かあったようです(男女のスキャンダル)。
斉昭が大奥で評判が悪いのはこの一件が影響したんじゃないかとも思います。
すみません、脱線しました。




おがちゃん
さっそくのお返事ありがとうございます。
手元に畑氏の著書がなかったので、うろ覚えで(仁孝天皇か、もしかしたら一代前かとも思いながら)お許しください。
昔から、信用にたる資料のほかに、実は妊娠したまま下されたなんていう伝承があったりで、そこまでふくめると小説なら筆の揮えそうなところでしょうが、ややこしいかぎりです(笑)
脱線ついでに、斉昭のことでいえば、唐橋(花ノ井)と姉小路の関係さえももう一つよくわかりませんし。
またブログたのしみに読ませていただきます。お礼まで。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めまして。時々拝読しています。お勉強になります。
ところで、英姫は、本当は家斉の娘であった、島津家が将軍の娘では婚礼など諸々にお金がかかるというので、一橋の養女にした、という話がありますが、本当なのでしょうか。
幕末のそのあたりのことを書いた本でも一切触れていないものもありますので、どうなのか知りたいです。
どうもあの映像というか台詞を聞くかぎり、そうした複雑な背景から出た台詞のような気がするのですが。
2008/04/02(Wed) 17:06 | URL  | おがちゃん #-[ 編集]
英姫
おがちゃんさん、こんにちは。

英姫が徳川家斉の子だったのではないかとのこと。何に書かれている話か、不勉強で知りませんが、ちょっと考えにくいのではと思います。

徳川家の子女については、『徳川諸家系譜』という史料が一番詳しく信頼できると思います。
その第一巻が徳川宗家の系譜です。将軍家斉の子女もすべて網羅されていて、名前、生没年その他の情報が書かれています。
そのなかに英姫はいませんし、英姫が生まれた文化2年(1805)生まれは、晴姫という人がいますが、わずか3歳で早世しており、英姫ではありませんね。

また第三巻に御三卿の系譜が掲載されています。
それの一橋治済の系図に「女子 松平修理大夫斉彬室」とちゃんと書いてあります。養女云々という記載はありません。
そもそも、御三卿は徳川宗家の家族扱いで、必ずしも後継者を立てる必要はなく、養子養女は不要です。

これらの子女を記すとき、英姫が一橋家の養女になったのなら、その通り記せばよいはずで、徳川将軍家が島津家に遠慮する必要は何もありません。


したがいまして、英姫の将軍家斉娘説はなかなか成立しないと思うのですけどね。
2008/04/04(Fri) 14:00 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
お返事ありがとうございます。
記述は宮尾登美子さんの原作にあります。原作によると家斉14子幼名晴姫だということで。あのように顔を覆っていたりあのような発言は原作にはないので、それを踏まえて脚本家が作った英子像と思うのですが、そもそもの話の出典が不明で。一橋と家斉の正室と島津の関係から無理を通したとしてもそれほどおかしくもない気もしまして、もしや桐野様ならご存知かと質問した次第です。
ところで、家定の初めの正室は実は仁孝天皇皇女であったが鷹司家の娘として入輿したという話もあるそうで(「幕末の大奥」畑尚子著)、おどろきました。
その著述のなかには、家定の3番目の正室を探すに当たって、水戸家へ輿入れするのに挨拶に来た有栖川宮家の線姫を見て姉小路が家定の正室に迎えたいと望んで斉昭と交渉した際、色々あって決裂したけれど、その際に、あつかましくも斉昭は一橋慶喜の相手に和宮を欲しいと言ったという話も載っていて、かなり驚きました。それも出典が不明です(笑)。
正史では陰に隠れてなかなか見えない人間模様が面白いですが、どこまでほんとうなのか、ですね。
長々失礼いたしました。
2008/04/05(Sat) 13:17 | URL  | おがちゃん #-[ 編集]
あ、すみません。言葉が足りませんでしたので追加します。
畑尚子さんの記述のなかの家定最初の正室が皇女であったに関しての出典は記載されてありました。今は手元にその著書がないのですが、奥女中が書き残した物でした。
2008/04/05(Sat) 13:25 | URL  | おがちゃん #-[ 編集]
線宮
おがちゃんさん、こんばんは。

畑尚子「幕末の大奥」(岩波新書)71頁によれば、家祥の最初の御簾中、鷹司任子は仁孝天皇ではなく、その父の光格天皇の娘で、鷹司政熈の養女となってから入輿したという説を紹介していますね。

出典は「旗本夫人が見た江戸のたそがれ」で、ある旗本夫人の日記がもとになっているようですが、彼女は大奥に勤めていたのでしょうかね? 

天皇家のもっとも信頼できる系図とされる「本朝皇胤紹運録」には、光格・仁孝の両天皇の娘のうち、鷹司家の養女になったという記載はありませんね。

一方、鷹司家からは政煕の2人の娘、繋子(しげこ)と祺子(やすこ)が仁孝天皇の女御となっています。そして、将軍家定の御台所の任子は2人の妹にあたるわけで、そのあたりで何か混同、混線が生じているような気もしますが……。

有栖川宮家の線宮(いとみや)は水戸斉昭の嫡男慶篤の正室でしたが、どうも斉昭との間に何かあったようです(男女のスキャンダル)。
斉昭が大奥で評判が悪いのはこの一件が影響したんじゃないかとも思います。
すみません、脱線しました。

2008/04/06(Sun) 00:47 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
さっそくのお返事ありがとうございます。
手元に畑氏の著書がなかったので、うろ覚えで(仁孝天皇か、もしかしたら一代前かとも思いながら)お許しください。
昔から、信用にたる資料のほかに、実は妊娠したまま下されたなんていう伝承があったりで、そこまでふくめると小説なら筆の揮えそうなところでしょうが、ややこしいかぎりです(笑)
脱線ついでに、斉昭のことでいえば、唐橋(花ノ井)と姉小路の関係さえももう一つよくわかりませんし。
またブログたのしみに読ませていただきます。お礼まで。
2008/04/06(Sun) 12:22 | URL  | おがちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ここんところバタバタしており、ビデオを録画したものの1週間ほど観れずじまいでし...
2008/04/07(Mon) 09:42:41 |  旅じゃ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。